ランチタイム・スタディ2021統計数値

2021年04月20日

「ランチタイム・スタディ 2021統計数値」の87日目は、「令和2年版高齢社会白書」から「高齢化の現状」の過去問焼き直し問題です。

<問題(高齢者の雇用の動向)>

〔問〕 高齢化の現状に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、本問は「令和2年版高齢社会白書」を参照しており、当該調査による用語及び統計等を利用している。

A 日本の高齢化のスピードは、世界に例を見ないスピードで進行しており、高齢化率(総人口に占める65歳以上の者の割合)が7%を超えてからその倍の14%に達するまでの所要年数によって比較すると、フランスが115年、スウェーデンが85年、アメリカが72年、比較的短い英国が46年、ドイツが40年であるのに対し、日本はわずか24年しかかからなかった。

B 日常生活に制限のない期間(健康寿命)は、平成28(2016)年時点で男性が72.14年、女性が74.79年となっており、それぞれ平成22年(2010)年と比べて延びているが、同期間における健康寿命の延びは、平均寿命の延びを下回っている。

C 60歳以上の高齢者の経済的な暮らし向きについてみると、「心配ない」(「家計にゆとりがあり、まったく心配なく暮らしている」と「家計にあまりゆとりはないが、それほど心配なく暮らしている」の計)と感じている人の割合は全体で約4分の3になっている。

D 昭和55(1980)年では世帯構造の中で三世代世帯の割合が一番多く、全体の半数を占めていたが、平成29(2017)年では夫婦のみの世帯が一番多く約3割を占めており、単独世帯と合わせると半数を超える状況である。

E 現在仕事をしている高齢者の約4割が「働けるうちはいつまでも」働きたいと回答している。70歳くらいまでもしくはそれ以上との回答と合計すれば、約8割が高齢期にも高い就業意欲を持っている様子がうかがえる。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・


B


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A 〇 (令和2年版高齢社会白書) 本肢のとおりである。高齢化の速度について、高齢化率が7%を超えてからその倍の14%に達するまでの所要年数(倍加年数)によって比較すると、フランスが115年、スウェーデンが85年、アメリカが72年、比較的短い英国が46年、ドイツが40年に対し、我が国は、昭和45(1970)年に7%を超えると、その24年後の平成6(1994)年には14%に達した。一方、アジア諸国に目を移すと、韓国が18年、シンガポールが20年など、今後、一部の国で、我が国を上回るスピードで高齢化が進むことが見込まれている。(H22-2E改)

B ☓ (令和2年版高齢社会白書) 日常生活に制限のない期間(健康寿命)は、平成28(2016)年時点で男性が72.14年、女性が74.79年となっており、それぞれ平成22年(2010)年と比べて延びている(平成22年→平成28年:男性1.72年、女性1.17年)。さらに、同期間における健康寿命の延びは、平均寿命の延び(平成22年→平成28年:男性1.43年、女性0.84年)を上回っている。(H25-4B改)

C 〇  (令和2年版高齢社会白書)  本肢のとおりである。(H25-4A改)

D 〇 (令和2年版高齢社会白書) 本肢のとおりである。(H29-5D改)

E 〇 (令和2年版高齢社会白書) 本肢のとおりである。(H25-4D改)


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・高齢化の現状からの出題です。Bについては、数年前までは、健康寿命の延びよりも、平均寿命の延びの方が大きかったのですが、逆転し、健康寿命の延びが平均寿命の延びを上回っています。昨今、病気についても介護や認知症等についても、予防することに行政が取り組んでいますので、一定の効果が得られたものと思われます。

・Cの高齢者の暮らし向きは約4分の3の人が心配していないという状況も押さえておきたいところですが、年金の受給開始年齢が遅くなってきていることや、年金額が減ってきていることなどから、ここも、数年後には変わってきそうなところです。

・過去問の出題年度をご覧いただくとわかる通り、平成22年、平成25年、平成29年と、このあたりの箇所はちょくちょく出題されていることがわかります。(問題文は令和2年版高齢社会白書の記載内容に変更していますので、出題された当時の問題文とは表現や文章が若干異なります。)



明日もがんばりましょう。




2021年04月19日

「ランチタイム・スタディ2021統計数値」の86日目は、「令和2年版高齢社会白書」から「高齢化の現状」の調査記載内容です。


高齢化の現状

【令和2年版高齢社会白書】

(5) 60歳以上の人の約4分の3が心配なく暮らしている

全国の60歳以上の男女に、現在の経済的な暮らし向きについて聞いたところ、「家計にゆとりがあり、まったく心配なく暮らしている」が20.1%、「家計にあまりゆとりはないが、それほど心配なく暮らしている」が54.0%となっており、合わせると約4分の3(74.1%)が心配なく暮らしている。

なお、平成28年「高齢者の経済・生活環境に関する調査」(内閣府実施。以下「平成28年調査」という。)の結果では、心配なく暮らしているとする割合が6割強(64.6%)となっており、今回調査の方が心配なく暮らしている割合が高くなっている

性・年齢別に見ると、心配なく暮らしているとする割合が、各年齢階級で男性より女性の方で高く、特に女性の80歳以上では、8割以上(81.1%)が心配なく暮らしている。

