「平成30年版労働経済白書」読み解き

2019年04月07日

「平成30年版労働経済白書」読み解き12「主体的なキャリア形成に向けた自己啓発の効果と課題」の練習問題です。

「平成30年版労働経済白書」読み解きの主旨については、1月20日の佐藤塾ブログの『
『「平成30年版労働経済白書」読み解き』 開始のお知らせ』をご覧ください。


〔問〕主体的なキャリア形成に向けた自己啓発の効果と課題に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、本問においては「平成30年版労働経済白書」を参照している。

A 自己啓発を実施している者と実施していない者の両面から自己啓発の課題をみると、自己啓発実施者は、男女ともに「仕事が忙しくて自己啓発の余裕がない」が最も高い。

B 自己啓発を実施している者と実施していない者の両面から自己啓発の課題をみると、自己啓発実施者は、男性では「費用がかかりすぎる」、女性では「家事・育児が忙しくて自己啓発の余裕がない」が「仕事が忙しくて自己啓発の余裕がない」に次いで高い水準にある。

C 自己啓発を実施している者と実施していない者の両面から自己啓発の課題をみると、非実施者は、仕事の忙しさの他に「自分の目指すべきキャリアがわからない」「どのようなコースが自分の目指すキャリアに適切なのかわからない」が約2割となっている。

D 雇用者の就業時間別の自己啓発の実施状況をみると、週の就業時間が長い者ほど、自己啓発実施率は低くなっている。

E 自己啓発実施者の1日当たりの自己啓発実施時間をみると、就業時間が長い者ほど、1日の自己啓発を行う平均時間が短くなっている。





-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



D



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A 〇 (平成30年版労働経済白書) 本肢のとおりである。

B 〇 (平成30年版労働経済白書) 本肢のとおりである。

C 〇 (平成30年版労働経済白書) 本肢のとおりである。

D ☓ (平成30年版労働経済白書) 雇用者の就業時間別の自己啓発の実施状況をみると、週の就業時間にかかわらず自己啓発実施率は4割弱程度で、大きな違いがみられない。

E 〇 (平成30年版労働経済白書) 本肢のとおりである。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・平成30年版労働経済白書から、主体的なキャリア形成に向けた自己啓発の効果と課題に関する問題です。労働生産性を高めていくためにも、労働者個々人の自己啓発を行っていくことは重要です。仕事が終わって帰宅後に自己啓発を行う人が多い中で、長時間労働は、自己啓発の実施に向けた十分な時間の確保を困難にしていることがうかがえます。




これで「平成30年版労働経済白書の読み解き」は終了です。
分厚い労働経済白書に記載された文章の中から、重要だと思われる箇所を抜粋して取り上げてきました。

労働経済白書は、政府が現在、推進していることに関する現状や推移、成果が記載されているものですから、繰り返し問題を解いてみたり、文面を読み返しておきましょう。

全部で12箇所の抜粋ですので、これで万全という訳にはいかないかもしれませんが、主要と思われる項目は取り上げていますので、本試験で出題された際には何らかのヒントになるはずです。

がんばってください。
今までお読みいただき、ありがとうございました。




2019年04月06日

「平成30年版労働経済白書」読み解き12を始めます。

「平成30年版労働経済白書」読み解きの主旨については、1月20日の佐藤塾ブログの『
『「平成30年版労働経済白書」読み解き』 開始のお知らせ』をご覧ください。

12.主体的なキャリア形成に向けた自己啓発の効果と課題

● 自己啓発を実施する上で時間の確保が困難なことが最も大きな課題となっている

自己啓発を実施している者と実施していない者の両面から自己啓発の課題をみると、自己啓発実施者男女ともに「仕事が忙しくて自己啓発の余裕がない」が4割以上と最も高く、男性では「費用がかかりすぎる」、女性では「家事・育児が忙しくて自己啓発の余裕がない」が次いで高い水準にある。

