2021年向け学習に関するアドバイス

2021年02月21日

現在、佐藤塾の講義は社会保険科目に入っています。

「労働科目が終わり、インプット学習の半分が終わった。やれやれ。」と思っている方もいらっしゃることでしょう。
ただ、合格するためには労働科目よりも、社会保険科目の方が重要度が明らかに高いので、これからの学習が大切です。

例年、「労働科目はかなり学習したので何とかなるけれど、社保の方が心配だ。」という方よりも、「社保はかなり学習したので何とかなるけれど、労働科目の方が心配だ。」という方の方が圧倒的に合格しています。

なぜならば、他の受験生との差が付く科目が社会保険科目であり、特に、健保、国年、厚年だからです。

次の表は、令和2年度本試験択一式の正答率の表になります。

2020年本試験択一式合否を分けた10問



左側の表が労働科目、右側の表が社会保険科目となっていますが、ここでは「佐藤塾集計全体の正答率」と「合格者だけの正答率」とその2項目の正答率の差(乖離)を示しています。

たとえば、この表の左上の労働基準法の問1の場合には、「全体の正答率」は47%で、「合格者だけの正答率」は53%となり、6%の差がついていることが読み取れます。

「合格者正答率」と「全体正答率」の乖離が大きい問題ほど、合格者と合格できなかった人の差が付いた問題といえますから、そこがきちっとできていれば合格が近くなることがわかります。

そこで択一式全70問の中で乖離が大きい問題を拾い出してみました。

令和2年度本試験の場合には、指標を「合格者正答率」と「全体正答率」の差が17%以上あり、かつ、「全体正答率」が65%未満のものとし、それを拾い出すと、全部で10問ありました。
(「全体正答率」が65%以上を排除しているのは、あまりに易しい問題で差が付いたとしても、その問題は元々、基本事項である可能性が高く、その問題は当然に身につけておかないといけない問題とされるため、合否の差が付いた問題として抽出して、そこを中心に学習をするという意味をなさなくなると思われるためです。)

この指標となる乖離が17%以上のものを、表の左側に①~⑩の突起を出して太実線で囲んでいます。
これを見ると、労働科目は全部で3問、社保科目は全部で7問あり、社保科目で差が付いたことが読み取れます。

続いて、難問の数をみていきましょう。
ここでは、全体正答率が30%未満の問題を難問としていますが、労働で7問、社保で3問あり、労働科目に多くみられます。

準難問はどうかというと、労働が4問、社保が8問あり、難問とは逆に、社会保険科目の方に多くみられます。
(準難問とは、全体正答率が30%以上50%未満の問題を指しています。)

難問と準難問の意味合いですが、平たく言うと、難問はどんなに勉強しても正解するのが難しい問題であり、準難問は、学習次第では得点できることを意味します。
すなわち、労働科目は、どんなに一生懸命学習しても正解できない問題が多いのに対し、社会保険科目は学習次第では得点できる問題が多いことを意味します。

したがって、合否を分けた問題が社会保険科目に多いことと、難易度からしても、社会保険科目の学習を綿密にしていけば取れる問題が社会保険科目に多いことが読み取れますので、それだけ社会保険科目に力を入れた方がよいことになります。

このような傾向は、過去の本試験に関しても、同様の傾向にあります。

実は過去10年の本試験すべてにおいて、合否を分けた問題は社保の方が多く、逆の年は1年もありません。
むしろ、過去の本試験の方が、合否を分けた問題が社会保険の方に明らかに偏っているという年が多いくらいです。

これらのことから、社会保険科目の学習が合否を左右するといっても過言ではありません。

先日、「2月~4月は正念場」という内容をブログでアップしましたが、そこに書かせていただいた理由以外にも、実は、2月から4月は社会保険科目の学習をする時期であるため、より正念場であるともいえます。