未既婚別に見ると、結婚したことのない人や配偶者と離別した人は、心配なく暮らしているとする割合が低くなっている。


(6)働いている60歳以上の人の9割近くが70歳以上まで働きたいと考えている

全国の60歳以上の男女に、何歳ごろまで収入を伴う仕事をしたいか(又はしたかったか)を聞いたところ、「65歳くらいまで」(25.6%)、「70歳くらいまで」(21.7%)、「働けるうちはいつまでも」(20.6%)の順となっている。

このうち収入のある仕事をしている人は、「働けるうちはいつまでも」(36.7%)が最も多く、次いで「70歳くらいまで」(23.4%)、「75歳くらいまで」(19.3%)、の順となっており、9割近く(87.0%)の人が70歳以上まで働きたいと考えている



明日もがんばりましょう。



2021年04月17日

「ランチタイム・スタディ2021統計数値」の85日目は、「令和2年版高齢社会白書」から「高齢化の現状」の調査記載内容です。


高齢化の現状

【令和2年版高齢社会白書】

(2)我が国は世界で最も高い高齢化率である

先進諸国の高齢化率を比較して見ると、我が国は1980年代までは下位、90年代にはほぼ中位であったが、平成17(2005)年には最も高い水準となり、今後も高水準を維持していくことが見込まれている。

高齢化の速度について、高齢化率が7%を超えてからその倍の14%に達するまでの所要年数(倍加年数によって比較すると、フランスが126年、スウェーデンが85年、アメリカが72年、比較的短い英国が46年、ドイツが40年に対し、我が国は、昭和45(1970)年に7%を超えると、その24年後の平成6(1994)年には14%に達した。

一方、アジア諸国に目を移すと、韓国が18年、シンガポールが17年など、今後、一部の国で、我が国を上回るスピードで高齢化が進むことが見込まれている。


(3)65歳以上の者のいる世帯は全世帯の約半分

65歳以上の者のいる世帯について見ると、平成30(2018)年現在、世帯数は2,492万7千世帯と、全世帯(5,099万1千世帯)の48.9%を占めている。

昭和55(1980)年では世帯構造の中で三世代世帯の割合が一番多く、全体の半数を占めていたが、平成30(2018)年では夫婦のみの世帯が一番多く約3割を占めており、単独世帯と合わせると6割近くとなっている。


(4)健康寿命は延伸し、平均寿命と比較しても延びが大きい

日常生活に制限のない期間(健康寿命)は、平成28(2016)年時点で男性72.14年女性74.79年となっており、それぞれ平成22年(2010)年と比べて延びている(平成22年→平成28年:男性1.72年、女性1.17年)。

さらに、同期間における健康寿命の延びは、平均寿命の延び(平成22年→平成28年:男性1.43年、女性0.84年)を上回っている



来週もがんばりましょう。



2021年04月16日

「ランチタイム・スタディ2021統計数値」の84日目は、「令和2年版高齢社会白書」から「高齢化の現状」の調査記載内容です。


高齢化の現状

【令和2年版高齢社会白書】

(1)高齢化率は28.4%

我が国の総人口は、令和元(2019)年10月1日現在、1億2,617万人となっている。

65歳以上人口は、3,589万人となり、総人口に占める割合(高齢化率)は28.4%となった。

65歳以上の高齢者人口を男女別にみると、男性1,560万人、女性2,029万人で、性比女性人口100人に対する男性人口)は76.9であり、男性対女性の比約3対4となっている。

65歳以上人口のうち、「65~74歳人口」は1,740万人(男性831万人、女性908万人)で総人口に占める割合は13.8%となっている。また、「75歳以上人口」は1,849万人(男性729万人、女性1,120万人)で、総人口に占める割合は14.7%であり、65~74歳人口を上回っている


<ポイント>
・65歳以上人口は約3,500万人で、高齢化率は28.4%です。

・65歳以上の高齢者人口の性比は約3対4です。

・65~74歳人口と75歳以上人口はほぼ同数ですが、つい最近(昨年)、75歳以上人口が65~74歳人口を抜いています。



明日もがんばりましょう。



2021年04月15日

「ランチタイム・スタディ2021統計数値」の83日目は、「「令和元年度雇用均等基本調査」の概況(事業所調査)」から「介護休業制度」の調査記載内容です。


介護休業制度

【「令和元年度雇用均等基本調査」の概況(事業所調査)】

(1)介護休業制度の規定状況

介護休業制度の規定がある事業所の割合は、事業所規模5人以上では74.0%事業所規模30人以上では89.0%となっている。

介護休業制度の規定がある事業所において、介護休業の期間について「期間の最長限度を定めている」とする事業所割合は95.3%である。

期間の最長限度を定めている事業所についてその期間をみると、「通算して93日(法定どおり)」が84.6%と最も高くなっており、次いで「1年」8.1%、「93日を超え6か月未満」2.6%、「6か月」2.6%の順となっている。


(2)介護休業制度の利用状況

平成30年4月1日から平成31年3月31日までの間に介護休業を取得した者がいた事業所の割合は2.2%であった。

常用労働者に占める介護休業者割合は、0.11%であり、男女別にみると、女性0.16%男性0.07%となっている。

介護休業者の男女比は、女性61.1%男性38.9%であった。



明日もがんばりましょう。