2024年向け講座を受講していただいている方へのご連絡

2024年05月19日

横断対策講座をLIVE受講していただいた方は、お疲れ様でした。

横断対策講座④で行った横断答練の正答率が出ていますので、ご案内させていただきます。
(WebやDVDで今後、視聴される方は、ここの文面は、できましたら、後日、横断①~③の講義を視聴していただき、横断答練を解いたうえで、横断答練の解説講義をお聴きになったあと、読んでいただくとよいと思います。ただ、先にご覧になっても支障はありませんが・・・)

24横断答練正答率



得点が思わしくなくて、少々、自信喪失な方もいらっしゃることと思います。

「自分はこんな得点だったけど、みんなできているんだろうなぁ。」と思っていらっしゃる方は、実は他の方もそれほど良い得点ではない人も多いので、少し、心を落ち着けてください。

横断は復習重視です。
これからの時期に復習を的確にできた人が、択一式の得点アップを果たせます。
(これは、数年前の合格者(この時点で実は横断答練がCランクであった方)の言葉です。)

正答率は、いつもと同じで「3段階」に分けています。
・「黒地に白文字の問題」 
=正答率60%以上・・・落とせない問題です。
・「グレーで塗られた問題」
 = 正答率40%以上60%未満・・・ここができると合格ラインにたどりつけます。
・「何も塗られていない問題」 
= 正答率40%未満・・・ここが拾えたら、本試験択一式はラクになります。

「黒地に白文字の問題」で落としてしまった問題がある場合は、まっさきに問題冊子と解答解説冊子の両方を開いて見直したうえで、さらに横断テキストで全般を確認してください。
「グレーで塗られた問題」は、丁寧に見ていく必要があります。
「何も塗られていない問題」は、軽くでもいいので目を通しておきましょう。

やみくもにテキストを読み込んだり、問1、問2、問3・・・と最初の問題から答練の復習をするよりも、正答率を確認したうえで、どの程度の問題だったのかをかみしめて、やるべきところから順にやっていきましょう。

アウト(横断答練の問1~問20までの問題のどれかを選ぶ)→イン(その箇所のテキストを確認)→アウト(再度、問題に立ち返る)

テキストや答練を頭からやっていこうとすると、割とめげます。(気合いが空回りして疲れてしまうような・・・)
セレクトしてやっていくと、意外とラクに進んでいくことができるものです。
「最初は、問5の「賃金又は報酬」から片づけよう。続いて、やっつけておきたいところは、・・・そうだな、問10の「国庫補助及び国庫負担等」。そのあとは、・・・」

独りの場所で復習できるのであれば、ぶつぶつ言いながら復習してください。
「ここは絶対おとせない!」とか、「これができたらいい線いくぞ!」、「何も塗られていない問題できていた!よし!」など。

正答率が高かった問題を落としていたら、そこは最初にやりきるところです。
その後、正答率表でグレーがかかっている問題で、正解できなかった問題の箇所を復習しましょう。
横断答練の項目ごとにご自身の解答と全体の正答率を見比べて、項目ごとに1つずつコンスタントに復習をしていくことがコツです。
時間をかけずに一定の期間内に終わらせてしまってください。

なお、横断答練については、過去問分析答練でお配りしている「正答率☆弱点克服シート」はありません。
正答率はこのブログでのみの公表となります。

答練を活かせるかどうかはあなた次第です。
がんばってください。


2024年05月09日

講義を受講されている方に、復習の際の目安になるように「過去問分析答練④年金編」の正答率をお伝えします。
(通信受講の方でこれから実施するという方は、過去問分析答練④を終えてからご覧になっても、先に見ておいても構いません。)

答練の結果を受けて、どう対処していくかが大事になりますので、良い結果だった人はこの調子で、思わしくなかった方は今回の反省点をバネにしてがんばってください。


正答率は「3段階」に分けています。

①黒地に白文字の問題 = 正答率60%以上の問題➡「必ず取らないとならない問題」

②グレーで塗られた問題 = 正答率40%以上60%未満の問題➡「合格するためには取るべき問題」

③何も塗られていない問題 = 正答率40%未満の問題➡「皆が苦戦した問題」


1選択式正答率

2択一式正答率

3総合得点分布



Aランクまでに入っていることが、合格するために必要な要件だととらえてください。
ただ、今回、そこまでに入らなかった方も、復習を確実にこなせば、追いつくことは十分可能ですから、頑張っていきましょう。


2024年03月17日

LIVE講義を受講されている方に、復習の際の目安になるように「過去問分析答練③社会保険編」の正答率をお伝えします。
(通信受講の方は、過去問分析答練③を終えてからご覧になっても、先に見ておいても構いません。)

答練の結果を受けて、どう対処していくかが大事になりますので、良い結果だった人はこの調子で、思わしくなかった方は今回の反省点をバネにしてがんばってください。


正答率は「3段階」に分けています。

①黒地に白文字の問題 = 正答率60%以上の問題➡「必ず取らないとならない問題」

②グレーで塗られた問題 = 正答率40%以上60%未満の問題➡「合格するためには取るべき問題」

③何も塗られていない問題 = 正答率40%未満の問題➡「皆が苦戦した問題」


1選択式


2択一式


3総合



Aランクまでに入っていることが、合格するために必要な要件だととらえてください。
ただ、今回、そこまでに入らなかった方も、復習を確実にこなせば、追いつくことは十分可能ですから、頑張っていきましょう。


2024年01月23日

LIVE講義を受講されている方に、復習の際の目安になるように「過去問分析答練②労働保険編」の正答率をお伝えします。
(通信受講の方は、過去問分析答練②を終えてからご覧になっても、先に見ておいても構いません。)


正答率は「3段階」に分けています。

①黒地に白文字の問題 = 正答率60%以上の問題
➡「必ず取らないとならない問題」


②グレーで塗られた問題 = 正答率40%以上60%未満の問題
➡「合格するためには取るべき問題」


③何も塗られていない問題 = 正答率40%未満の問題
➡「皆が苦戦した問題」



【選択式正答率】

正答率①選択式


・選択式については、今回は昨年に比べると、得点状況がかなり良い結果となりました。
(昨年の選択式の平均点=26.6点に対し、今回=30.8点)
ただし、ここ5年以内では、選択式の平均点が32点以上の年が3年ありますので、若干物足りない感はありますが、悪くはない状況です。



【択一式正答率】

正答率②択一式


・択一式は、ここ5年で一番平均点が高く、学習してきた成果が出てきています。(例年の平均点は、悪い時は8点台、通常10点台) 今回は高得点だった方が多く見受けられました。



【総合得点状況】

正答率③総合


・Aランクまでに入っていることが、合格するために必要な要件だととらえてください。
ただ、答練の結果を受けて、どう対処していくかが大事になりますので、良い結果だった人はこの調子で、思わしくなかった方は今回の反省点をバネにしてがんばってください。


2024年01月05日

明日以降の「重要事項総まとめ」の大阪本校LIVE講義は中止となりました。
これにより、以後、無料体験も行いません。

また、Web配信日程について、次の3科目の配信日程を遅らせ、次の日程に変更いたします。
・労働保険徴収法 5/1(水)
・労働一般常識 5/22(水)
・社会保険一般常識 5/29(水)

詳しくは、辰已法律研究所ホームページで確認してください。

大阪本校LIVEを利用しようと考えていた方や、「重要事項総まとめ~全科目コンプリート(40時間合格講座)~」をWebでお申込みの方にはご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。
なお、「重要事項総まとめ ~主要6科目対策編~」をお申込みのWeb視聴の方については、当初の日程通りですので、特段、影響ありません。

よろしくお願いします。