2019年向け社労士講座のご案内

2019年01月05日

社会保険パック表題


社労士試験の合格ラインをご存知ですか。
公表された過去の合格基準によれば、選択式・択一式とも科目最低点の補正(選択式での2点救済及び択一式での3点救済)が行われた回数を比較すると、労働科目に比べ、社会保険科目が圧倒的に多く、特に、直近10 年間においては、毎年何らかの社会保険科目で補正がなされています。つまり、受験生の多くは社会保険の得点状況が芳しくなく、反対にいえば、社会保険に強い受験生ほど、社労士試験では優位に立つことができるわけです。


社保パックカリキュラム図


~効率重視で攻めるなら、“捨てる”ことを恐れない~
本講座は、限られた学習時間を社会保険科目に多く割きたい方のための講座です。社会保障制度の原理・原則がわかれば、難解といわれる年金法でも十分高得点が見込めます。もちろん、労働科目についても、充実した当塾のテキストを使用した短時間の集中講義(主要3 科目トレーニング・マイナー科目総まとめ)で、重要論点を整理し知識のブラッシュアップを図ることが可能です。


〇主要3科目トレーニング
(労働基準法・労災保険法・雇用保険法)
択一式で高得点が望める労働基準法、労働保険徴収法に次いで条文数の少ない労災保険法、給付の種類は多いものの比較的出題傾向の安定している雇用保険法は、過去問対策と直前期の重要論点整理とで、効率重視の学習が可能となる科目です。本講座では、選択式にも対応できるよう“プレミアムテキスト”と“トレーニング・ノート”を用いた講義展開を行うことで、枝葉の部分は排除し、本試験に直結する論点のみをお伝えしていきます。

〇マイナー科目総まとめ
(労働安全衛生法・労働保険徴収法・労働一般常識)
択一式のみでの出題となる労働保険徴収法や、高得点を狙うよりも最低点を意識した学習が重視される労働安衛衛生法及び労働一般常識(法令分野)については、膨大な学習範囲の中から今年“くる”べき項目を徹底検証し、効果的な情報の絞り込みにより、無駄を省いた講義を展開していきます。特に労働一般常識は、近年は労働統計や白書分野からの出題が目立っているため、法令分野については的を絞った学習が不可欠となります。


佐藤塾lectureの使用教材

〇プレミアムテキスト4冊[健保・社一・国年・厚年] (本講座に付いています)
〇過去問③社会保険編、過去問④年金編 (別売り教材になります)

主要3科目トレーニング、マイナー科目総まとめの使用教材
〇プレミアムテキスト6冊[労基・労災・雇用・安衛・徴収・労一]  (本講座に付いています)



受講料

社保パック受講料



※本講座は、佐藤塾講座レクチャー編の一部である「社会保険編(健保・社一)」「年金編(国年・厚年)」「労働法編のうち、労働一般常識科目の一部」と、主要6 科目選択式トレーニングの一部(労基・労災・雇用)を組み合わせたものに、さらに安衛法・徴収法の特別講座を追加したコースになります。
※佐藤塾lecture(社会保険編・年金編)の図中の数字はコマ数を表しています。1コマの時間は2時間30 分です。
※労働科目の講義時間は、労基、労災、雇用は3時間、徴収、労一は2時間、安衛法は1時間となります。


社保パックの講座の特長等のご説明は、2019社労士受験対策講座「佐藤塾」新講座ガイダンス『7か月合格法』~合格基準を超えるための7つの法則~で、行います。
ご興味のある方は、お集まりください。



2018年10月28日

みなさん、こんにちは。
佐藤としみです。

11月3日(土)は大阪本校で、4日(日)には東京本校において、無料体験を実施いたします。

科目は、労働一般常識①(10:30~13:00)となります。
労働一般常識①では、試験で手ごわい「派遣法」が範囲に入っていますので勉強になるはずです。

大阪本校の担当講師は、実務に精通し、選択式を意識した講義で定評のある木田麻弥講師です。
姉御肌でとっても面倒見のいい先生ですから、いろいろ相談したりして頼ってください。

木田麻弥講師写真


そして、東京本校は、私、佐藤としみが担当します。
労一はボリュームが多いので、かなりのスピードでこなしますから、集中してついてきてくださいね。

佐藤としみ講師写真


どのような講義なのか、どんなテキストを使用するのかなど、わからない方は、ぜひ参加してみてください。
予備校を活用しようか、独学でいこうか、迷っている方も、講義を聴きに来てください。
予約は不要ですので、当日、直接、お越しください。
(2019年試験向けの労基法又は安衛法のいずれかの無料体験に参加された方は対象外となります。)

テキストは、中綴じのものをお渡しいたしますので、労働一般常識①の範囲の部分はお持ち帰りしていただいて構いません。

講義を受講しようと決めていなくても、試しにどんなものか、視聴するだけでもいいので、来てください。
少なくとも勉強になりますし、きっと有意義な時間になることでしょう。


それでは、お待ちしています!!






