2022年向け講座等に関するご質問

2021年12月07日

師走に入り、新年からのことを考え始めている方もいることでしょう。

「新年、幸先の良いスタートを切りたい。」と願う人は多いでしょうが、そうなると
「年末年始に何を学習すべきか?」が重要になってきます。

年末年始に何をすべきかですが、・・・ズバリ、今までの復習です。


東京本校でLIVE講義を受講いただいている方は、年内最後の12月26(日)の講義で雇用保険法まで、通信で受講いただいている方は、雇用保険法①までが終了している段階です。
今までに受講した科目の復習をお願いします。

復習をするとはいっても、「テキスト読み」、「過去問を解く」、「講義視聴(再度)」などが考えられますが、「テキスト読み」を中心に学習を組み立ててください。

もちろん、例えば11月~12月に学習を開始した方は、まだ、講義視聴が全部できていないと思われますので、この期に遅れを取り戻すようにしてください。

講義を一通り視聴して、復習も自分なりにやっているという方は、苦手な分野や不十分だと思われる箇所を選定して底上げをしておきましょう。

仕事が忙しかったなどの理由で、どの科目も不十分であるという方は、講義の順番で学習していくのではなく、次の順番で学習していきましょう。

・第1優先:労基
・第2優先:労災
・第3優先:雇用(通信の方は、雇用①まで)
・第4優先:労一④
・第5優先:安衛
・時間があれば、労一①~③

労一の中で④だけ優先度を高くしている理由は、労一④は、労働契約法や労働組合法が入っているところで、労一法令の最重要箇所となるからです。

通常、択一式の一般常識は、社労士法が問1~問5の中に1問丸ごと割り込んできていますから、全10問中、労一4問、社一6問になります。
そして、労一4問の中で2~3問は白書・統計数値の問題で占められ、法令で出題される可能性が高い法令は、労働契約法と労働組合法ですから、労一①~③は範囲が広い割には、出題頻度が少ないことになります。
そうはいっても学習しないわけにはいきませんが、学習に遅れが生じている場合には、後回しにしてもなんとかなるということになります。

いずれにしても、新年の社会保険の開始となる「健保①」(LIVEは1月30日、Webは2月9日(配信開始)、DVDは2月7日(教材発送))の講義開始前までの期間に、労働科目は一通りの学習を終え、理解できた状態にしておきたいところです。
特に、年金の学習に入る3月後半~5月前半の時期には、年金だけの学習で手一杯となりますから、その時期に労働科目の学習をする暇はありませんので、労働科目は今のうちに片づけておきたいところです。
(かなり学習する時間が取れる人は別として・・)

年末年始の期間だけでスケジュールを考えるのではなく、「健保①」の講義開始前までの期間のスケジュールで考えて、そのためには年末年始にどこまでやっておかないといけないかを逆算して考えてください。

社労士試験に合格するためには、社会保険科目(特に年金)の択一式の得点がどれだけ取れるかにかかっています。
そうなると、2月~5月に社会保険科目の学習をどれだけ綿密にできるかが勝負の分かれ目になります。
肝心な時期に心置きなく社会保険科目の学習に時間をかけることができるためにも、年末年始の期間をうまく活用して、労働科目を少しでも仕上げておくことが肝心です。

頑張っていきましょう。



2021年10月26日

次のようなご質問をいただきました。

「Web+DVD」とはどういうものですか? LIVE講義や通信Web、通信DVDは、意味がわかるのですが、Web+DVDとは、何か別の新しい講義が付いてくるということでしょうか。

回答は、次のとおりです。

(挨拶略)
通信Web、通信DVDは、ともに、通常、LIVE講義を収録したものになります。
(一部、事前収録のものもありますが、LIVE講義で視聴するものと、通信で視聴するものは同じものです。)

したがって、「Web+DVD」のWebもDVDも同じ講義となります。

では、同じ講義なのに2つを得ることのメリットは何かというと、少しの金額のアップで、WebとDVDの両方を得られることです。
要するに、Webのどこでも視聴できる利便性や2倍速で視聴できる機能性を得つつ、DVDの手元に残しておきたい所有願望を同時に満たすことができます。

また、フルパック☆プラスの場合には、「Web+DVD」も教育訓練給付の対象となっていますので、教育訓練給付を利用することもできます。

以上、よろしくお願いします。



そろそろ11月が近づいてきましたが、フルパック☆プラスの申込をする際の割引の額がほんの少し変わります。

「フルパック☆プラス」を10月に申し込むのと11月に申し込むのとでは、早期申込割引が4,000円だったところが3,000円になりますので、講座申込料金は1,000円ほど上がることになります。

割引


ただし、他のパックや講座の場合には、元々、早期申込割引の適用がありませんので、変わることはありません。

1,000円の差ですから、無理して10月いっぱいで決めなくてもそれほど大きな影響はありません。
ただ、申込を決めているのであれば、1,000円でも安いにこしたことはないでしょうから、10月中に申し込んでください。