気を引き締めて頑張っていきましょう。



2020年12月20日

フルパック☆プラスを受講している方から、「年末年始のお休みに、何を学習したらいいですか?」という質問がありました。

ズバリ、今までの復習です。

東京本校でLIVE講義を受講いただいている方は、年内最後の12月27(日)の講義で雇用保険法まで、通信で受講いただいている方は、雇用保険法①までが終了している段階です。
今までに受講した講義の科目の復習をお願いします。

復習をするとはいっても、①「テキスト読み」、②「過去問を解く」、③「講義視聴(再度)」などが考えられますが、割と順調にここまで学習がはかどっている方は、①「テキスト読み」をしてください。
理解が進んでいない状況の方(初学の方や2020年度本試験択一式の得点状況が20点~30点台の方)は、②「過去問を解く」を中心に組み立ててください。

もちろん、例えば11月~12月に学習を開始した方は、まだ、講義視聴が全部できていないと思われますので、この期に遅れを取り戻すようにしてください。

講義は一通り、視聴して復習も自分なりにやっているという方は、苦手な分野や不十分だと思われる箇所を選定して底上げをしておきましょう。

仕事が忙しかったなどの理由で、どの科目も不十分であるという方は、講義の順番で学習していくのではなく、次の順番で学習していきましょう。

・第一優先:労基
・第二優先:労災
・第三優先:雇用(通信の方は、雇用①まで)
・第四優先:労一④
・第五優先:安衛
・時間があれば、労一①~③

労一の④だけ優先度を高くしている理由は、労一④は、労働契約法や労働組合法が入っているところで、労一法令の最重要箇所となるからです。

通常、択一式の一般常識は、社労士法が問1~問5の中に1問丸ごと割り込んできていますから、全10問中、労一4問、社一6問になります。
そして、労一4問の中で2~3問は白書・統計数値の問題で占められ、法令で出題される可能性が高い法令は、労働契約法と労働組合法ですから、労一①~③は範囲が多い割には、出題頻度が少ないことになります。
そうはいっても学習しないわけにはいきませんが、学習に遅れが生じている場合には、後回しにしてもなんとかなるということになります。

いずれにしても、新年の社会保険の開始となる「健保①」(LIVEは1月31日、Webは2月10日、DVDは2月8日)の講義開始前までの期間に、労働科目は一通りの学習を終え、理解できた状態にしておきたいところです。
特に、年金の学習に入る3月~4月の時期には、年金だけの学習で手一杯となりますから、その時期に労働科目の学習をする暇はありませんので、労働科目は今のうちに片づけておきたいところです。
(かなり学習する時間が取れる人は別として・・)

年末年始の期間だけでスケジュールを考えるのではなく、「健保①」の講義開始前までの期間のスケジュールで考えて、そのためには年末年始にどこまでやっておかないといけないかを逆算して考えてください。

社労士試験に合格するためには、社会保険科目(特に年金)の択一式の得点がどれだけ取れるかにかかっています。
そうなると、2月~4月に社会保険科目の学習をどれだけ綿密にできるかが勝負の分かれ目になります。
毎年、「合否を分けた〇〇問」というガイダンスを行っています(令和2年度本試験は「合否を分けた10問」)が、合否を分けた問題は、社会保険科目に極端に偏っています。
(例外の年はありません。)

したがって、年末年始の期間をうまく活用して、労働科目を少しでも仕上げておくことが肝心です。

頑張りましょう。




2020年10月05日

いよいよ通信(Web、DVD)で受講の方にも、本日、教材が発送され、Webの方は、10月7日から視聴することができるようになります。

待ちに待った開講という方もいらっしゃることでしょう。

講義開始の号砲でいよいよスタートです。
今まではどちらかというと、ゆっくり気ままに過ごしていた方も多かったと思われますが、これからは気持ちを切り替え、2021年本試験に向けて学習をスタートさせてください。

