2020年向け社労士講座のご案内

2020年02月13日

過去問に関して、ご質問を頂戴しました。
ご質問の内容は、「受講していなくても過去問を購入できますか?」というものです。

回答は、「できます。」です。

東京本校又は大阪本校にお電話か訪問のうえ、お問い合わせください。
現時点で、過去問①労働法編、②労働保険編、③社会保険編、④年金編のうち、①~③が出来上がっています。
1冊1,100円となります。

せっかくですから、過去問の特長を記載しておきます。

現時点で過去問題集を利用されている方は、この機に、特長を活かした活用をしてください。


過去問表紙




左右ページの見開きに問題・解説が配置されており、学習しやすいよう様々な工夫がされています。
 
(Ⅰ)左ページの問題と右ページの解説が同じ行から始まりますので、問題を解いた後に、すぐに解説を読むことが可能です。

行がそろっていないと、左ページの問題文を読んだ後、問題番号を再度、確認してから右ページの解説の番号を追うことになり疲れてしまいます。

見開き



 
(Ⅱ)時間的に10年分全部をすぐにはできない場合には、段階を追って学習することが可能です。

(ⅰ)直近5年か否かを表記していますので、直近5年分だけを最初に解き、6年~10年前までの問題を後回しにすることが可能です。

(ⅱ)難易度設定を記載しています。
(基本問題=□□、応用問題=■□、発展問題=■■)
このことから、最初は基本問題だけに目を通し、力が付いてから応用、発展段階を追って学習できます。

(ⅲ)正解肢マークがあります。
※正しいもの探しであれば正しい肢が正解肢となり、誤っているもの探しであれば誤っている肢が正解肢となります。
時間の無い本試験直前期には、「正解肢の拾い読み」をすることができます。正解肢は、他の4つの肢よりも重要な意味を持つ場合が多いためです。


社労士_使い方


 
(Ⅲ)過去10年分の本試験問題が1肢ごとにほぼテキストと同じ並びで掲載されています。

(ⅰ)テキストとほぼ同じ並びですから、講義で受講した直後に、その範囲の箇所を過去問を開いて解くことが可能です。

(ⅱ)テキストに掲載されている箇所が、過去にどのくらい出題されているかがわかります。
したがって、狙われやすい箇所とそうでもない箇所がわかります

(ⅲ)本試験問題は、5年分や7年分では不十分です。
8年~10年前に出題された問題の焼き直しが出題されているケースが往々にして見受けられるからです。



⇒これらの工夫により、インプットにおいて過去問同時並行学習途中で投げ出さずに続けていくことが可能となります。

そして、最後にもうひとつ、大きな特長があります。


(Ⅳ)大きさはB5サイズで中央に印字されているため、余白が多く、書き込みや切り貼り等ができます

もし、あなたがテキストを読み込んでいくことがあまり得意でなく、過去問を中心に学習を組み立てたいときは、佐藤塾の過去問は余白が多いので書き込んだりして、自分なりの学習帳に仕上げることができます。

たとえば、このように
※詳しくは、ブログ「大学受験のセンター試験の世界史で満点をとった受験生の参考書 【やる気のスイッチ】」をご覧ください。

この記事で取り上げられているものは、テキストではなく、一問一答の問題集です。
したがって、過去問を台紙として、このように、作りこんでいくことも可能なわけです。

この場合のメリットは、出題されている箇所のみ、重点的に学習を行うことが可能となりますから、学習効率が高いという点です。

問題として出題されている箇所を確認したうえで、そこをベースに情報を加えていく形となりますから無駄がありません。


いろいろ自分なりの工夫をして、学習を積み重ねていってください。



2020年02月12日

年金法パックオビ


択一式の得点を引き上げたい方へ!

試験科目の約3分の1を占める年金科目が得意になれば、合格はかなり近づきます。
情報量の豊富なプレミアムテキストと理解重視型の佐藤としみ講師の講義が、“ 知識を得点に結びつけるメソッド ”をお伝えしていきます。



■構成
①国民年金法 2.5時間×6コマ (プレミアムテキスト付き)
②厚生年金保険法 2.5時間×6コマ (プレミアムテキスト付き)
 ※プレミアムテキストの特長はこちら

■開講日
・東京本校LIVE 3/8(日)
・東京本校ビデオブース 3/13(金)
・通信Web 3/18(水)配信開始
・通信DVD 3/16(月)発送開始

■料金(辰已価格)
・通学 46,400円
・通信Web 47,400円
・通信DVD 50,500円
・通信Web+DVD 52,600円


独学の方で、少しは予備校の学習に予算を割いてもいいという方の中で、択一式の得点を上げることが課題である方(令和元年の本試験択一式の得点状況が30点台の方)は、社会保険科目の中でも年金科目の得点を上げる必要がありますので、特にお薦めです。

