厚年

2017年11月16日

「ランチタイム・スタディ」の第32問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、32問目は、択一式の厚生年金保険法です。

正答率74%の問題です。



<問題( 択一式 厚年 問9 )>

〔問〕 厚生年金保険法に関する次のアからオの記述のうち、正しいものの組合せは、後記AからEまでのうちどれか。

ア 子の有する遺族厚生年金の受給権は、その子が母と再婚した夫の養子となったときは消滅する。

イ 2以上の種別の被保険者であった期間を有する者に係る障害厚生年金の額は、初診日における被保険者の種別に係る被保険者期間のみが計算の基礎とされる。

ウ 厚生労働大臣は、被保険者の資格、標準報酬、保険料又は保険給付に関する決定に関し、必要があると認めるときは、当該職員をして事業所に立ち入って関係者に質問し、若しくは帳簿、書類その他の物件を検査させることができるが、この規定は第2号厚生年金被保険者、第3号厚生年金被保険者又は第4号厚生年金被保険者及びこれらの者に係る事業主については適用されない。

エ 2以上の種別の被保険者であった期間を有する者の老齢厚生年金の額の計算においては、その者の2以上の被保険者の種別に係る期間を合算して1の期間に係る被保険者期間のみを有するものとみなして平均標準報酬額を算出する。

オ 未支給の保険給付を受けるべき同順位者が2人以上あるときは、その1人のした請求は、全員のためその全額につきしたものとみなされ、その1人に対してした支給は、全員に対してしたものとみなされる。

A(アとイ)   B(アとエ)   C(イとオ)
D(ウとエ)   E(ウとオ)



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



E
   


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

ア ☓ (法63条1項3号) 本肢の場合は、子が母と再婚した夫の養子となったときは、直系姻族の養子となった場合に該当するため、遺族厚生年金の受給権は消滅しない。

イ ☓ (法78条の30) 2以上の種別の被保険者であった期間を有する者に係る障害厚生年金の額については、その者の2以上の被保険者の種別に係る被保険者であった期間を合算し、一の期間に係る被保険者期間のみを有するものとみなして、障害厚生年金の額が計算される。

ウ 〇 (法100条1項、4項) 本肢のとおりである。なお、当該事業所に立ち入って関係者に質問及び検査する職員は、その身分を示す証票を携帯し、かつ、関係者の請求があるときは、これを提示しなければならない(法96条2項、法96条2項)。

エ ☓ (法78条の26第2項) 2以上の種別の被保険者であった期間を有する者に係る老齢厚生年金の額については、その者の2以上の種別に係る被保険者期間ごとに平均標準報酬額を算出し、年金額を計算する。

オ 〇 (法37条5項) 本肢のとおりである。なお、未支給の保険給付を受けるべき者の順位は、死亡した者の配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹及びこれらの者以外の三親等内の親族の順序とする(令3条の2)。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の厚生年金保険法の問9は、イとエの「2以上の種別の被保険者であった期間を有する者」の問題の正誤判断は、学習が進んでいる人でないと難しかったはずです。ただ、オが正しいということはすぐにわかるため、組み合わせ問題の性質上、イとウのどちらかが正しいはずだと考えて正解を導き出した人が多かったのではないでしょうか。



明日もがんばりましょう。




2017年11月06日

「ランチタイム・スタディ」の第24問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、24問目は、択一式の厚生年金保険法です。

正答率79%の問題です。



<問題( 択一式 厚年 問7 )>

〔問〕 厚生年金保険法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A 保険料は、法人たる納付義務者が解散した場合は、納期前であってもすべて徴収することができる。

B 子の加算額が加算された障害基礎年金の支給を受けている者に、当該子に係る加給年金額が加算された老齢厚生年金が併給されることとなった場合、当該老齢厚生年金については、当該子について加算する額に相当する部分の支給が停止される。

C 被保険者期間の月数を12月以上有する昭和31年4月2日生まれの男性が老齢厚生年金の支給繰上げの請求をした場合、その者に支給する老齢厚生年金の額の計算に用いる減額率は、請求日の属する月から62歳に達する日の属する月の前月までの月数に一定率を乗じて得た率である。なお、本問の男性は、第1号厚生年金被保険者期間のみを有し、かつ、坑内員たる被保険者であった期間及び船員たる被保険者であった期間を有しないものとする。

D いわゆる事後重症による障害厚生年金について、障害認定日に障害等級に該当しなかった者が障害認定日後65歳に達する日の前日までに当該傷病により障害等級3級に該当する程度の障害の状態となり、初診日の前日において保険料納付要件を満たしている場合は、65歳に達した日以後であっても障害厚生年金の支給を請求できる。

E 傷病に係る初診日が平成27年9月1日で、障害認定日が平成29年3月1日である障害厚生年金の額の計算において、平成29年4月以後の被保険者期間はその計算の基礎としない。なお、当該傷病以外の傷病を有しないものとする。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・


