2024年向けフルパック☆プラス等のご案内・ご質問等

2024年03月13日

年金法セット


択一式の得点を引き上げたい方へ!

試験科目の約3分の1を占める年金科目が得意になれば、合格はかなり近づきます。
情報量の豊富なプレミアムテキストと理解重視型の佐藤としみ講師の講義で、“ 知識を得点に結びつけるメソッド ”をお伝えしていきます。


■構成
①国民年金法 2.5時間×6コマ (プレミアムテキスト付き)
②厚生年金保険法 2.5時間×6コマ (プレミアムテキスト付き)
※過去10年分問題集④年金編も付いています。


■講師

19satou_ki

 佐藤としみ


年金法セットは、フルパック☆プラスの発売当初から販売していましたが、時期的にはこれからの時期の告知が良いので再度、ご案内した次第です。

独学の方で、少しは予備校の学習に予算を割いてもいいという方の中で、択一式の得点を上げることが課題である方(本試験択一式の得点状況が30点台の方)は、社会保険科目の中でも年金科目の得点を上げる必要がありますので、特にお薦めです。

というのも、年金科目は、国民年金法10問、厚生年金保険法10問の問題数があり、択一式試験全70問の3割弱であり、問題量のウェートが高いことが挙げられます。
(たとえば、労基・労災・雇用の合計(7問+7問+7問=21問)でぴったり3割ですから、ほぼこの3科目の量の重みがあります。)

また、国民年金法10問、厚生年金保険法10問の合計得点が、13点以上から合格する人が多くなっています。
※過去に国年、厚年の合計得点が11点という合格者もいましたが、その場合、労働科目の中の数科目で9点などという高得点を取っています。
※国年、厚年の合計得点が10点という方で合格できた人を知りません。
※もちろん、国年、厚年の合計得点が高得点であっても、合格できなかった(選択式で涙をのんだなどの理由で)人もいますが、択一式の総得点の合格ラインはおおよそ突破しています。

要するに、国年・厚年の得点は、ある意味、どれだけ必死に社労士試験の学習に取り組んできたかのバロメーターになっているともいえます。
この2科目の得点の合計が、社労士試験科目全体の①学習量、②知識量、③効率的か否かを推し量れることにもなるのです。

したがって、合格を勝ち取るためには、年金が得意であるといえるくらい、または、年金にかなり多くの時間を費やして重点的に学習したと自負できることが必要と考えられます。
やり過ぎたといえるくらいの勉強量でちょうどいいわけです。

年金法の学習、がんばっていきましょう。



2024年02月08日

健保・年金セット

試験科目の中でも、特に重点的に学習をすべきところが、社会保険科目となります。択一式の得点をアップさせたいのであれば、健保・厚年・国年の3科目を集中的に学習することが求められます。

情報量の豊富なプレミアムテキストと理解重視型の佐藤としみ講師の講義が、“ 知識を得点に結びつけるメソッド ”をお伝えしていきます。


■構成
①健康保険法 2.5時間×6コマ
②国民年金法 2.5時間×6コマ
③厚生年金保険法 2.5時間×6コマ

■教材
①プレミアムテキスト(健保、国年、厚年)の全3冊

健厚国プレミアムテキスト

※テキストの画像は昨年のものです。
※プレミアムテキストの特長はこちら

②過去10年分問題集③社会保険編、過去問10年分問題集④年金編


過去問③④

※「佐藤塾」過去10年条文順問題集の特長はこちら

③講義で毎回、使用する佐藤講師オリジナルレジュメ(健保、国年、厚年)

■講師

19satou_ki

 佐藤としみ

健保・年金法セットは、フルパック☆プラスの発売当初から販売していましたが、時期的にはこれからの時期の告知が良いので再度、ご案内した次第です。

年金セットに健康保険法を加えることで、医療保険絡みの法令である国民健康保険法、高齢者医療確保法、介護保険法、船員保険法への波及が望めます。
そうなると、社会保険科目全体の得点を押し上げることが可能となります。
国年・厚年が最重要ですが、次に続くのが健保になりますので、先に学習する健保を含めて健保・年金法セットを考えてみませんか。