というのも、年金科目は、国民年金法10問、厚生年金保険法10問の問題数があり、択一式試験全70問の約3割(正確にいうと28.6%)であり、問題量のウェートが高いことが挙げられます。
(たとえば、労基・労災・雇用の合計(7問+7問+7問=21問)でぴったり3割ですから、ほぼこの3科目の量の重みがあります。)

また、国民年金法10問、厚生年金保険法10問の合計得点が、13点以上から合格する人が多くなっています。
要するに、国年・厚年の得点は、ある意味、どれだけ必死に学習に取り組んできたかのバロメーターになっているともいえます。
※過去に国年、厚年の合計得点が11点という合格者もいましたが、その場合、労基・安衛が9~10点などという高得点を取っています。
※国年、厚年の合計得点が10点という方で合格できた人を知りません。
※もちろん、国年、厚年の合計得点が高得点であっても、合格できなかった(選択式で涙をのんだなどの理由で)人もいますが、択一式の総得点の合格ラインはおおよそ突破しています。

したがって、合格を勝ち取るためには、年金が得意であるといえるくらい、または、年金にかなり多くの時間を費やして学習したと自負できることが必要と考えられます。
やり過ぎたといえるくらいの勉強量でちょうどいいわけです。

がんばってください。



一般常識パックオビ



一般常識で泣かないために!

高得点を狙うよりも基準点を割らない工夫が必要な一般常識は、“ 広く浅く”押さえるべき箇所と、“ ある程度掘り下げて ” 学習すべき分野とのメリハリをつけることが大切です。
白書対策に定評のある佐藤としみ講師の講義と密度の高い教材で、一般常識のコツをつかんでみませんか。



■構成
①労働一般常識 2.5時間×4コマ (プレミアムテキスト付き)
②社会保険一般常識 2.5時間×4コマ (プレミアムテキスト付き)
③白書・統計数値対策講座 2.5時間×2コマ (テキスト付き)
 ※プレミアムテキストの特長はこちら

■社会保険一般常識の開講日
・東京本校LIVE 2/16(日)
・東京本校ビデオブース 2/21(金)
・通信Web 3/4(水)配信開始
・通信DVD 3/2(月)発送開始
※労働一般常識は、すぐに視聴できます。

■料金(辰已価格)
・通学 43,500円
・通信Web 45,000円
・通信DVD 49,800円
・通信Web+DVD 52,500円


独学の方で、少しは予備校の学習に予算を割いてもいいという方の中で、択一式は自分でなんとかなる方(令和元年の本試験択一式の得点状況がおおよそ45点以上の方)の最大の難関は、選択式となり、特に意識しなければならない科目は一般常識ということになりますので、そのような方に特にお薦めです。

気になる白書・統計数値は、定評ある佐藤塾の講義で底上げし、細かい労働統計が出題されてもおじけず対応できる思考力が身に付きます。

労働一般常識は、既に発売していますので、先に「労働契約法」や「労働組合法」の方を優先して片付けてしまってください。









2020年01月03日

社保パックタイトル



社労士試験の合格ラインをご存知ですか。
公表された過去の合格基準によれば、選択式・択一式とも科目最低点の補正(選択式での2点救済及び択一式での3点救済)が行われた回数を比較すると、労働科目に比べ、社会保険科目が圧倒的に多く、特に、直近10 年間においては、毎年何らかの社会保険科目で補正がなされています。つまり、受験生の多くは社会保険の得点状況が芳しくなく、反対にいえば、社会保険に強い受験生ほど、社労士試験では優位に立つことができるわけです。

社保パックカリキュラム図




~効率重視で攻めるなら、“捨てる”ことを恐れない~
本講座は、限られた学習時間を社会保険科目に多く割きたい方のための講座です。社会保障制度の原理・原則がわかれば、難解といわれる年金法でも十分高得点が見込めます。もちろん、労働科目についても、充実した当塾のテキストを使用した短時間の集中講義(主要3 科目トレーニング・マイナー科目総まとめ)で、重要論点を整理し知識のブラッシュアップを図ることが可能です。


〇主要3科目トレーニング
(労働基準法・労災保険法・雇用保険法)
択一式で高得点が望める労働基準法、労働保険徴収法に次いで条文数の少ない労災保険法、給付の種類は多いものの比較的出題傾向の安定している雇用保険法は、過去問対策と直前期の重要論点整理とで、効率重視の学習が可能となる科目です。本講座では、選択式にも対応できるよう“プレミアムテキスト”と“トレーニング・ノート”を用いた講義展開を行うことで、枝葉の部分は排除し、本試験に直結する論点のみをお伝えしていきます。

〇マイナー科目総まとめ
(労働安全衛生法・労働保険徴収法・労働一般常識)
択一式のみでの出題となる労働保険徴収法や、高得点を狙うよりも最低点を意識した学習が重視される労働安衛衛生法及び労働一般常識(法令分野)については、膨大な学習範囲の中から今年“くる”べき項目を徹底検証し、効果的な情報の絞り込みにより、無駄を省いた講義を展開していきます。特に労働一般常識は、近年は労働統計や白書分野からの出題が目立っているため、法令分野については的を絞った学習が不可欠となります。


