3 推定予想問題

2022年08月05日

「ランチタイム・スタディ2022統計数値」の164日目は、「裁量労働制実態調査(令和元年)」から「裁量労働制の実態」の推定予想問題です。お待たせしました。


<問題(裁量労働制実態調査)>

専門型裁量労働制の適用労働者がいる適用事業場に設けられている適用労働者に対する健康・福祉確保措置別事業場割合は、「 A 」が最も高い。

企画型裁量労働制の適用労働者がいる適用事業場に設けられている裁量労働制における健康・福祉確保措置別事業場割合は、「 B 」が最も高い。

適用事業場に設けられている適用労働者からの苦情処理措置別事業場割合は、「 C 」が最も高い。

適用労働者における裁量労働制が適用されていることに対する満足度別労働者割合は、「 D 」が最も高い。

適用労働者における働き方の認識状況別労働者割合は、「 E 」が最も高い。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。

A及びBの選択肢
① 心と体の健康相談窓口を設置する
② 休暇取得促進措置(年次有給休暇の連続取得など)を講じる
③ 一定時間以上の勤務や休日労働が行われた場合に、産業医等による面接指導を受けさせる
④ 労働者の勤務状況及び健康状態に応じて、健康診断を実施する


Cの選択肢
⑤ 上司への申出
⑥ 人事担当部署等に相談窓口を設置
⑦ 労働組合が相談窓口を設置
⑧ 労使委員会に相談窓口を設置

Dの選択肢
⑨ 満足している
⑩ やや満足している
⑪ どちらとも言えない
⑫ 満足していない

Eの選択肢
⑬ 仕事の裁量が与えられることで、メリハリのある仕事ができる
⑭ 効率的に働くことで、労働時間を減らすことができる
⑮ 時間にとらわれず柔軟に働くことで、ワークライフバランスが確保できる
⑯ 自分の能力を発揮しやすい


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・

A → ④ 労働者の勤務状況及び健康状態に応じて、健康診断を実施する
B → ③ 一定時間以上の勤務や休日労働が行われた場合に、産業医等による面接指導を受けさせる
C → ⑥ 人事担当部署等に相談窓口を設置
D → ⑨ 満足している
E → ⑮ 時間にとらわれず柔軟に働くことで、ワークライフバランスが確保できる

※「裁量労働制実態調査(令和元年)」による


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step4 コメント

・裁量労働制実態調査(令和元年)より、選択式の出題です。ここでは、覚えておくべき項目が多く、やっかいですが、順番に関しては、一番多いものを覚えておくことです。



次回もがんばりましょう。




2022年08月04日

「ランチタイム・スタディ2022統計数値」の163日目は、「裁量労働制実態調査(令和元年)」から「裁量労働制の実態」の推定予想問題です。


<問題(裁量労働制実態調査)>

適用労働者がいる適用事業場における、専門型裁量労働制の適用労働者がいる事業場の割合は A である。

適用労働者がいる適用事業場における対象業務別の専門型裁量労働制の適用労働者がいる事業場割合は、「 B 」が最も高い。

適用労働者がいる適用事業場における裁量労働制の導入理由別事業場割合は、「 C 」が最も高い。

非適用事業場における裁量労働制を導入していない理由別事業場割合は、「 D 」が最も高い。

企画型裁量労働制の適用労働者がいる適用事業場における労働時間の状況の把握方法別事業場割合は、「 E 」が最も高い。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。

Aの選択肢
① 67.3%  ② 77.3%  ③ 87.3%  ④ 97.3%

Bの選択肢
⑤ デザイナーの業務  
⑥ 新商品・新技術の研究開発又は人文科学・自然科学に関する研究業務  
⑦ 新聞・出版の事業における記事又は放送番組の制作のための取材・編集の業務  
⑧ 情報処理システムの分析・設計の業務

Cの選択肢
⑨ 労働者の能力発揮を促すため  
⑩ 効率的に仕事を進めるよう労働者の意識改革を図るため  
⑪ 業績に基づく評価制度の実効性を高めるため  
⑫ 労働者の柔軟な働き方を後押しするため

Dの選択肢
⑬ 裁量労働制の制度を詳しく知らないから  
⑭ 対象となる労働者がいないと思うから  
⑮ メリットが感じられないから  
⑯ フレックスタイム制など、他の労働時間制度を活用することで足りるから

Eの選択肢
⑰ タイムカード・ICカード  
⑱ PCのログイン・ログアウト  
⑲ 自己申告  
⑳ 予め一定時間数を記録



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・


A → ③ 87.3%
B → ⑧ 情報処理システムの分析・設計の業務
C → ⑫ 労働者の柔軟な働き方を後押しするため
D → ⑭ 対象となる労働者がいないと思うから
E → ⑱ PCのログイン・ログアウト

※「裁量労働制実態調査(令和元年)」による


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step4 コメント

裁量労働制実態調査(令和元年)より、選択式の出題です。ここでは、覚えておくべき項目が多く、やっかいですが、順番に関しては、一番多いものを覚えておくことです。



次回もがんばりましょう。




2022年07月21日

「ランチタイム・スタディ2022統計数値」の155日目は、「令和2年転職者実態調査の概況」から「転職者の実態」の推定予想問題です。
(注意)7月21日19時前にAの問題と解説を差し替えています。