ところで、元々、早期申込割引の1,000円~5,000円という割引額に、「割引額がずいぶん少ないなぁ。」と思われている方がいらっしゃるかもしれません。
確かに、他の予備校さんや教材屋さんの中には、半額や数万円引きなど、目を引く割引をしているところもあり、それに比べると、佐藤塾の割引額は見劣りします。

ただ、こうした大幅割引をしている場合には、元々の通常価格の設定を大幅に高くしてあって、割引後の価格が適正価格(コストを考え合わせると採算が取れる価格)としているケースがあることを忘れてはなりません。
もし、通常価格での販売が全くなされていないともなれば、景品表示法違反の疑いもかかりますので、佐藤塾ではそのような取扱いをしていません。

「フルパック☆プラス」は、選択式対策を意識した読みやすいプレミアムテキストを材料として、業界屈指の佐藤としみ講師が重要事項をお伝えしていくことが車の両輪であり、それに、白書・統計数値対策が存分に施されていますので、適正価格は相応の料金になってしまいます。

割引は、背中を押す程度の早期申込割引と、特に佐藤としみ講師が応援したい「女性」と「50歳以上」の方に気持ちばかりの割引をしています。
(「現金割引」もあります。)

十分、吟味していただいて、気に入っていただければ、お申込みをしてください。
みなさんの合格への手助けを、側面から支援・応援させていただきます。



「フルパックで申し込んでいた場合に、途中からフルパック☆プラスに変更できますか。」というご質問がありました。


[回答] (挨拶等は省略)

結論から申し上げますと、料金の差額をお支払いいただくことで可能です。
ただし、最初からフルパック☆プラスを申し込んでいた場合に比べ、若干、損をしてしまうことになります。

というのも、フルパック☆プラスに「変更する時点」での割引の計算となるからです。

たとえば、50歳以上の男性が現金のお支払いで9月中にフルパックにお申込みいただいたとします。
その方が、来年の1月にフルパック☆プラスに変更したい申し出をした場合には、差額の料金をお支払いいただき、変更可能となりますが、
①9月のフルパックの申込時には、「早期申込割引」の5,000円オフと、「50歳以上応援割引」の2%オフ、「現金割引」の2%オフが適用された料金計算となりますが、
②1月にフルパック☆プラスに変更する手続きをした場合のフルパック☆プラスの料金には、「早期申込割引」の1,000円オフだけしか、割引の適用がありません。
(「50歳以上応援割引」、「早期申込割引」、「女性特別割引」は、2021年12月までの適用で、早期申込割引」は、ひと月ごとに割引額が下がっていきますので、1月のお申込みの場合1,000円オフのみとなります。)

したがって、早めの月にフルパック☆プラスに変更していただくほうが、フルパック☆プラスの料金に、「早期申込割引」(申込月に応じて1,000円~5,000円オフ)と、「50歳以上応援割引」の2%オフ、「現金割引」の2%オフが適用された料金計算となりますので、その方が割引が適用される分だけ得になることになります。



2021年09月27日

講座をご検討いただいている方からのご質問を受けました。

『「フルパック」と「フルパック☆プラス」のどちらにすればいいですか?』というものです。
実は、この質問は、ガイダンスなどを実施した際に、一番多く聞かれる質問です。

順を追って、説明させていただきます。


1.「フルパック」と「フルパック☆プラス」の違いは?

次の図のように、「フルパック」にはなくて、「フルパック☆プラス」(以後、「プラス」と呼びます。)にある講座は、「白書・統計数値解きまくり」という白書・統計数値のアウトプット講座に、「主要6科目選択式トレーニング」「横断対策講座」「弱点克服講義」を加えた4講座になります。
(プラスの図で、紫色で塗られた部分がフルパックに加わっている講座です。)


フルパック☆プラスとフルパックのカリキュラム図


2.「フルパック」と「プラス」の選ぶ基準は?

①次のような方は「プラス」をお薦めします。
・今年の択一式の得点より「10点」以上、伸ばしたい
「基礎」からみっちり学習をしたい
・最近、自分の「記憶力」に自信が無いという方
白書・統計数値対策を万全にしておきたい方

②今年の本試験の択一式の得点で考えてみた場合・・・
45点以上の方 ⇒ 「フルパック」
45点未満の方 ⇒ 「プラス」
をお薦めします。


3.「プラス」の大きな目的は、択一式の得点力のアップと白書・統計数値対策

「プラス」には、択一式の得点をアップするために必須となる「横断」整理と、主要6科目選択式対策のトレーニング、選択式労一・社一対策の2講座が入っています。
簡単に4講座の概要をご説明しておきます。


① 「横断対策講座」

横断学習をすると択一式の得点がアップする理由は、「気づき」が早くなるからです。
たとえば、消滅時効の年数を問う問題で、2年なのか5年なのかは、横断学習をしていればすぐに正解することができます。
ところが横断学習をしていないと、考えた挙句、正解にたどりつくことになります。
ここで重要なのは、たとえ正解できたとしても、「時間」を失うということです。

