2022年向け講座を受講いただいている方へのご連絡

2021年12月11日

辰已法律研究所の年末年始の業務時間についてお知らせします。

年末年始業務時間


よろしくお願いします。





2021年12月08日

フルパック☆プラス等のインプット講義を通学でのお申込みの方については、12月5日(日)の東京本校のLIVE講義で、雇用保険法テキスト、労働保険徴収法テキストを配布しています。

また、通信でのお申込みの方については、12月6日(月)の発送分に雇用保険法テキスト、労働保険徴収法テキストを同封しています。

12月12日(日)に東京本校のLIVE講義に出席される方は、通学でお申込みの方も通信でお申込みの方も、雇用保険法テキストをお忘れないようにお願いします。

なお、通学でのお申込みの方で、12月5日(日)のLIVE講義に出席されていない方は、東京本校窓口へお申し出いただき、テキストを受け取ってください。
もちろん、12月12日(日)の講義の際でも構いません。

なお、早めにお配りしたのは、「予習をしてほしい」ということではありませんので、引き続き、復習に専念してください。

よろしくお願いします。






2021年11月15日

LIVE講義を受講されている方に、復習を早めにしやすいよう、「過去問分析答練①労働法編」の正答率をお伝えします。
(通信受講生の方は、過去問分析答練①を終えてからご覧になっても、先に見ておいても構いません。)

今回、多くの方が、思うような得点を取れなかったように思われます。
ただ、答練の結果を受けて、どう対処していくかが大事になりますので、これをバネにしてがんばってください。


正答率は「3段階」に分けています。

黒地に白文字の問題 = 正答率60%以上の問題➡「必ず取らないとならない問題」

②グレーで塗られた問題 = 正答率40%以上60%未満の問題➡「合格するためには取るべき問題」

何も塗られていない問題 = 正答率40%未満の問題➡「皆が苦戦した問題」



過去問分析答練①選択式正答率



選択式問1~問10の各問題における受講者平均点の3段階については次のようにとらえてください。

黒地に白文字の問題 = 受講者平均点3.2点以上の問題➡「3点以上確実に取らないとならない問題」

②グレーで塗られた問題 = 受講者平均点2.8点以上3.2点未満の問題➡「2点救済にはならず3点以上取らないとならない問題」

何も塗られていない問題 = 受講者平均点2.8点未満の問題➡「場合によっては2点救済されるかもしれない問題」




過去問分析答練①択一式正答率


択一式問1~問15の各問題の正答率の3段階については次のようにとらえてください。

黒地に白文字の問題 = 多くの人が正解している問題です。間違えてしまった場合には、真っ先に見直しが必要な箇所と言えるでしょう。弱点分野の洗い出しができたと前向きにとらえて補強しておきましょう。

②グレーで塗られた問題 = 約半数の人が正解出来ています。ここが出来たかどうかが、合否を分ける問題といえます。間違えてしまった場合には、その問題の周辺までを含めて見直しておくべきでしょう。

何も塗られていない問題 
= 多くの人が苦戦している問題です。Aランク以上の人はここも重点的に見直しておくべきですが、届いていない人はここは後回しで構いませんので、①②を確実に仕上げておきましょう。



過去問分析答練①ランク別得点状況



Aランクまでに入っていることが、合格するために必要な要件だと考えてください。
ただ、今回、そこまでに入らなかった方も、復習を確実にこなせば、追いつくことは十分可能ですから、頑張っていきましょう。