<問題(転職者の実態)>

〔問〕 転職者の実態に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、本問は「令和2年転職者実態調査の概況」を参照しており、当該調査による用語及び統計等を利用している。

A 転職者が直前の勤め先を離職した主な理由をみると、「定年」が最も高くなっている。

B 転職者が直前の勤め先を離職した主な理由で「自己都合」による離職理由(複数回答)をみると、「賃金が低かったから」が最も高く、次いで「満足のいく仕事内容でなかったから」、「労働条件(賃金以外)がよくなかったから」となっている。

C 転職者が直前の勤め先を離職した主な理由を男女別にみると、男は「満足のいく仕事内容でなかったから」が、女は「労働条件(賃金以外)がよくなかったから」がそれぞれ最も高くなっている。

D 転職者が現在の勤め先を選んだ理由(複数回答)をみると、「労働条件〈賃金以外)がよいから」が41.0%で最も高く、次いで「自分の技能・能力が活かせるから」が36.0%、「仕事の内容・職種に満足がいくから」が26.0%となっている。

E 転職者の現在の勤め先における満足度について、「満足」及び「やや満足」とする者の割合と「不満」及び「やや不満」とする者の割合の差であるD.I.をみると、「職業生活全体」で42.0ポイント、男が46.5ポイント、女が35.9ポイントとなっている。「職業生活全体」を事業所規模別にみると、事業所規模が大きいほどD.I.が高くなっている。満足度項目ごとにみると、全ての項目で「満足」が「不満足」を上回っているが、「賃金」が60.5ポイントと最も高く、「仕事内容・職種」が19.5ポイントと最も低くなっている。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・


C


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A × (令和2年転職者実態調査の概況)転職者が直前の勤め先を離職した主な理由をみると、「自己都合」が76.6%と最も高くなっている。


B × (令和2年転職者実態調査の概況)「自己都合」による離職理由(複数回答)をみると、「労働条件(賃金以外)がよくなかったから」が最も高く、次いで「満足のいく仕事内容でなかったから」、「賃金が低かったから」となっている。


C 〇 (令和2年転職者実態調査の概況)本肢のとおりである。転職者が直前の勤め先を離職した主な理由を男女別にみると、男は「満足のいく仕事内容でなかったから」が、女は「労働条件(賃金以外)がよくなかったから」がそれぞれ最も高くなっている。


D × (令和2年転職者実態調査の概況)転職者が現在の勤め先を選んだ理由(複数回答)をみると、「仕事の内容・職種に満足がいくから」が41.0%で最も高く、次いで「自分の技能・能力が活かせるから」が36.0%、「労働条件〈賃金以外)がよいから」が26.0%となっている。


E × (令和2年転職者実態調査の概況)前段部分は正しいが、転職者の現在の勤め先における満足度について、「満足」及び「やや満足」とする者の割合と「不満」及び「やや不満」とする者の割合の差であるD.I.を満足度項目ごとにみると、全ての項目で「満足」が「不満足」を上回っているが、「仕事内容・職種」が60.5ポイントと最も高く、「賃金」が19.5ポイントと最も低くなっている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・「令和2年転職者実態調査の概況」から「転職者の実態」の出題です。転職というどちらかというと身近な項目ではありますが、問題として出題され、割合や順番を変えられた誤りを発見できるかというと難しくなります。ただ、よく考えてみると正誤がわかる箇所もありますから、諦めず粘りたいところです。



次回もがんばりましょう。



2022年07月20日

「ランチタイム・スタディ2022統計数値」の154日目は、「令和2年転職者実態調査の概況」から「転職者の実態」の推定予想問題です。


<問題(転職者の実態)>

〔問〕 転職者の実態に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、本問は「令和2年転職者実態調査の概況」を参照しており、当該調査による用語及び統計等を利用している。

A 令和2年10月1日現在で、「一般労働者がいる事業所」のうち、「転職者がいる事業所」割合は53.0%、「雇用期間の定め無しの転職者がいる事業所」は48.9%、「1年以上の雇用期間の定め有りの転職者がいる事業所」は18.7%となっている。事業所規模別にみると、事業所規模が大きいほど「転職者がいる事業所」割合が高くなっている。

B 転職者がいる事業所の転職者の採用理由(複数回答)を職種ごとにみると、「管理的な仕事」及び「専門的・技術的な仕事」では、「離職者の補充のため」とする事業所割合が最も高く、次いで「専門知識・能力があるから」となっている。

C 転職者がいる事業所の転職者の採用理由(複数回答)を職種ごとにみると、「事務的な仕事」、「サービスの仕事」及び「保安、生産工程、輸送・機械運転、建設・採据、運搬・清掃・包装等、その他の仕事」では、「離職者の補充のため」が、「販売の仕事」では、「経験を活かし即戦力になるから」が最も高くなっている。

