2024年向け 時期別学習の課題

2024年03月21日

「ランチタイム・スタディ2024統計数値」の66日目は、「令和5年労働組合基礎調査結果の概要」から「労働組合の現状」の推定予想問題です。


<推定予想問題(労働組合の現状)>

(1)労働組合及び労働組合員の状況

令和5年6月30日現在における単一労働組合の労働組合数は22,789組合、労働組合員数は993万8千人で、前年に比べて A となっている。推定組織率(雇用者数に占める労働組合員数の割合)は、 B 

女性の労働組合員数は347万3千人で、前年に比べ2千人(0.0%)の増、推定組織率(女性雇用者数に占める女性の労働組合員数の割合)は C 


(2)パートタイム労働者の状況

労働組合員数(単位労働組合)のうちパートタイム労働者についてみると、141万人となっており、前年に比べて6千人(0.4%)の D 

また、推定組織率は E 





-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から選んでください。


Aの選択肢
① 労働組合数、労働組合員数共に増加
② 労働組合数は減少、労働組合員数は増加
③ 労働組合数は増加、労働組合員数は減少
④ 労働組合数、労働組合員数共に減少


B、C及びEの選択肢
⑤ 8.4%で、前年より上昇している
⑥ 8.4%で、前年より低下している
⑦ 8.4%で、前年と同水準である
⑧ 12.4%で、前年より上昇している
⑨ 12.4%で、前年より低下している
⑩ 12.4%で、前年と同水準である
⑪ 16.3%で、前年より上昇している
⑫ 16.3%で、前年より低下している
⑬ 16.3%で、前年と同水準である


Dの選択肢
⑭ 増、全労働組合員数に占める割合は14.3%で、前年より上昇している
⑮ 増、全労働組合員数に占める割合は14.3%で、前年より低下している
⑯ 減、全労働組合員数に占める割合は14.3%で、前年より上昇している
⑰ 減、全労働組合員数に占める割合は14.3%で、前年より低下している



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・


A ④ 労働組合数、労働組合員数共に減少
B ⑫ 16.3%で、前年より低下している
C ⑨ 12.4%で、前年より低下している
D ⑭ 増、全労働組合員数に占める割合は14.3%で、前年より上昇している
E ⑥ 8.4%で、前年より低下している



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・「令和5年労働組合基礎調査結果の概要」から「労働組合の現状」の選択式です。それぞれの推定組織率の割合と増減は押さえておきたいポイントです。

・労働組合員数は、1,000万人を割っています。

・(全体の)労働組合員数は減、女性、パートの労働組合員数は増ですが、すべて推定組織率は低下しています。

・推定組織率は全体約16%、女性約12%、パート約8%です。




次回もがんばりましょう。



2024年03月05日

このところ、週15時間の学習時間が確保できないという人が割といます。
今の時期に週15時間の学習時間程度が確保できないのであれば、合格はかなり難しくなります。
合格できない人の大半は、ゴールデンウィーク前までの期間で上手く学習がコントロールできていません。
そうはいっても、誰もがそれなりに学習はしています。
ただ、学習時間が短かったり、集中して学習できていないなど、今、やれていないツケが直前期に回ってしまいます。
そうなると、気づいたときには手遅れになってしまいます。
今回は、他の資格試験の受験生と比較してお伝えします。

辰巳法律研究所東京本校の講師控室で、司法書士の松本先生が電話で個別相談をしていました。


その中で、次のような会話がありました。
(受講生の方の発言は予測です。)

松本先生「今の状況では、ちょっと厳しいですね。1日の学習時間はどの位ですか?」
受講生「それは、仕事がある日の勉強時間のことでしょうか?」
松本先生「そうです。」
受講生「仕事が忙しいので時間があまり取れないのですが、1日あたりだいたい2時間半位はやっています。」
松本先生「うーん、それでは足りませんね。あと1時間ほど上乗せしてください。受かりたいのであれば、1日3時間半の学習時間は絶対必要です。」
(・・・以下途中略・・・)
松本先生「それでは、4時半起きでお願いします。」

どうやら、その受験生は、5時か5時半に起きて学習していたようですが、平日の学習時間が不足していたため、明日からは4時半に起きて学習することになったようです。

受講相談が終わり、電話を切った後、松本先生に、「仕事のある平日に3時間半の学習が必要と仰っていましたが、土日祝日のような休みの日は何時間の学習が必要ですか?」とお聞きしたところ、「10時間です。」と、あっさり言われました。

「えっ、10時間ですか?」と返すと、「私は休みの日は16時間、やってましたけどね。」とのことです。
松本先生曰く「本当は休みの日は13時間やってほしいんですが、まあ、生活もありますからね。」

1年で休みの日が仮に120日あるとして、残りの365日ー120日=245日が仕事のある日だとした場合、年間の学習時間は、10時間×120日+3.5時間×245日=2,057.5時間≒2,000時間となります。