横断項目をしっかり学習できていると、瞬時にわかる問題が多くなり、その結果、「空き時間」が生まれ、同時に「心のゆとり」がでてきます。
その時間を見直しにあてることで、3~5点のアップが見込め、合格ラインを突破することが可能となります。
よく、「後で考えたら、できるはずの問題だったのに・・」と言う方がいますが、これは「見直しできる時間さえあれば、拾える問題だったのに・・」と置き換えることができます。

択一式の時間対策は、「早読み」や「飛ばし(正解がわかったらあとの選択肢は見ない)」ではなく、「気づきの早さ」で十分カバーできるのです。



② 「主要6科目選択式トレーニング

インプット講義が一通り終了した直前期に差し掛かる頃、「インプット講義でやったことをすっかり忘れてしまった。」という方が中にはいらっしゃいます。
そこで、インプット講義終了後に、主要法令(労基・労災・雇用・健保・国年・厚年)のまとめの講座をご用意いたしました。
いわば、インプット講義終了後の忘れかけた時期に行うダブルインプットというべき講座です。

ただし、単なるまとめでは、重要箇所の繰り返しを行うだけになってしまいます。
そこで、選択式対策にも役立つよう、選択式に特化したインプット講座としました。

ここでは、プレミアムテキストを使って講義を展開していきます。
各科目3時間ですので、講義終了後は、選択式対策のためのテキストの読み込みをするのもよし、ここでまとめたことを起点に、各科目の総まとめを行うのもよしだと思います。

穴埋め形式の「トレーニングノート」と「解答」をお配りして、書き込むトレーニングをします。
今年の本試験でも効果を発揮したと仰る方もいらっしゃいした。
この主要6科目の選択式の対策ができれば、残る選択式は、労一、社一の2科目ということになります。



③ 「白書・統計数値解きまくり」

白書や統計数値に関する学習は、自分一人で学習するとしたら、厚生労働白書や労働経済白書に目を通し、数ある各種統計数値を押さえなければなりません。
漏れがないように学習しようと思うと相当な時間を要し、だからといって必ずしも得点できるとは限りません。

例年、選択式の労一、社一で出題された場合、苦戦を強いられる問題が多く、かなりの学習を積んできた方でも、一筋縄ではいきません。

第一、どこまで覚えればいいのかがわからず、他の法令科目とは学習の仕方や目の付け所も違うため、苦手とされる方が多いのが特徴です。

そこで、資格学校が行っている白書講座を受講し、白書や各種統計を要約したテキストを読み返すことで、重要箇所を頭に入れていくことをしていく方が効率的です。
ただ、テキストと講師の解説で要点を押さえていきたいものの、なかなかすんなり頭に入らないのも事実です。

「白書・統計数値解きまくり」は、白書のインプット学習を終えた方を対象に、試験委員が狙いそうな箇所を実際に問題として落とし込み、「覚えたはずと錯覚している箇所」をあぶりだしていきます。

ここで一度、痛い思いをしておけば、その箇所は本試験では間違えることはないはずです。

白書・統計数値のアウトプット講座は珍しく、「白書・統計数値解きまくり」は、佐藤塾の中でも評判の高い講座です。



④ 「弱点克服講義」

最後にどうしてもお伝えしておかなければならない重要項目
を、ここでは取り上げます。
ここ数年は、ご要望の多い「白書・統計数値対策」を行っています。

「白書・統計数値対策講座」が白書のインプット講座であり、「白書・統計数値解きまくり」が白書のアウトプット講座、そして、「弱点克服講義」が白書のまとめ講義の位置付けです。

この3つの講座に、直前期に行われるプレミアム答練(一般常識)を加えて、選択式労一・社一対策を十分に施していこうという狙いがあります。

「弱点克服講義」を気に入っていただける方も多く、お配りした「まとめ冊子」を本試験会場まで持っていかれれる方もいらっしゃるようです。

※弱点克服講義の単体売りはしておりません。



4.「フルパック」と「プラス」の受講者はどちらが多い?

佐藤塾は択一式を伸ばしたい人が多く集まりますから、択一式が30点台の人が多く、そのため「プラス」を選ぶ人が多いです。
(他の予備校で学習したものの、一向に得点が伸びないという方が、最後の駆け込み寺として門をたたくケースが多いからです。)
また、「合格しました!」との結果報告を聞く限りでは、合格した方は「プラス」の方が多いように見受けられます。

ただ、元々、択一式45点以上の得点の方は、過去問対策や横断対策は既にできているが多いため、インプット講義をしっかり受講していただいたうえで、テキストの読み込みをその都度行っていただければ高得点を期待できることから、「フルパック」で十分だと思われます。

ただし、択一式が高得点の方であっても、選択式対策を十分に施しておきたいという方は、「プラス」をお選びください。



それぞれの方の置かれた状況に応じて、お決めいただければ幸いです。

なお、フルパック☆プラスに関しては、8月24日付ブログにも掲載していますので、ご確認ください。