雇用

2020年11月05日

「ランチタイム・スタディ 2020本試験」の第36問です。

36問目は、択一式の雇用保険法です。

正答率70%の問題です。



<問題( 択一式 雇用 問2 )>

〔問〕 失業の認定に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A 受給資格者の住居所を管轄する公共職業安定所以外の公共職業安定所が行う職業相談を受けたことは、求職活動実績として認められる。

B 基本手当の受給資格者が求職活動等やむを得ない理由により公共職業安定所に出頭することができない場合、失業の認定を代理人に委任することができる。

C 自営の開業に先行する準備行為に専念する者については、労働の意思を有するものとして取り扱われる。

D 雇用保険の被保険者となり得ない短時間就労を希望する者であっても、労働の意思を有すると推定される。

E 認定対象期間において一の求人に係る筆記試験と採用面接が別日程で行われた場合、求人への応募が2回あったものと認められる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



A
   


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A 〇 (法15条5項、行政手引51254) 本肢のとおりである。


B × (法15条3項、行政手引51252) 失業の認定は、受給資格者本人の求職の申込みによって行われるものであるから、(未支給失業等給付に係る失業の認定を除き)失業の認定を代理人に「委任することはできない」。

C × (法15条5項、行政手引51254) 内職、自営及び任意的な就労等の非雇用労働へ就くことのみを希望している者については、労働の意思を有する者として扱うことはできないため、本肢の者についても、労働の意思を有するものとして取り扱われない。ただし、求職活動と並行して創業の準備・検討を行う場合にあっては、その者が自営の準備に専念するものではなく、安定所の職業紹介に応じられる場合には、労働の意思を有する者と扱うことが可能である。

D × (法15条5項、行政手引51254) 求職条件として短時間就労を希望する者については、雇用保険の被保険者となり得る求職条件を希望する者に限り、労働の意思を有すると推定される。

E × (法15条5項、行政手引51254) 本肢の場合は1回とされる。書類選考、筆記試験、採用面接等が一の求人に係る一連の選考過程である場合には、そのいずれまでを受けたかにかかわらず、一の応募として取り扱うとされている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の雇用保険法の問2は、すべての肢が行政手引からの出題でした。正誤を判断しやすい内容であったことや、問題文が短いこともあり、比較的、取り組みやすい問題だったといえます。



明日もがんばりましょう。




2020年10月30日

「ランチタイム・スタディ 2020本試験」の第30問です。

30問目は、択一式の雇用保険法です。

正答率73%の問題です。



<問題( 択一式 雇用 問5 )>

〔問〕 給付制限に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A 日雇労働被保険者が公共職業安定所の紹介した業務に就くことを拒否した場合において、当該業務に係る事業所が同盟罷業又は作業所閉鎖の行われている事業所である場合、日雇労働求職者給付金の給付制限を受けない。

B 不正な行為により基本手当の支給を受けようとしたことを理由として基本手当の支給停止処分を受けた場合であっても、その後再就職し新たに受給資格を取得したときには、当該新たに取得した受給資格に基づく基本手当を受けることができる。

C 公共職業安定所長の指示した公共職業訓練等を受けることを拒んだことにより基本手当の支給停止処分を受けた受給資格者が、当該給付制限期間中に早期に就業を開始する場合には、他の要件を満たす限り就業手当を受けることができる。

D 不正な行為により育児休業給付金の支給を受けたとして育児休業給付金に係る支給停止処分を受けた受給資格者は、新たに育児休業給付金の支給要件を満たしたとしても、新たな受給資格に係る育児休業給付金を受けることができない。

E 偽りその他不正の行為により高年齢雇用継続基本給付金の給付制限を受けた者は、当該被保険者がその後離職した場合に当初の不正の行為を理由とした基本手当の給付制限を受けない。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



D
   


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A 〇 (法52条1項) 本肢のとおりである。争議中の事業所など、職業安定法20条の規定に該当する事業所に紹介されたときは、給付制限を受けないものとされている。

B 〇 (法34条2項) 本肢のとおりである。本肢の支給停止処分は、新たな受給資格に基づく基本手当には及ばないこととされている。

C 〇 (法56条の3第1項、行政手引57003) 本肢のとおりである。法32条又は法33条の給付制限期間中の受給資格者は、早期に就業を開始することにより、給付制限期間中であっても就業手当を受給できる。なお、就業手当受給後、当該給付制限期間中に再び離職した場合であっても給付制限が解除されるわけではないので、就業していない日について、当該給付制限期間中は基本手当の支給は行わない。