■料金(辰已価格)
・通学 65,800円
・通信Web 70,200円
・通信DVD 80,800円
・通信Web+DVD 89,000円



2023年12月21日

重要事項総まとめの講義の主な特長については、次の3つが挙げられます。
① 情報が豊富で詳細な「プレミアムテキスト」を使用し
② 講義の時間は時間で終わらせ
③ 料金は格

重要事項総まとめの3要素


通常、よくある通信教材は、次のような傾向があります。
① 基礎的な項目のみを抜粋したテキストを使用し、
② 講義は短時間で終わらせ、
③ 料金は格安

②③は同じだとすると、違いがあるのは、①のテキストになります。
講義で使用するプレミアムテキストの特長(過去にブログで掲載した内容)
☞ 講義で使用するプレミアムテキストの特長(パンフレットの内容)


したがって、重要事項総まとめをお選びいただく対象となる人としては、次のような人が挙げられます。
① 講義はポイントだけを指摘してもらえれば十分なので、あとは自分でテキストを読み込んでいくことができるという人。
② 今現在、他社の講座を受講しているか、独学で学習しているが、選択式が心配なので、選択式対策に強いテキストが欲しい方。

また、主要6科目の中の「苦手な科目」、「底上げしておきたい科目」だけを申し込むこともできます。

それから、フルパック☆プラス等のパックコースにお申込みの方については、各科目の終了後に、再度、まとめという意味で講義視聴することで、特に重要だとされる箇所を重複して学習することが可能となります。

この場合、違う先生からの指摘になりますので、違った角度からとらえることができます。
レクチャーを的確に学習できていればいるほど、相乗効果が高くなるはずです。
ちなみに、
昨年の合格者の方の多くが、両方を上手く活用していました。

[やり方の一例(たとえば労災)]
・「労災①の講義受講→労災①の過去問を解く→労災①のテキストを読む」・・・これを労災②~⑤も行って、労災①~⑤の学習を一通り終え全体を把握した時点で、重要事項総まとめ労災保険法の講義を視聴する。
これにより、重要ポイントの洗い出しが可能になる。

フルパック☆プラス等のパックコースにお申込みの方は、テキスト代が含まれていませんから、料金的には手ごろな金額で手にすることが可能です。
各科目の学習終了時に学習時間の確保さえできるのであれば、活用しない手はありません。

また、直前期にも活用することができます。
ただでさえ時間が無い直前期に押さえておくべき事項の再確認を短時間ですることが可能になります。



2023年12月08日

現在、労働基準法①前半と労災保険法①前半の講義を辰巳法律研究所ホームページにて視聴することが可能です。

どういう講義なのか、関心のある方はご覧ください。


2023年12月01日

「重要事項総まとめ」については、「総整理ノート」が付きますが、どのような内容なのかというご質問をいただいています。

「重要事項総まとめ」は、講義で使用するテキスト(プレミアム・テキスト)の情報量が多い割に、講義時間は短いという特長があります。

テキストの内容が濃くて、講義時間が短いとなると、
①「プレミアム・テキスト」を使用して、意味をお伝えする。
②「総整理ノート」を使用して、テキストの内容を整理した内容をお伝えする。
の2つのやり方で、講義をこなしていくことになります。


プレミアム・テキストと総整理ノート


「総整理のノート」は、「プレミアム・テキスト」では、少々、込み入った記載の箇所をまとめ上げています。
この「総整理ノート」の中身としては、主に次の2つに分かれます。
①その項目の内容をまとめ上げたもの。
②その項目の内容を、表などにまとめ、実際に記載することで覚えていくもの。

例として、労災保険法の一部(昨年のもの)を抜粋してお知らせします。

①その項目の内容をまとめ上げたものの例。

総整理ノート①



②その項目の内容を、表などにまとめ、実際に記載することで覚えていくものの例。

総整理ノート②


このように、内容を凝縮して、ポイントを明確につかみやすくしていくものが「総整理ノート」になります。