労災

2017年08月07日

「第3次ランチタイム・スタディ」の第19問です。

「第3次ランチタイム・スタディ」の主旨については、7月10日の佐藤塾ブログの『第3次「ランチタイム・スタディ」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


さて、19問目は、労働者災害補償保険法です。

正答率90&76%の問題です。
※選択式労災A=90%、B=76%(Aは正答率がBより高いものの同じカテゴリーですので、Bの正答率に合わせここで掲載しています。)


<問題( 選択式 労災 AB )>

政府は、障害補償年金を受ける権利を有する者が死亡した場合において、その者に支給された当該障害補償年金の額及び当該障害補償年金に係る A の額の合計額が、当該障害補償年金に係る障害等級に応じ、労災保険法により定められている額に満たないときは、その者の遺族に対し、その請求に基づき、保険給付として、その差額に相当する額の障害補償年金差額一時金を支給する。その定められている額とは、障害等級が第1級の場合、給付基礎日額の B である。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。



Aの選択肢
⑮ 障害一時金     ⑯ 障害給付
⑰ 障害年金        ⑱ 障害補償年金前払一時金



Bの選択肢
⑨ 560日分      ⑩ 1050日分
⑪ 1200日分    ⑫ 1340日分  



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・


A → ⑱ 障害補償年金前払一時金(法附則58条1項)

B → ⑫ 1340日分(法附則58条1項)


  

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・平成26年の労働者災害補償保険法の選択式A及びBは、障害補償年金差額一時金に関する問題でした。確実に得点したい問題です。



明日もがんばりましょう。
☞ 次の【第3次ランチタイム・スタディ 20】をご覧になりたい方はこちら




2017年07月24日

「第3次ランチタイム・スタディ」の第9問です。

「第3次ランチタイム・スタディ」の主旨については、7月10日の佐藤塾ブログの『第3次「ランチタイム・スタディ」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


さて、9問目は、労働者災害補償保険法です。

正答率87%の問題です。


<問題( 選択式労災 E )>

労災保険の加入手続について行政機関から指導等を受けたにもかかわらず、手続を行わない期間中に業務災害が発生し、例えば遺族補償一時金が支払われた場合、事業主が「故意」に手続を行わないものと認定され、支給された当該遺族補償一時金の額の100%が費用徴収される。
上記災害の発生が、労災保険の加入手続について行政機関から指導等を受けてはいないものの、労災保険の適用事業となったときから1年を経過して、なお手続を行わない期間中である場合は、事業主が「重大な過失」により手続を行わないものと認定され、支給された当該遺族補償一時金の額の E が費用徴収される。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。




① 20%     ② 40%     ③ 60%     ④ 80%




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・


E → ② 40%(平17.9.22基発0922001号)


  

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・平成26年の労働者災害補償保険法の選択式Eは、費用徴収に関する通達からの出題でした。特に意外性のある問題ではありませんでしたから、この選択肢の中から選ぶのであれば、明確に覚えていなかった方でも正解できたという方が多かったのではないでしょうか。



明日もがんばりましょう。
☞ 次の【第3次ランチタイム・スタディ 10 】をご覧になりたい方はこちら




2017年07月20日

「第3次ランチタイム・スタディ」の第7問です。

「第3次ランチタイム・スタディ」の主旨については、7月10日の佐藤塾ブログの『第3次「ランチタイム・スタディ」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


さて、7問目は、労働者災害補償保険法です。

正答率88%の問題です。


<問題( 選択式 労災 D )>

政府は、当分の間、労働者が業務上の事由により死亡した場合における当該死亡に関しては、遺族補償年金を受ける権利を有する遺族に対し、その請求に基づき、保険給付として、遺族補償年金前払一時金を支給するが、遺族補償年金前払一時金の額は、給付基礎日額の D に相当する額とされている。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。




⑤ 1年分、2年分、3年分
⑥ 200日分、400日分、600日分、800日分、1000日分
⑦ 313日分         ⑧ 500日分、1000日分
⑨ 560日分         ⑩ 1050日分
⑪ 1200日分       ⑫ 1340日分



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・


D → ⑥ 200日分、400日分、600日分、800日分、1000日分(法附則31項)

  