D × (法61条の8第2項) 不正な行為により育児休業給付金の支給を受けたとして育児休業給付金に係る支給停止処分を受けた受給資格者であっても、新たに育児休業を開始し、育児休業給付金の支給を受けることができる者となった場合には、当該休業に係る育児休業給付金が「支給される」。

E 〇 (法61条の3) 本肢のとおりである。偽りその他不正の行為により高年齢雇用継続基本給付金の支給を受け、又は受けようとした者には、当該給付の支給を受け、又は受けようとした日以後、高年齢雇用継続基本給付金は支給されないが、当該被保険者がその後離職した場合における基本手当の支給については、給付制限は行われない。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の雇用保険法の問5は、給付制限に関する問題でした。AとBは正しいことがわかったとしても、Cの難易度が高かったように思われますので、C~Eで判断に迷った方がいることと思われます。



明日もがんばりましょう。




2020年10月28日

「ランチタイム・スタディ 2020本試験」の第28問です。

28問目は、択一式の雇用保険法です。

正答率74%の問題です。



<問題( 択一式 雇用 問4 )>

〔問〕 傷病手当に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A 疾病又は負傷のため職業に就くことができない状態が当該受給資格に係る離職前から継続している場合には、他の要件を満たす限り傷病手当が支給される。

B 有効な求職の申込みを行った後において当該求職の申込みの取消し又は撤回を行い、その後において疾病又は負傷のため職業に就くことができない状態となった場合、他の要件を満たす限り傷病手当が支給される。

C つわり又は切迫流産(医学的に疾病と認められるものに限る。)のため職業に就くことができない場合には、その原因となる妊娠(受胎)の日が求職申込みの日前であっても、当該つわり又は切迫流産が求職申込後に生じたときには、傷病手当が支給されない。

D 訓練延長給付に係る基本手当を受給中の受給資格者が疾病又は負傷のため公共職業訓練等を受けることができなくなった場合、傷病手当が支給される。

E 求職の申込みの時点においては疾病又は負傷にもかかわらず職業に就くことができる状態にあった者が、その後疾病又は負傷のため職業に就くことができない状態になった場合は、他の要件を満たす限り傷病手当が支給される。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



E
   


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A × (法37条1項、行政手引53002) 疾病又は負傷のため職業に就くことができない状態が、当該受給資格に係る離職前から継続している場合は、傷病手当の支給対象とはならない。

B × (法37条1項、行政手引53002) 有効な求職の申込みを行った後において、当該求職の申込みの取消し又は撤回を行い、その後において疾病又は負傷のため職業に就くことができない状態となった場合には、傷病手当を支給することはできない。

C × (法37条1項、行政手引53002) つわり又は切迫流産(医学的に疾病と認められるものに限る。)のため職業に就くことができない場合には、その原因となる妊娠(受胎)の日が求職申込みの日前であっても、当該つわり又は切迫流産が求職申込後に生じた場合には、傷病手当を支給され得る。

D × (法37条4項、行政手引53004) 延長給付に係る基本手当を受給中の受給資格者については、傷病手当は支給されない。

E 〇 (法37条1項、行政手引53002) 本肢のとおりである。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の雇用保険法の問4は、傷病手当に関する問題でした。手引からの出題で、やや難易度が高い問題でしたが、傷病手当の学習は、基本手当と共に重要箇所ともいえますので、目が行き届いていた方が多かったように思われます。



明日もがんばりましょう。




2020年10月22日

「ランチタイム・スタディ」の第22問です。

22問目は、選択式の雇用保険法です。

正答率81&78%の問題です。

※選択式厚年A=81%、B=78%(Aは正答率がBより高いものの同じカテゴリーですので、Bの正答率に合わせここで掲載しています。)