D 今後3年間の転職者の採用予定をみると、「転職者を採用する予定がある」事業所割合は73.3%となっている。

E 「転職者を採用する予定がある」事業所について、新規学卒者との優先順をみると、「新規学卒者を優先して採用したい」が35.7%、「転職者を優先して採用したい」が12.3%となっている。事業所規模別にみると、「転職者を優先して採用したい」では、事業所規模が小さいほど事業所割合が高く、「新規学卒者を優先して採用したい」では、おおむね、事業所規模が大きいほど事業所割合が高くなっている。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・


C


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A × (令和2年転職者実態調査の概況)令和2年10月1日現在で、「一般労働者がいる事業所」のうち、「転職者がいる事業所」割合は「33.0%」、「雇用期間の定め無しの転職者がいる事業所」は「28.9%」、「1年以上の雇用期間の定め有りの転職者がいる事業所」は「8.7%」となっている。なお、後段部分は正しい。

B × (令和2年転職者実態調査の概況)転職者がいる事業所の転職者の採用理由(複数回答)を職種ごとにみると、「管理的な仕事」及び「専門的・技術的な仕事」では、「経験を活かし即戦力になるから」とする事業所割合が最も高く、次いで「専門知識・能力があるから」となっている。

C 〇 (令和2年転職者実態調査の概況)本肢のとおりである。

D × (令和2年転職者実態調査の概況)今後3年間の転職者の採用予定をみると、「転職者を採用する予定がある」事業所割合は「53.3%」となっている。

E × (令和2年転職者実態調査の概況)「転職者を採用する予定がある」事業所について、新規学卒者との優先順をみると、「転職者を優先して採用したい」が35.7%、「新規学卒者を優先して採用したい」が12.3%となっている。事業所規模別にみると、「転職者を優先して採用したい」では、事業所規模が小さいほど事業所割合が高く、「新規学卒者を優先して採用したい」では、おおむね、事業所規模が大きいほど事業所割合が高くなっている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・「令和2年転職者実態調査の概況」から「転職者の実態」の出題です。ここでは、割合も順番も割と難しい内容です。ただ、よく考えてみると正誤がわかる箇所もありますから、諦めず粘りたいところです。



次回もがんばりましょう。



2022年07月14日

「ランチタイム・スタディ2022統計数値」の150日目は、「令和3年有期労働契約に関する実態調査(個人調査)」から「有期労働契約の実態」の推定予想問題です。


<問題(有期労働契約の実態)>

〔問〕 有期労働契約の実態に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、本問は「令和3年有期労働契約に関する実態調査(個人調査)」を参照しており、当該調査による用語及び統計等を利用している。

A 有期契約労働者の現在の職種は、「専門的・技術的な仕事」が33.7%と最も高く、次いで「サービスの仕事」20.2%、「事務的な仕事」14.3%となっている。

B 有期契約労働者の就業形態は、「嘱託社員」50.5%が半数を占め、次いで「契約社員」 24.7%、「パートタイム労働者」14.1%となっている。企業規模別でみても同様の傾向となっている。

C 有期契約労働者となることを選んだ理由(複数回答)は、「賃金などの待遇が自分の希望にあっていたから」43.8%と最も高く、「勤務時間、日数が短く、自分の希望にあっていたから」33.3%、「仕事の内容、責任の程度が自分の希望にあっていたから」19.2%と続く。

D 有期契約労働者の無期転換の希望の有無について、「無期転換することを希望する」は18.9%で、うち希望する無期転換の方法は「無期転換ルールを用いて無期転換することを希望する」77.9%、「無期転換ルール以外の方法により無期転換することを希望する」22.1%となっている。

E 有期契約労働者の現在の働き方に関する満足度は、「満足している」21.9%、「満足していない」65.5%となっている。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・


D


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A × (令和3年有期労働契約に関する実態調査(個人調査))有期契約労働者の現在の職種は、「事務的な仕事」が33.7%と最も高く、次いで「サービスの仕事」20.2%、「専門的・技術的な仕事」14.3%となっている。


B × (令和3年有期労働契約に関する実態調査(個人調査))有期契約労働者の就業形態は、「パートタイム労働者」50.5%が半数を占め、次いで「契約社員」 24.7%、「嘱託社員」14.1%となっている。企業規模別でみても同様の傾向となっている。


C × (令和3年有期労働契約に関する実態調査(個人調査))有期契約労働者となることを選んだ理由(複数回答)は、「仕事の内容、責任の程度が自分の希望にあっていたから」43.8%と最も高く、「勤務時間、日数が短く、自分の希望にあっていたから」33.3%、「賃金などの待遇が自分の希望にあっていたから」19.2%と続く。


D 〇 (令和3年有期労働契約に関する実態調査(個人調査))本肢のとおりである。

E × (令和3年有期労働契約に関する実態調査(個人調査))有期契約労働者の現在の働き方に関する満足度は、「満足している」「65.5%」、「満足していない」「21.9%」となっている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・「令和3年有期労働契約に関する実態調査(個人調査)」から「有期労働契約の実態」の出題です。今回の個人調査の問題は、よく考えればいずれも誤りを見抜ける問題です。明らかな誤りだけは見抜けるようにしておきましょう。



次回もがんばりましょう。