一方、非実施者に着目すると、仕事の忙しさの他に「自分の目指すべきキャリアがわからない」「どのようなコースが自分の目指すキャリアに適切なのかわからない」が約2割となっている。


●自己啓発実施率は就業時間で変わらないが、実施時間は長時間労働者ほど短い

雇用者の就業時間別の自己啓発の実施状況をみると、週の就業時間にかかわらず自己啓発実施率は4割弱程度で、大きな違いがみられないものの、自己啓発実施者の1日当たりの自己啓発実施時間をみると、就業時間が長い者ほど、1日の平均時間が短くなっている

仕事が終わって帰宅後に自己啓発を行う人が多い中で、長時間労働は、自己啓発の実施に向けた十分な時間の確保を困難にしていることがうかがえる。



お疲れ様でした。
自己啓発をしたいものの、時間が無いことが大きな要因であることがわかります。


次回(明日)は、この部分の練習問題で、平成30年版労働経済白書の最終回になります。
次回もがんばりましょう。



2019年03月31日

「平成30年版労働経済白書」読み解き11「転職に関する満足度や状況」の練習問題です。

「平成30年版労働経済白書」読み解きの主旨については、1月20日の佐藤塾ブログの『
『「平成30年版労働経済白書」読み解き』 開始のお知らせ』をご覧ください。


〔問〕 転職に関する満足度や状況に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、本問においては「平成30年版労働経済白書」を参照している。

A 雇用形態別に、就業者全体と転職者における職業生活全体の満足度をみると、「満足している」と回答した者の割合は、正社員と非正社員のいずれの雇用形態においても、就業者全体よりも転職者の方が高い。

B 性別や年齢別に正社員の職業生活全体の満足度の状況をみると、男女ともに、「15~24歳」「25~34歳」の若年層において「満足している」と回答した者の割合が相対的に高い。

C 性別や年齢別に正社員の職業生活全体の満足度の状況をみると、「不満である」と回答した者の割合は、加齢とともに上昇していく傾向にあり、男女ともに「45~54歳」で不満を感じる者が相対的に多い。

D 転職前後の雇用形態別に転職準備活動の状況をみると、いずれの雇用形態においても「何もしていない」の割合が最も高い水準となっており、正社員間の転職者であっても9割を超えている。

E 正社員間の転職者では、「何もしていない」に次いで、「産業・職業に関する情報等の収集をした」が20.2%、「資格、知識等を取得するため、学校や通信教育等で勉強した等」が13.6%、「キャリアコンサルティングを受けた」が5.8%となっている。





-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



D



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A 〇 (平成30年版労働経済白書) 本肢のとおりである。

B 〇 (平成30年版労働経済白書) 本肢のとおりである。

C 〇 (平成30年版労働経済白書) 本肢のとおりである。

D ☓ (平成30年版労働経済白書) 転職前後の雇用形態別に転職準備活動の状況をみると、いずれの雇用形態においても「何もしていない」の割合が最も高い水準となっており、正社員間の転職者であっても「60.1%」となっている。

E 〇 (平成30年版労働経済白書) 本肢のとおりである。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・平成30年版労働経済白書から、転職に関する満足度や状況に関する問題です。目を通していないと正誤判断が難しい問題といえます。



次回もがんばりましょう。




2019年03月30日

「平成30年版労働経済白書」読み解き11を始めます。

「平成30年版労働経済白書」読み解きの主旨については、1月20日の佐藤塾ブログの『
『「平成30年版労働経済白書」読み解き』 開始のお知らせ』をご覧ください。

11.転職に関する満足度や状況

●転職者の現在の職場における職業生活全体の満足度

雇用形態別に、就業者全体と転職者における職業生活全体の満足度をみると、「満足している」と回答した者の割合は、正社員と非正社員のいずれの雇用形態においても、就業者全体よりも転職者の方が高い