微力ながらみなさんのお役に立てるよう、応援させていただきます。
がんばっていきましょう。



2020年09月25日

どうしても学習を後回しにしがちになるのが一般常識です。
受験生に苦手な科目をお聞きすると、多くの方が一般常識と回答します。

さて、一般常識というと、「労一」、「社一」という分け方とは別に、「法令」と「白書・統計数値」(以後、ここでは「白書」と記載します。)に大別されますが、実は、フルパック☆プラスは一般常識対策を意識・強化したカリキュラムになっています。

というのも、次の図をご覧ください。


一般常識の充実


ある大手予備校(A予備校)では、労一3コマ、社一3コマ、白書1コマです。
また、違う大手予備校(B予備校)では、労一3コマ、社一3コマ、白書2コマです。

これに対し、佐藤塾のフルパック☆プラスでは、労一4コマ、社一4コマ、白書2コマと、労一、社一のコマ数が各々1コマ(=2.5時間)分、多いことになります。

これが何を意味するかというと、たとえば、労一のように細かい法令をたくさん扱う場合でも、それぞれの法令の制度趣旨(その法令が作られた時代(歴史)的背景や目的)についても取り上げ、講義でお伝えする時間を割くことができ、その分、テキストも割と詳しく掲載することが可能です。
(実は、佐藤としみ講師は、制度趣旨を説明することに長けています。)
(テキストが詳しいといっても、前年の労一テキストは226ページ、社一テキストは202ページです。)

ところが、労一または社一の講義が3コマの場合には、講義時間が短い分、テキストはある程度、簡易にせざるを得ません。
なぜなら、テキストが詳しい割に解説時間が少ないと、テキストには載っているにもかかわらず、講義では取り上げない箇所が多くなってしまうからです。
テキストに載っていると、当然、受講生は覚えなければならない箇所だと思うはずですので、解説してほしいという要望が強くなります。
(最初から、テキストは詳しく、講義時間が短いとうたっている講座であれば別ですが・・・)

場合によっては、受講生の気持ちとして、「テキストに載っているのに、どうして講師は説明してくれないんだ!!」という、ある意味、クレームのようになってしまうことも考えられますので、講義時間が少ない場合には、テキストにはあまり詳しく掲載しないことが無難となります。

ところが、フルパック☆プラスの一般常識は、十分な講義時間とテキストで構成されています。
このようにフルパック☆プラスは、労一1コマ、社一1コマ(場合によっては、白書1コマ)ほど多くの講義時間を割いているうえに、更に、白書解きまくりが2コマ、弱点克服講義が1コマ(弱点克服講義は1コマ3.5時間)と、白書のアウトプット講義とまとめ講義が加わりますので、一般常識の法令、白書ともに十分な講義時間を割いて、対策を施していくことができます。

したがって、一般常識対策を万全にしておきたい方は、フルパック☆プラスをぜひお選びください。
フルパック☆プラスをお選びいただくことが、自然と一般常識対策の強化につながることを意味します。

[参考]
2021年向け受験対策講座「佐藤塾」フルパック☆プラスのご案内

選択式労一・社一が気がかりな方は、フルパック☆プラスで克服を!

他の予備校との違いは何ですか?

講義で使用するプレミアムテキストの特長

最初のインプットこそが重要

佐藤としみ先生は、どのような先生ですか?

講座無料体験実施のお知らせ



2020年09月12日

現在、個別学習相談会を実施しています。

今年は、昨年以上に、個別学習相談会に応募される方が多いです。
学習に関するアドバイスなど、参考になることがあるはずですので、まだの方は、ぜひ、ご利用ください。

その中で、数人の方から、「社労士の資格ははたして役に立つのか?」というご質問がありました。
おそらく、多くのみなさんが、同じような疑問をお持ちではないでしょうか。

参考までに、以前、掲載したブログで、「
社労士で食っていけるのか?」という記事を掲載していますので、こちらをご覧ください。

社労士試験に挑戦するかどうかの根幹となる部分でもありますので、不安は少しでも払しょくして学習に励んでいくようにしていただければと思います。