<問題( 選択式 雇用 AB )>

雇用保険法の適用について、1週間の所定労働時間が A であり、同一の事業主の適用事業に継続して B 雇用されることが見込まれる場合には、同法第6条第3号に規定する季節的に雇用される者、同条第4号に規定する学生又は生徒、同条第5号に規定する船員、同条第6号に規定する国、都道府県、市町村その他これらに準ずるものの事業に雇用される者を除き、パートタイマー、アルバイト、嘱託、契約社員、派遣労働者等の呼称や雇用形態の如何にかかわらず被保険者となる。




step1 選択肢を見ない状態で、答を紙に書いてみてください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 次の選択肢の中から答を選んでください。


Aの選択肢
⑨ 20時間以上  ⑩ 21時間以上  
⑪ 30時間以上  ⑫ 31時間以上

Bの選択肢
⑬ 28日以上  ⑭ 29日以上  
⑮ 30日以上  ⑯ 31日以上




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 正解は・・・



A → ⑨ 20時間以上 (法6条1号)

B → ⑯ 31日以上 (法6条2号)



   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step4 コメント


・選択式の雇用保険法のA及びBは、雇用保険法の適用除外からの出題でした。基本中の基本ともいえる箇所でもあり、多くの方が正解できていました。



明日もがんばりましょう。




2020年10月14日

「ランチタイム・スタディ 2020本試験」の第14問です。

14問目は、択一式の雇用保険法です。

正答率82%の問題です。



<問題( 択一式 雇用 問1 )>

〔問〕 被保険者資格の得喪と届出に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A 法人(法人でない労働保険事務組合を含む。)の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関して、雇用保険法第7条に規定する届出の義務に違反する行為をしたときは、その法人又は人に対して罰金刑を科すが、行為者を罰することはない。

B 公共職業安定所長は、雇用保険被保険者資格喪失届の提出があった場合において、被保険者でなくなったことの事実がないと認めるときは、その旨につき当該届出をした事業主に通知しなければならないが、被保険者でなくなったことの事実がないと認められた者に対しては通知しないことができる。

C 雇用保険の被保険者が国、都道府県、市町村その他これらに準ずるものの事業に雇用される者のうち、離職した場合に、他の法令、条例、規則等に基づいて支給を受けるべき諸給与の内容が法の規定する求職者給付及び就職促進給付の内容を超えると認められるものであって雇用保険法施行規則第4条に定めるものに該当するに至ったときは、その日の属する月の翌月の初日から雇用保険の被保険者資格を喪失する。

D 適用事業に雇用された者で、雇用保険法第6条に定める適用除外に該当しないものは、雇用契約の成立日ではなく、雇用関係に入った最初の日に被保険者資格を取得する。

E 暫定任意適用事業の事業主がその事業について任意加入の認可を受けたときは、その事業に雇用される者は、当該認可の申請がなされた日に被保険者資格を取得する。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



D
   


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A × (法83条、法86条) 法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、雇用保険法第7条に規定する届出の義務に違反する行為をしたときは、「行為者を罰する」ものとされている。なお、両罰規定により、その法人又は人に対しても罰金刑を科する。

B × (則11条) 「公共職業安定所長は、資格取得届又は資格喪失届の提出があった場合において、被保険者となったこと又は被保険者でなくなったことの事実がないと認めるときは、その旨を、被保険者となったこと又は被保険者でなくなったことの事実がないと認められた者及び当該届出をした事業主に通知しなければならない」とされている。したがって、被保険者でなくなったことの事実がないと認められた者に対しても、通知しなければならない。

C × (法6条6号、手引20604) 雇用保険の被保険者が法6条6号(国、都道府県、市町村その他これらに準ずるものの事業に雇用される者のうち、離職した場合に、他の法令、条例、規則等に基づいて支給を受けるべき諸給与の内容が法の規定する失業給付の内容を超えると認められるものであって則4条に定めるもの)に該当するに至った場合は、その日から雇用保険の被保険者とされない。したがって、「その日の属する月の翌月の初日」ではなく「その日」に、雇用保険の被保険者資格を喪失したものとされる。

D 〇 (法4条1項、手引20551) 本肢のとおりである。

E × (法4条1項、手引20556) 暫定任意適用事業の事業主がその事業について任意加入の認可を受けたときは、その事業に雇用される者は、「認可があった日」に被保険者資格を取得する。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の雇用保険法の問1は、被保険者資格の得喪と届出に関する問題でした。どの肢も、基本事項でしたので、比較的、正誤判断は容易だったと思われます。



明日もがんばりましょう。