性別や年齢別に正社員の職業生活全体の満足度の状況をみると、男女ともに、「15~24歳」「25~34歳」の若年層において「満足している」と回答した者の割合が相対的に

一方で、「不満である」と回答した者の割合は、加齢とともに上昇していく傾向にあり、男女ともに「45~54歳」で不満を感じる者が相対的に多い。


●転職準備活動は「何もしていない」との回答が多い

転職前後の雇用形態別に転職準備活動の状況をみると、いずれの雇用形態においても「何もしていない」の割合が最も高い水準となっており、正社員間の転職者であっても60.1%となっている。

正社員間の転職者では、これに次いで、「産業・職業に関する情報等の収集をした」が20.2%、「資格、知識等を取得するため、学校や通信教育等で勉強した等」が13.6%、「キャリアコンサルティングを受けた」が5.8%となっている。



お疲れ様でした。
転職者の方が満足度が高いことや、若年者の方が満足している傾向にあることなどや、転職準備活動は何もしていない人が多いことなど、我が国の転職の実態がここでは浮き彫りになっています。
次回は、この部分の練習問題です。



2019年03月24日

「平成30年版労働経済白書」読み解き10「「きめ細かな雇用管理」を担う管理職の育成に向けた課題」の練習問題です。

「平成30年版労働経済白書」読み解きの主旨については、1月20日の佐藤塾ブログの『
『「平成30年版労働経済白書」読み解き』 開始のお知らせ』をご覧ください。


〔問〕 「きめ細かな雇用管理」を担う管理職の育成に向けた課題に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、本問においては「平成30年版労働経済白書」を参照している。

A 3年前と比較した職場の状況の変化として、管理職が挙げている項目をみると、「職場の人数が減少している」が最も多く挙げられており、2010年の調査開始以来、過去最高の水準となった。

B 3年前と比較した職場の状況の変化として、「労働時間・場所に制約がある社員が増加している」「メンバーの業務分担の偏りが大きくなっている」「メンタル不調を訴える社員が増加している」「外国人社員が増加している」は、職場の状況の変化として挙げられることが増えている状況にある。

C 管理職の悩みとして挙がっている項目をみると、「部下がなかなか育たない」が最も多く挙げられており、次いで、「部下の人事評価が難しい」「職場の又は自分の業務量が多すぎる」が多く挙がっている。

D 企業が管理職の登用・育成に当たって感じている課題(全企業の状況)をみると、「管理職候補者の能力・資質にムラがある」が最も多く挙げられている。

E 企業が管理職の登用・育成に当たって感じている課題(全企業の状況)の中で、管理職の業務負担の増加は、管理職に就くことを希望しない若年者の増加につながるものと考えられ、管理職の業務負担の見直しに積極的に取り組んでいくことが重要である。





-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



A



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A ☓  (平成30年版労働経済白書) 3年前と比較した職場の状況の変化として、管理職が挙げている項目をみると、「業務量が増加している」が最も多く挙げられており、2010年の調査開始以来、過去最高の水準となった。次いで、「成果に対するプレッシャーが強まっている」「コンプライアンスのために制約が厳しくなっている」「職場の人数が減少している」が多く挙げられている。

B 〇 (平成30年版労働経済白書) 本肢のとおりである。

C 〇 (平成30年版労働経済白書) 本肢のとおりである。

D 〇 (平成30年版労働経済白書) 本肢のとおりである。

E 〇 (平成30年版労働経済白書) 本肢のとおりである。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・平成30年版労働経済白書から、「きめ細かな雇用管理」を担う管理職の育成に向けた課題に関する問題です。Bにあるように、労働時間・場所に制約がある社員や外国人社員が増加する中で、どうしてもメンバー間の業務分担の偏りが大きくなってしまい、メンタル不調を訴える社員が増加している状況が読み取れます。今まで以上に管理職に求められる能力や業務範囲が広がってきているといえそうです。



次回もがんばりましょう。