司法書士の場合、1年で受かろうとするのであれば、2,000時間は最低でも必要とのことで、この時間が確保できないと合格はまず無理だと明確に仰っていました。

「社労士の受験生の場合、週15時間は割らないように伝えているのですが、それでもなかなかできなかったりするんですよねぇ。」と言うと、松本先生が「なぜですかね?受かりたいと思う気持ちが薄いんですかねぇ。受かりたいならその程度の時間であればやれるはずでしょう。」と仰っていました。

司法書士合格者の中には、1歳の子供がいる女性が、働きながら、子供を保育所に預けながら、司法書士の勉強をして、1年で合格した人もいるとのことです。

例年、願書を出した後の時期は、誰もが必死になり始めます。
ただ、今の時期は、それほどでもなく、普通に学習している人が多いのも事実です。
例年、合格している人は、他の人よりも早く、ギアを入れ替えることができています。
週15時間の学習時間を確保している人でも、この時期に少し時間を増やすようにしてみてください。

この時期、どれだけやれるかにかかっています。
仕事や体調など、いろいろ大変なこととは思いますが、受かりたいと本気で思うならひたすらやることです。
今の時期にきつい思いをしている人ほど、直前期には自分を見失うことなく学習に専念することができます

司法書士受験生にも、他の社労士受験生にも負けてはなりません。
この時期を乗り越えて、新たな領域に踏み込めた喜びをかみしめられる自分になりましょう。



2024年02月09日

2月に入って1週間強経過しました。
2月は今年は29日あります。
通常の月よりも日数は少ないものの、1日得をしていますね。
このブログを読んで、「そういわれてみると、例年の受験生より自分は得しているなぁ。」と感じた人は、学習が捗っている証拠です。

よく、「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」という格言があるように、1~3月はあっという間に過ぎてしまいます。
特に中間に位置する2月は、埋没してしまいやすい月ですから、うかうかしているとすぐに3月が来てしまいます。

みなさんの学習の進捗はいかがですか。

例年、2月~4月の時期は、社労士試験の学習をしている人にとって、「差が付く」時期になります。
というのは、次のことが考えられるからです。

① ゴールデン・ウィークを過ぎた辺りから、目の色を変えて学習し始める人が多い。
(ゴールデン・ウィーク中に願書を書いて、ゴールデン・ウィーク後に出す人が多く、さすがに願書を出した以上、真剣にやらないといけないと思う人が多いからです。)

② 2月は寒い日が多く、学習に身が入らないという人も多い。
(寒いのが苦手という方は特に。)
(冷え性の人は、特に足が冷えてしまって、学習場所の選定に苦労するという人もいます。)

③ 3月・4月は、年度末及び年度始で仕事が忙しく、まとまった学習時間の確保が難しい。
(転勤や異動も多く、これらに該当した場合はなおさら忙しくなります。)
(自分自身が転勤・異動した場合は当然、仕事で忙しくなりますが、そうではなくても、異動してきた人がいたり、新入社員が配属になったりした際には、仕事を教えなければならないことも通常業務に加わることになりますから、残業が多くなることも考えられます。)

④ 2月~4月は、花粉症に悩まされるなど、学習に集中できない人も多い。
(今年は10年に1回のスギ花粉大飛散の年との観測もあります。)

①にあるように、5月以降は大半の人が真剣に学習し始めるわけですから、社労士受験合格を目指す他の受験生となかなか差が付きにくいことになります。
令和5年の合格率は6.4%であり、約16人に1人しか合格できない試験と言えますから、ある意味、他の人よりも少しでも秀でていないとなりません。

そう考えると、2月~4月に頑張る価値はありそうです。
少なくとも、「寒いのが苦手ではない方」、「3月・4月の仕事がさほど忙しくない方」や、「例年、花粉症に悩まされることがない方」は、他の人よりも有利な状況にあると考えられますので、この状況を活かせるように心がけてください。

また、冬はインフルエンザが猛威を振るうことが多く、今年はコロナも同時に流行しているというニュースも耳にします。
いつ、インフルエンザやコロナに感染してもおかしくありません。
高熱が出て学習どころではなくなってしまいますし、自宅待機等強いられると学習のペースが乱されます。
それに、特にコロナの場合は、回復した後の後遺症といわれる「倦怠感」で、回復後のたまった仕事をこなすだけでもきつい(場合によっては会社を辞めなければならなくなるケースもあり得ます。)のに、学習時間を確保し、集中して覚えることまでとてもできないという事態になってしまいます。
コロナの症状は人によって差があるようですが、コロナにかかってしまうと、後遺症も含めて完全回復までおそらく1か月位はかかる(1か月位の学習ブランクが生じる)ことになるかもしれないことと考えると、早いうちになるべく多くを学習しておくに越したことはありません。

今まで学習がうまくいっていないという方や、これから学習を本格的にやろうという方は、特に2月~4月の学習が命運を握ります。
この時期をどう味方につけるかです。

仕事や家庭や体調等でいろいろ大変なこともあるとは思いますが、学習するスタンス(いつ、どこで、何をやるか。)をきっちり定めて、やりきってください。



2024年01月08日

みなさん、こんにちは。
佐藤としみです。

こんな方、いらっしゃいませんか?