2018年09月26日

みなさん、こんにちは。
佐藤としみです。

来年、社労士試験を受験しようと考えている方は、そろそろ開始の時期になってきました。
来年へ向けて、どのような学習計画を立てていますか?

資格の学校を利用して学習を進めていこうと思っている方は、大手の学校だけでなく、ぜひ佐藤塾も候補に入れてくださいね。

社会保険労務士講座「佐藤塾」の開講が近くなりました。

9月30日(日)は、東京本校のLIVE講義の初日となります。
10:30~13:00に労働基準法①を行います。
無料体験を行いますので、迷っている方はぜひお越しください。
予約は不要ですから、当日の朝、突然いらっしゃってもOKです。
当然、無料です。

また、9月30日(日)に都合が付かない方は、10月7日(日)の14:00~16:30にお越しください。
労働基準法②のLIVE講義を行います。

なお、10月7日(日)10:30~13:00にも労働基準法①の講義がありますが、この講義は9月30日(日)分の講義を教室で放映するものとなり、無料体験の対象ではありません。

労働基準法①か②のLIVE講義のどちらかをご視聴いただき、講座受講をお考えください。
私、佐藤としみが担当いたします。


大阪本校では、10月6日(土)から開講です。
労働基準法①を10:30~13:00に、労働基準法②を14:00~16:30に行います。

大阪本校では、労働基準法①②が同じ日に行われるため、特別に労働基準法①②の両方を無料体験できます。
なお、大阪本校を担当する講師は、実務に精通し、選択式を意識した講義で定評のある木田麻弥講師です。


今回、労働基準法①②の講義を開講するにあたり、過去問題集はまだ販売していませんので、該当範囲の過去問題集①労働法編の範囲の過去問題集は、中綴じ冊子でお渡しします。


どのような講義なのか、どんなテキストを使用するのか、わからない方は無料体験を実施していますので、ぜひ参加してみてくださいね。
テキストは、中綴じのものをお渡しいたしますので、講義で配布した冊子はお持ち帰りしていただいて構いません。

講義を受講しようと決めていなくても、試しにどんなものか、視聴するだけでもいいので、来てくださいね。
少なくとも勉強になりますし、きっと有意義な時間になることでしょう。

それでは、お待ちしています!!



2018年09月05日

フルパック☆プラス通信部(Web・DVD)については、教育訓練給付が利用できます。


■ 支給額
一定の雇用保険被保険者期間を経過した方で、一定の手続きを踏まえると、受講料の20%が、ハローワークから支給されます。


【講座申込から支給までの流れ】


1.支給要件を確認
一般的に雇用保険被保険者期間3年以上(初めて利用する場合は1年以上)で利用可能です。支給要件に該当するかどうかは、あらかじめハローワークで確認しておいてください。


2.『佐藤塾』講座申込
フルパック☆プラス通信部(Web又はDVD)をお申込みいただく際、教育訓練給付制度を利用したいことをお申し出ください。「利用申請書」をご記入いただきます(身分証明書が必要)。


3.『佐藤塾』講座受講
講座終了1ヵ月前位に、「教育訓練給付終了確認テスト」(択一式20問程度)を実施いたします。ご自宅にご郵送いたしますので、期日までに返信してください。7割以上正解することが要件です。


4.『佐藤塾』講座受講終了
終了要件を満たした方には、受講終了後、「教育訓練終了証明書」を発行(ご自宅へご郵送)いたします。(お預かりしている領収証も同封いたします。)


5.ハローワークで申請
「教育訓練終了証明書」等の必要書類を終了日から1ヵ月以内に、本人の住所を管轄するハローワークに提出し、給付金支給の申請を行います。


6.給付金支給
支給申請後に、受講料の20%が支給されます。




2018年09月02日

フルパック☆プラス


講座の構成としては、
①Lecture(レクチャー)編
②Practice(プラクティス)編
③直前対策編
に分かれています。


佐藤塾の一番お薦めの講座がこの「フルパック☆プラス」になり、次のような方が対象です。
①今年の本試験の択一式の得点より、あと10点伸ばしたい方
②基本からじっくり地道に学習をしていきたい方
③最近、記憶力に自信が無いと思われている方

得点状況でいうと、2018年本試験で、択一式の総得点がおおよそ45点以下の方で、なんとしてでも択一式の得点アップを目指したい人向けです。


各講座の詳細や料金に関しましては、ホームページパンフレット等でご確認ください。

無料体験を実施いたします。
どのような講義か、どのようなテキストなのか、お知りになりたい方は、まず無料体験で実際に講義を受講してみてください。