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・平成26年の労働者災害補償保険法の選択式Dは、遺族補償年金前払一時金の支給額を問う問題でした。この点は、多くの受験生がテキスト等で基本事項として学習している箇所になりますので落としてはならない問題です。



明日もがんばりましょう。
☞ 次の【第3次ランチタイム・スタディ 8 】をご覧になりたい方はこちら




2017年07月14日

「第3次ランチタイム・スタディ」の第4問です。

「第3次ランチタイム・スタディ」の主旨については、7月10日の佐藤塾ブログの『第3次「ランチタイム・スタディ」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


さて、4問目は、労働者災害補償保険法です。

正答率91%の問題です。


<問題( 選択式 労災 C )>

障害補償年金差額一時金を受けるべき遺族の順位は、労働者の死亡の当時その者と生計を同じくしていた配偶者、子、父母、孫、 C  の順序であり、それらの者がいない場合には、生計を同じくしていなかった配偶者、子、父母、孫、 C  の順序である。




step1 選択肢を見ない状態で、答を紙に書いてみてください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 次の選択肢の中から答を選んでください。




⑬ 兄弟姉妹 
⑭ 兄弟姉妹及びその配偶者
⑲ 祖父母 
⑳ 祖父母及び兄弟姉妹




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 正解は・・・


⑳ 祖父母及び兄弟姉妹(法附則58条2項)


  

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step4 コメント

・平成26年の労働者災害補償保険法の選択式Cは、障害補償年金差額一時金からの問題でした。支給対象や支給額については、多くの受験生がテキスト等で基本事項として学習している点ですので得点すべき問題です。



明日もがんばりましょう。
☞ 次の【第3次ランチタイム・スタディ 5 】をご覧になりたい方はこちら




2017年06月23日

「第2次ランチタイム・スタディ」の第84問です。

「第2次ランチタイム・スタディ」の主旨については、2月21日の佐藤塾ブログの『第2次「ランチタイム・スタディ」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


さて、84問目は、選択式の労働者災害補償保険法です。

正答率32&28&60%の問題です。
※選択式労災A=32%、B=28%、C=60%(A及びCは正答率がBより高いものの同じカテゴリーですので、Bの正答率に合わせここで掲載しています。)


<問題( 選択式 労災 ABC )>

 労災保険法第33条第5号によれば、厚生労働省令で定められた種類の作業に従事する者(労働者である者を除く。)は、特別加入が認められる。労災保険法施行規則第46条の18は、その作業として、農業における一定の作業、国又は地方公共団体が実施する訓練として行われる一定の作業、労働組合等の常勤の役員が行う一定の作業、 A  関係業務に係る一定の作業と並び、家内労働法第2条第2項の家内労働者又は同条第4項の  B  が行う一定の作業(同作業に従事する家内労働者又はその  B  を以下「家内労働者等」という。)を挙げている。

 労災保険法及び労災保険法施行規則によれば  C  が、家内労働者等の業務災害に関して労災保険の適用を受けることにつき申請をし、政府の承認があった場合、家内労働者等が当該作業により負傷し、疾病に罹患し、障害を負い、又は死亡したとき等は労働基準法第75条から第77条まで第79条及び第80条に規定する災害補償の事由が生じたものとみなされる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。


① 委託者               ② 委託者の団体   ④ 医療  
⑤ 請負的仲介人    ⑥ 介護                  ⑦ 家内労働者等の団体      
⑨ 在宅労働者        ⑩ 使用人              ⑫ 仲介人
⑯ 福祉                   ⑱ 保健                  ⑲ 補助者           



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・


A → ⑥ 介護(法35条、則46条の18第5号)

B → ⑲ 補助者(法35条、則46条の18第3号)

C → ⑦ 家内労働者等の団体(則46条の23、平23.3.25基発0325第6号)



   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・平成27年の労働者災害補償保険法の選択式A、B及びCは、第2種特別加入者に係る施行規則からの出題でした。かなり苦戦をした受験生が多かったように思われます。近年の労災保険の選択式は難易度の高い問題も頻繁に出題されていますので、いかにテキストの細かいところまで丁寧に読みこなすことができたかが得点のカギになります。



来週もがんばりましょう。
☞ 次の【第2次ランチタイム・スタディ 85 】をご覧になりたい方はこちら