「年末年始も終わり、1月の3連休も今日でおしまい・・・。昨年の暮れには、年末年始の休みに一気に学習を進めてしまおうと意気込んでいたのに、ほとんどなんにも手つかずのまま、今日という日を迎えてしまった。あー、どうしよう!」

悔 後 省 念 (-"-)

私は今まで何人もの受験生を見てきましたが、年末年始で学習がはかどらなかったと嘆いている方が、実は大半なんです。

年末年始って、やることが多いじゃないですか。
忘年会、クリスマス、仕事納め、大掃除、年賀状、買い出し、お正月料理作り、帰省、お墓参り、親戚周り、初詣、新年会・・・等々

まとまった休みがあるとはいっても、たいていの人はそれに追われて、結局、思ったほど、学習できないのが普通です。
ですから、あまり落ち込んだり、自分を責めたりしないでくださいね。

むしろ、これからが勝負です。
学習は、休日よりも仕事のある平日にどれだけこま切れ時間を有効に活用できるかにかかっています。
休日は平日よりも多くの時間を費やすことができますが、日々、コンスタントに学習をしていくことが肝心です。

たとえば、1週間に15時間の学習時間を確保できるとします。

①「土日にそれぞれ7.5時間ずつやって、平日は全く学習しない。」という人と、②「平日は1.5時間ずつ、土日合わせて7.5時間学習をする。」という人では、同じ週15時間の学習でも、②の人の方が圧倒的に成績が良くなります。

ただ、仕事が忙しい人にとっては、それほど平日にまとまった学習時間は取れませんよね。

なので、仕事の合間の休憩時間や手待ち時間、通勤時間、昼休み等の時間を有効に活用できるかどうかが決め手になります。

そうなると、そんなふとした際に、何をやるかですよね。

テキストを広げて、じっくり学習できないことが多いわけですから、インプットものより、むしろ、過去問をちゃっちゃかやるようなアウトプットの方が向いているかもしれません。
ただ、その前にその部分のインプットを終えている方が、アウトプットの効果が高くなりますので、机でじっくりやる時間と合間の時間を、うまく組み合わせたいものです。


年末年始に思ったほどはかどらなくて自責の念にかられている人は、あなただけではありません。
ライバルである他の受験生も同じ状況でしょう。
いかに気持ちを切り替え、これからの日々をコンスタントに学習できるかにかかっています。

できれば、次の2つを実践してみてください。
・実践1 学習しない日を無くす。 → どんなに忙しくても、5分でも10分でも学習する。
・実践2 週15時間の学習時間の確保を最低限ととらえる。 → どんなに忙しくても、最低週15時間の学習時間を確保する。(ちなみに、週15時間で大丈夫ということではありません。「最低」ととらえてください。)(15時間には、当然、講義受講の時間も含まれています。)

この2つのことが守られるかどうかだけでもかなりの力が付きます。
要するに、1日当たり、1週当たりのムラを無くすということです。

がんばってくださいね!
応援しています。


2023年12月30日

新年を迎えます。
新たな年を迎え心機一転で臨んでください。
今までの学習は予行演習(又は準備期間)でこれからが本番です。
なので、今までの遅れは、気持ちを切り替えて学習することで、いくらでも取り戻すことができます。
気持ちをリセットして、学習に臨みましょう。

新年に入って少し経つと、社会保険科目の学習に突入します。
社労士試験では、社会保険科目の出来不出来が合否を分けます。

というのも、例年、「労働基準法等の労働科目は得意なんだけれども、年金が苦手なんですよねぇ。」という人はほとんど合格していません。
逆に「年金を徹底的に学習して何とかなりそうになってきているんですが、労働科目が心配なんですよねぇ。」という人は合格しています。

ところで、ここ数年の本試験の傾向として、労災、雇用、徴収の本試験問題の難易度が高くなってきています。
以前のように、この3科目は「安パイで得点源」とは言えなくなってきています。

ところが、そうであっても、依然として合格できた人と不合格だった人の差が付いているのは社会保険科目なのです。

社労士試験合格のために立ちふさがる大きな壁は、社会保険科目をいかに得点するか、すなわち、いかに学習できるかにかかっています。
したがって、社会保険の学習に入る前に労働をどれだけ固めきるかがポイントになります。

社会保険の学習は、「少しずつでも早めにしておく」ではなく、「集中して一気呵成に短期間で習得する」ことが肝心です。
というのも、社会保険科目は、それぞれにつながりが強く、ゆっくりと長い期間をかけて学習するより、一気に押さえてしまう方が効率的で、かつ頭に入る可能性が高いからです。
横のつながりが整理でき、理解が格段に進むことになります。

ということは、社会保険科目の学習に入ったら、労働科目の復習をする時間はむしろもったいなく、その時間は全て社会保険科目に充てるほうがいいということになります。
そうなると、労働科目を学習している今の時点で、労働科目は十分に習得し終えてしまいたいということになります。

労働科目の終盤のインプット学習では、徴収法を学習するとともに、労働科目全般を見渡した掘り起こし学習(復習)をしていってください。
心機一転の気持ちをうまく絡めて、労働科目の習得の最終段階の学習に励みましょう。