1調査記載内容(2024統計数値)

2024年04月17日

「ランチタイム・スタディ2024統計数値」の89日目は、「労働力調査(詳細集計)2023年(令和5年)平均結果の概要」から「雇用者の雇用形態別の構成(正規・非正規など)」の調査記載内容です。


雇用者の雇用形態別の構成(正規・非正規など)

【労働力調査(詳細集計)2023年(令和5年)平均結果の概要】

(2)非正規の職員・従業員についた主な理由で最も多いものは、男女共に「自分の都合のよい時間に働きたいから」(男性は10万人の増加、女性は22万人の増加)

非正規の職員・従業員を男女、現職の雇用形態についた主な理由別にみると、男性は2023年平均で「自分の都合のよい時間に働きたいから」とした者が209万人(32.3%)と最も多く、前年に比べ10万人の増加、次いで「正規の職員・従業員の仕事がないから」とした者が99万人(15.3%)と4万人の減少などとなった。

女性は「自分の都合のよい時間に働きたいから」とした者が502万人(35.8%)と最も多く、22万人の増加、次いで「家計の補助・学費等を得たいから」とした者が295万人(21.0%)と13万人の減少などとなった。

<ポイント>
・非正規についた理由は、男女とも「自分の都合のよい時間に働きたいから」となっており、共に大幅に増加しています。男女とも2番目の理由が減少していますから、それだけ「自分の都合のよい時間に働きたいから」が際立つ結果となっています。

・2番目の理由は男女で違いますので注意しておいてください。



次回もがんばりましょう。



2024年04月16日

「ランチタイム・スタディ2024統計数値」の88日目は、「労働力調査(詳細集計)2023年(令和5年)平均結果の概要」から「雇用者の雇用形態別の構成(正規・非正規など)」の調査記載内容です。


雇用者の雇用形態別の構成(正規・非正規など)

【労働力調査(詳細集計)2023年(令和5年)平均結果の概要】


(1)非正規の職員・従業員の割合は、65歳以上で76.8%

非正規の職員・従業員の割合を年齢階級別にみると、65歳以上は2023年平均で76.8%と、前年に比べ0.4ポイントの上昇15~24歳50.9%と0.5ポイントの上昇などとなった。


[年齢階級別非正規の職員・従業員の割合の推移]

年齢別非正規割合


<ポイント>
・まず、非正規労働者の割合は、全体で37.1%と4割弱であることを押さえましょう。その中で、非正規労働者の割合が多い年齢層が、最も多いのが65歳以上であり突出していて、次に多いのが15~24歳となり、いずれも割合は増加しています。


・非正規の占める割合は、65歳以上が最も多く約75%(4人に3人)、15~24歳が約50%(2人に1人)です。



次回もがんばりましょう。



2024年04月15日

「ランチタイム・スタディ2024統計数値」の86日目は、「一般職業紹介状況(令和5年分)について」から「労働力需給の動向」の調査記載内容です。

労働力需給の動向

【一般職業紹介状況(令和5年分)について】

令和5年平均の有効求人倍率1.31倍となり、前年の1.28倍を0.03ポイント上回った

令和5年平均の有効求人は前年に比べ0.9%となり、有効求職者は1.4%となった。


<ポイント>

・有効求人倍率が1.31倍ということは、1人の求職者(労働者・失業者)に対して、1.31社の求人(企業)があることを意味します。


次回もがんばりましょう。



2024年04月10日

「ランチタイム・スタディ2024統計数値」の第82回は、「労働力調査(基本集計)」から「失業の動向」の調査記載内容です。


失業の動向

【労働力調査(基本集計)令和5年平均(速報)結果の概要】


(3)「勤め先や事業の都合」により前職を離職した完全失業者は7万人の減少

完全失業者を求職理由別にみると、
・「非自発的な離職」は2023年平均で43万人と、前年に比べ3万人の減少となった。
・「自発的な離職」(自分又は家族の都合により前職を離職)は75万人と3万人の増加となった。
・「新たに求職」は47万人と、前年と同数となった。


<ポイント>
・「自発的な離職による完全失業者」の方が、「非自発的な離職による完全失業者」よりも多い状況です。(それぞれの数字を覚えることよりも、どちらが多いかの方がポイントです。)




次回もがんばりましょう。



2024年04月09日

「ランチタイム・スタディ2024統計数値」の第81回は、「労働力調査(基本集計)」から「失業の動向」の調査記載内容です。


失業の動向

【労働力調査(基本集計)令和5年平均(速報)結果の概要】


(1)完全失業者 ―― 完全失業者は1万人の減少

完全失業者数は、2023年平均で178万人と、前年に比べ1万人の減少(2年連続の減少)となった。

男女別にみると、男性105万人と2万人の減少女性73万人と前年と同数となった。

<ポイント>
・完全失業者数は減少し、約180万人です。
・完全失業者は、女性より男性の方が多い状況です。



(2)完全失業率 ―― 完全失業率は2.6%と、前年と同率

完全失業率(労働力人口に占める完全失業者の割合)は、2023年平均で2.6%と、前年と同率となった。

男女別にみると、男性2.8%と前年と同率女性2.3%と0.1ポイントの低下となった。

完全失業率の男女差0.5ポイントとなった。

<ポイント>
・完全失業率は2.6%です。3%にはいっていません。
・完全失業率の男女差は、平成10年以降26年連続で男性が女性を上回って推移しています。



次回もがんばりましょう。