D
   


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A 〇 (法85条2項) 本肢のとおりである。本肢の場合には、保険料の繰上徴収が認められている。

B 〇 (法44条1項) 本肢のとおりである。65歳以上の者については、老齢厚生年金と障害基礎年金とを併給して受給することができるが、子の加算については本肢の調整が行われる。

C 〇 (法附則13条の4第1項) 本肢のとおりである。昭和28年4月2日から昭和36年4月1日までの間に生まれた男性であって、1年以上の被保険者期間を有し、かつ、受給資格期間を満たしている60歳以上であるものは、報酬比例部分相当の老齢厚生年金の支給開始年齢に達する前に、支給繰上げの請求をすることができる。本肢の男性は、報酬比例部分の支給開始年齢が62歳であるため、支給繰上げの請求は、62歳に達する日の属する月の前月までに行う必要があり、減額率も請求日の属する月から62歳に達する日の属する月の前月までの月数に一定率を乗じて得た率となる。

D ☓ (法47条の2) 事後重症による障害厚生年金は、請求することによって受給権が発生するため、65歳に達する日の前日までの間に障害等級に該当する程度の障害の状態に該当し、「65歳に達する日の前日まで」の間にその支給を請求しなければならない。

E 〇 (法51条) 本肢のとおりである。障害厚生年金は、当該障害厚生年金の支給事由となった障害に係る障害認定日の属する月後における被保険者であった期間は、年金額の計算の基礎とされない。したがって、平成29年4月以後の被保険者期間はその計算の基礎とされない。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の厚生年金保険法の問7の正解肢であるDは、事後重症iこよる障害厚生年金の支給要件を問う問題でした。この肢が誤りであることさえ見抜ければ難なく解答できた問題ですが、誤りだと判断できなかった場合には、他の選択肢の難易度が比較的高いため、正解するのが難しくなったと思われます。




明日もがんばりましょう。




2017年10月26日

「ランチタイム・スタディ」の第18問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、18問目は、選択式の厚生年金保険法です。

正答率83%の問題です。




<問題( 選択式 厚年 A )>

厚生年金保険法第80条第1項の規定により、国庫は、毎年度、厚生年金保険の実施者たる政府が負担する A に相当する額を負担する。



step1 選択肢を見ない状態で、答を紙に書いてみてください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 次の選択肢の中から答を選んでください。



⑦ 基礎年金拠出金の額の2分の1 
⑧ 基礎年金拠出金の額の3分の1
⑨ 事務の執行に要する費用の2分の1
⑳ 保険給付費の2分の1



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 正解は・・・



⑦ 基礎年金拠出金の額の2分の1 (法80条1項)

 
  

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step4 コメント

・選択式の厚生年金保険法のAは、国庫負担からの出題でした。基本的な内容でしたので、確実に得点したい問題です。



明日もがんばりましょう。



2017年10月24日

「ランチタイム・スタディ」の第16問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、16問目は、選択式の厚生年金保険法です。

正答率84%の問題です。




<問題( 選択式 厚年 C )>

厚生年金保険法第78条の14の規定によるいわゆる3号分割における標準報酬の改定請求の対象となる特定期間は、 C 以後の期間に限られる。



step1 選択肢を見ない状態で、答を紙に書いてみてください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 次の選択肢の中から答を選んでください。



⑩ 昭和61年4月1日
⑰ 平成12年4月1日 
⑱ 平成19年4月1日
⑲ 平成20年4月1日



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 正解は・・・



⑲ 平成20年4月1日 (平16法附則49条)

   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step4 コメント


・選択式の厚生年金保険法のCは、3号分割からの出題でした。合意分割との比較で施行日を明確に押さえていた受験生が多かったように思われます。



明日もがんばりましょう。



2017年10月18日

「ランチタイム・スタディ」の第12問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、12問目は、選択式の厚生年金保険法です。

正答率85%の問題です。



<問題( 選択式 厚年 B )>

遺族厚生年金に加算される中高齢寡婦加算の額は、国民年金法第38条に規定する遺族基礎年金の額に B を乗じて得た額(その額に50円未満の端数が生じたときは、これを切り捨て、50円以上100円未満の端数が生じたときは、これを100円に切り上げるものとする。)として算出される。



step1 選択肢を見ない状態で、答を紙に書いてみてください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 次の選択肢の中から答を選んでください。



① 2分の1
② 3分の2
③ 4分の3
④ 100分の125




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 正解は・・・


B → ③ 4分の3(法62条1項)

   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step4 コメント


・選択式の厚生年金保険法のBは、中高齢寡婦加算の額に関する問題でした。基本事項からの出題でしたので、多くの人が正解できています。



明日もがんばりましょう。