佐藤塾lectureの使用教材

〇プレミアムテキスト4冊[健保・社一・国年・厚年] (本講座に付いています)
〇過去問③社会保険編、過去問④年金編 (別売り教材になります)

主要3科目トレーニング、マイナー科目総まとめの使用教材
〇プレミアムテキスト6冊[労基・労災・雇用・安衛・徴収・労一]  (本講座に付いています)



受講料

■通学
・辰已価格 134,000円 
・受験経験者価格 119,200円 
・過去パック生価格 112,500円

■通信Web
・辰已価格 137,000円 
・受験経験者価格 123,000円 
・過去パック生価格 115,000円

■通信DVD
・辰已価格 145,400円 
・受験経験者価格 129,500円 
・過去パック生価格 122,200円

■通信Web+DVD
・辰已価格 149,500円 
・受験経験者価格 133,300円 
・過去パック生価格 125,300円

※本講座は、佐藤塾講座レクチャー編の一部である「社会保険編(健保・社一)」「年金編(国年・厚年)」「労働法編のうち、労働一般常識科目の一部」と、主要6 科目選択式トレーニングの一部(労基・労災・雇用)を組み合わせたものに、さらに安衛法・徴収法の特別講座を追加したコースになります。
※佐藤塾lecture(社会保険編・年金編)の図中の数字はコマ数を表しています。1コマの時間は2時間30 分です。
※労働科目の講義時間は、労基、労災、雇用は3時間、徴収、労一は2時間、安衛法は1時間となります。



2020年01月02日

速修パック表題


社労士試験は範囲が広く、覚えることが膨大という印象がありますが、実は一つ一つの規定には「法則(ルール)」があり、その法則を知ってさえいれば、最小限の知識から推論によって正答を導き出すことは案外簡単です。
いたずらにおぼえる「量」を増やすのではなく、本物の「基礎力」を養成することで、難問にも十分対応できる力を身につけることが、本講座の目的です。


速修パックカリキュラム図

※労働法編・労働保険編(労災・雇用)については、既にLIVE 講義は終了しておりますので、通学の方はWeb又はビデオブースでの視聴をお願いします。通信の方は教材が一括発送されます。


~労働法・社会保障制度の原理・原則をつかむ~

1st.Lecture 労働法編
労働基準法・労働安全衛生法・労働一般常識
ファーストレクチャーでは、まず第1段階として、労働基準法をベースに、安全衛生法、最低賃金法などの「個別的労働関係法」を学び、次に雇用対策法を中心とする「労働市場法」、最後の仕上げとして「集団的労使関係法」へ発展していきます。この3段階を経ることによって、従来の学習では見えにくかった労働法の全体像を確認することができます。

2nd.Lecture 労働保険編
労災保険法・雇用保険法・労働保険徴収法
セカンドレクチャーでは、労働者保護規定の1つである「労災保険法」を中心に、まずは保険法の原理を学び、また、雇用政策の一環たる「雇用保険法」、社労士実務に最も直結する「労働保険徴収法」については、法律論から離れた実務的視点での学習を行なうことによって、合格後の社労士業務の役割をつかむことができます。


3rd.Lecture 社会保険編
健康保険法・社会保険一般常識
サードレクチャーでは、社会保障法のうち、医療保険制度を学習していきます。健康保険法を中心とする被用者医療制度と国民健康保険とのかかわり、さらに後期高齢者医療制度への流れを確実に押さえることによって、我が国の医療制度の現状、そして問題点が必然的にクローズアップされ、選択式対策への有効な足がかりとなります。


4th.Lecture 年金編
国民年金法・厚生年金保険法
ファイナルレクチャーは、最後の、そして最大の難関たる年金2法の攻略です。本講座では、歴史的背景を重視し、旧法から新法への改正の流れを見極めることで、難解といわれる「経過措置」の攻略法を伝授します。年金制度の法則をつかむことによって、初見の問題にも対応できる応用力が身につきます。



佐藤塾lectureの使用教材

〇プレミアムテキスト全10冊[労基・安衛・労一・労災・雇用・徴収・健保・社一・国年・厚年] (本講座に付いています)
〇過去10年分問題集①労働法編、②労働保険編、③社会保険編、④年金編 (別売り教材になります)



受講料

■通学
・辰已価格 174,000円 
・受験経験者価格 154,800円
・過去パック生価格 146,100円

■通信Web
・辰已価格 178,000円 
・受験経験者価格 160,000円 
・過去パック生価格 149,000円

■通信DVD
・辰已価格 190,200円 
・受験経験者価格 169,300円 
・過去パック生価格 159,800円

■通信Web+DVD
・辰已価格 196,500円 
・受験経験者価格 175,000円 
・過去パック生価格 165,000円