2022年向け社労士講座のご案内

2021年11月29日

みなさん、こんにちは。
佐藤としみです。

12月12日(日)は、東京本校において、無料体験を実施いたします。
担当は、私、佐藤としみです。


19satou_ki


科目は、雇用保険法①(10:30~13:00)になります。
内容としては、総則、適用事業等を踏まえ、失業等給付の全体像辺りまでとなります。


どのような講義なのか、どんなテキストを使用するのかなど、わからない方は、ぜひ参加してみてください。
予備校を活用しようか、独学でいこうか、迷っている方も、講義を聴きに来てください。
予約は不要ですので、当日、直接、お越しください。
(2022年試験向けの講義で、今まで無料体験に参加された方は対象外となります。)

テキストは、中綴じのものをお渡しいたしますので、雇用保険法①の範囲の部分はお持ち帰りしていただいて構いません。

講義を受講しようと決めていなくても、試しにどんなものか、視聴するだけでもいいので、来てください。
少なくとも勉強になりますし、きっと有意義な時間になることでしょう。


それでは、お待ちしています!!



2021年11月12日

みなさん、こんにちは。
佐藤としみです。

11月21日(日)は、東京本校において、無料体験を実施いたします。
担当は、私、佐藤としみです。


19satou_ki


科目は、労災保険法①(10:30~13:00)になります。

取り上げる主な箇所としては、「業務災害、複数業務要因災害及び通勤災害の認定」になります。
認定基準は、労災保険法の試験対策としても重要な箇所でもありますし、何より、ここは昨年の法改正部分です。

そして、この日から、LIVE講義では労働保険編が始まります。
佐藤塾では、インプット講義を①労働法編(労基・安衛・労一)、②労働保険編(労災・雇用・徴収)、③社会保険編(健保・社一)、④年金編(国年・厚年)という4つの区分に分けています。
LIVE講義では、現在、最初の1つの区分(労働法編)を終え、これから2つ目の区分(労働保険編)に入るところですが、今から学習を開始してもまだまだ時間がありますから十分、間に合います。

今年の本試験で残念な結果となってしまった方は、気持ちを入れ替えて来年に向けてどのような学習をしていくかを考えてみてください。

どのような講義なのか、どんなテキストを使用するのかなど、わからない方は、ぜひ参加してみてください。
予備校を活用しようか、独学でいこうか、迷っている方も、講義を聴きに来てください。
予約は不要ですので、当日、直接、お越しください。
(2022年試験向けの講義で、今まで無料体験に参加された方は対象外となります。)

テキストは、中綴じのものをお渡しいたしますので、労災保険法①の範囲の部分はお持ち帰りしていただいて構いません。

講義を受講しようと決めていなくても、試しにどんなものか、視聴するだけでもいいので、来てください。
少なくとも勉強になりますし、きっと有意義な時間になることでしょう。


それでは、お待ちしています!!



2021年11月01日

みなさん、こんにちは。
佐藤としみです。

11月7日(日)は、東京本校において、無料体験を実施いたします。
担当は、私、佐藤としみです。


19satou_ki


科目は、労働一般常識④(14:00~16:30)になります。

取り上げる主な箇所としては、労働一般常識の法令の中で最重要とされる「労働組合法」、「労働契約法」になります。



今年の本試験で残念な結果となってしまった方は、気持ちを入れ替えて来年に向けてどのような学習をしていくかを考えてみてください。

どのような講義なのか、どんなテキストを使用するのかなど、わからない方は、ぜひ参加してみてください。
資格の学校を活用しようか、独学でいこうか、迷っている方も、講義を聴きに来てください。
予約は不要ですので、当日、直接、お越しください。
(2022年試験向けの講義で、今まで無料体験に参加された方は対象外となります。)

テキストは、中綴じのものをお渡しいたしますので、労働一般常識④の範囲の部分はお持ち帰りしていただいて構いません。

講義を受講しようと決めていなくても、試しにどんなものか、視聴するだけでもいいので、来てください。
少なくとも勉強になりますし、きっと有意義な時間になることでしょう。


それでは、お待ちしています!!



2021年10月26日

次のようなご質問をいただきました。

「Web+DVD」とはどういうものですか? LIVE講義や通信Web、通信DVDは、意味がわかるのですが、Web+DVDとは、何か別の新しい講義が付いてくるということでしょうか。

回答は、次のとおりです。

(挨拶略)
通信Web、通信DVDは、ともに、通常、LIVE講義を収録したものになります。
(一部、事前収録のものもありますが、LIVE講義で視聴するものと、通信で視聴するものは同じものです。)

したがって、「Web+DVD」のWebもDVDも同じ講義となります。

では、同じ講義なのに2つを得ることのメリットは何かというと、少しの金額のアップで、WebとDVDの両方を得られることです。
要するに、Webのどこでも視聴できる利便性や2倍速で視聴できる機能性を得つつ、DVDの手元に残しておきたい所有願望を同時に満たすことができます。

また、フルパック☆プラスの場合には、「Web+DVD」も教育訓練給付の対象となっていますので、教育訓練給付を利用することもできます。

以上、よろしくお願いします。



そろそろ11月が近づいてきましたが、フルパック☆プラスの申込をする際の割引の額がほんの少し変わります。

「フルパック☆プラス」を10月に申し込むのと11月に申し込むのとでは、早期申込割引が4,000円だったところが3,000円になりますので、講座申込料金は1,000円ほど上がることになります。

割引


ただし、他のパックや講座の場合には、元々、早期申込割引の適用がありませんので、変わることはありません。

1,000円の差ですから、無理して10月いっぱいで決めなくてもそれほど大きな影響はありません。
ただ、申込を決めているのであれば、1,000円でも安いにこしたことはないでしょうから、10月中に申し込んでください。

ところで、元々、早期申込割引の1,000円~5,000円という割引額に、「割引額がずいぶん少ないなぁ。」と思われている方がいらっしゃるかもしれません。
確かに、他の予備校さんや教材屋さんの中には、半額や数万円引きなど、目を引く割引をしているところもあり、それに比べると、佐藤塾の割引額は見劣りします。

ただ、こうした大幅割引をしている場合には、元々の通常価格の設定を大幅に高くしてあって、割引後の価格が適正価格(コストを考え合わせると採算が取れる価格)としているケースがあることを忘れてはなりません。
もし、通常価格での販売が全くなされていないともなれば、景品表示法違反の疑いもかかりますので、佐藤塾ではそのような取扱いをしていません。

「フルパック☆プラス」は、選択式対策を意識した読みやすいプレミアムテキストを材料として、業界屈指の佐藤としみ講師が重要事項をお伝えしていくことが車の両輪であり、それに、白書・統計数値対策が存分に施されていますので、適正価格は相応の料金になってしまいます。

割引は、背中を押す程度の早期申込割引と、特に佐藤としみ講師が応援したい「女性」と「50歳以上」の方に気持ちばかりの割引をしています。
(「現金割引」もあります。)

十分、吟味していただいて、気に入っていただければ、お申込みをしてください。
みなさんの合格への手助けを、側面から支援・応援させていただきます。