労災

2017年11月17日

「ランチタイム・スタディ」の第33問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、33問目は、択一式の労働者災害補償保険法です。

正答率74%の問題です。



<問題( 択一式 労災 問4 )>

〔問〕 労災保険法の適用に関する次の講述のうち、正しいものはどれか。

A 労災保険法は、市の経営する水道事業の非常勤職員には適用されない。

B 労災保険法は、行政執行法人の職員に適用される。

C 労災保険法は、非現業の一般職の国家公務員に適用される。

D 労災保険法は、国の直営事業で働く労働者には適用されない。

E 労災保険法は、常勤の地方公務員に適用される。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



D
   


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A ☓ (法3条2項、昭42.10.27基発1000号) 市の経営する水道事業の非常勤職員(現業部門の非常勤職員)については、労災保険法が適用される。

B ☓ (法3条2項、独立行政法人通則法59条1項1号) 行政執行法人の職員には、国家公務員災害補償法が適用されるため、労災保険法は適用されない。

C ☓ (法3条2項) 国家公務員については、国家公務員災害補償法が適用されるため、労災保険法は適用されない。

D 〇 (法3条2項) 本肢のとおりである。なお、現在、国の直営事業という形態で行われている具体的な事業はない。

E ☓ (法3条2項、地公災法67条2項、昭42.10.27基発1000号) 地方公務員については、現業部門の非常勤職員を除き、原則として地方公務員災害補償法が適用されるため、労災保険法は適用されない。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の労働者災害補償保険法の問4は、労災保険法の適用に関する問題でした。問題文が短い1行問題とはいえ、正解肢であるD以外のひとつひとつの肢の正誤判断は難しかったと思いますが、Dが基本事項でしたので正解できた人が多かったのではないでしょうか。



来週もがんばりましょう。




2017年10月12日

「ランチタイム・スタディ」の第8問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、8問目は、択一式の労働者災害補償保険法です。

正答率90%の問題です。


<問題( 択一式 労災 問5 )>

〔問〕 通勤災害に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A 退勤時に長男宅に立ち寄るつもりで就業の場所を出たものであれば、就業の場所から普段利用している通勤の合理的経路上の災害であっても、通勤災害とは認められない。

B 療養給付を受ける労働者は、一部負担金を徴収されることがある。

C 移動の途中の災害であれば、業務の性質を有する場合であっても、通勤災害と認められる。

D 通勤災害における合理的な経路とは、住居等と就業の場所等との間を往復する場合の最短距離の唯一の経路を指す。

E 労働者が転任する際に配偶者が引き続き就業するため別居することになった場合の、配偶者が住む居宅は、「住居」と認められることはない。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



B


   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A ☓ (法7条2項、昭50.1.17基収2653号) 通勤とは、被災労働者の行為を外形的、かつ、客観的にとらえて判断するものであり、たとえ長男宅に立ち寄るつもりで就業の場所を出たものであっても、いまだに通常の合理的な通勤経路上にある限りにおいては、当該被災労働者の行為は通勤とされ、通勤災害として認められる。

B 〇 (法31条2項) 本肢のとおりである。療養給付を受ける労働者(厚生労働省令で定める者を除く)は、200円を超えない範囲内で厚生労働省令で定める額が、一部負担金として徴収される。

C ☓ (法7条2項) 移動の途中の災害であっても、業務の性質を有するものは、「業務災害」として扱われるため、通勤災害とは認められない。

D ☓ (法7条2項、平18.3.31基発0331042号) 「合理的な経路」とは、移動の際に、一般に労働者が用いるものと認められる経路をいい、最短距離の唯一の経路を指すわけではない。

E ☓ (法7条2項3号、則7条1号ハ、平18.3.31基発0331042号) 本肢の場合、配偶者が住む居宅は、当該居宅と就業の場所との間を往復する行為に反復・継続性が認められるときは、住居として認められる。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の労働者災害補償保険法の問5は、通勤災害に関する問題でした。どの肢も基本事項を押さえていれば、比較的正誤判断がすぐにつくものでしたし、問題文が短いこともあり、容易に判断できたものと思われます。



明日もがんばりましょう。



2017年10月02日

「ランチタイム・スタディ」の第1問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、10月1日の佐藤塾ブログの『「ランチタイム・スタディ2017」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。



さて、1問目は、選択式の労働者災害補償保険法です。

正答率95%&96%の問題です。

※選択式労災D=95%、E=96%(D及びEは同じカテゴリーですので、同時に掲載しています。)


<問題( 選択式 労災 D及びE )>

労災保険法第42条によれば、「療養補償給付、休業補償給付、葬祭料、介護補償給付、療養給付、休業給付、葬祭給付、介護給付及び二次健康診断等給付を受ける権利は、 D を経過したとき、障害補償給付、遺族補償給付、障害給付及び遺族給付を受ける権利は、 E を経過したときは、時効によって消滅する。」とされている。



step1 選択肢を見ない状態で、答を紙に書いてみてください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 次の選択肢の中から答を選んでください。


① 60日  ② 90日  ③ 1か月  ④ 2か月
⑤ 3か月  ⑥ 6か月   ⑦ 1年        ⑧ 2年 
⑨ 3年       ⑩ 5年       ⑪ 7年        ⑫ 10年



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 正解は・・・


D → ⑧ 2年(法42条)

E → ⑩ 5年(法42条)

   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step4 コメント


・労働者災害補償保険法の選択式D及びEは、時効に関する問題でした。基本中の基本ともいえる問題でしたので、2017年の本試験の中で、最もやさしかった問題となりました。



明日もがんばりましょう。



2017年08月07日

「第3次ランチタイム・スタディ」の第19問です。

「第3次ランチタイム・スタディ」の主旨については、7月10日の佐藤塾ブログの『第3次「ランチタイム・スタディ」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


さて、19問目は、労働者災害補償保険法です。

正答率90&76%の問題です。
※選択式労災A=90%、B=76%(Aは正答率がBより高いものの同じカテゴリーですので、Bの正答率に合わせここで掲載しています。)


<問題( 選択式 労災 AB )>

政府は、障害補償年金を受ける権利を有する者が死亡した場合において、その者に支給された当該障害補償年金の額及び当該障害補償年金に係る A の額の合計額が、当該障害補償年金に係る障害等級に応じ、労災保険法により定められている額に満たないときは、その者の遺族に対し、その請求に基づき、保険給付として、その差額に相当する額の障害補償年金差額一時金を支給する。その定められている額とは、障害等級が第1級の場合、給付基礎日額の B である。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。



Aの選択肢
⑮ 障害一時金     ⑯ 障害給付
⑰ 障害年金        ⑱ 障害補償年金前払一時金



Bの選択肢
⑨ 560日分      ⑩ 1050日分
⑪ 1200日分    ⑫ 1340日分  



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・


A → ⑱ 障害補償年金前払一時金(法附則58条1項)

B → ⑫ 1340日分(法附則58条1項)


  

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・平成26年の労働者災害補償保険法の選択式A及びBは、障害補償年金差額一時金に関する問題でした。確実に得点したい問題です。



明日もがんばりましょう。
☞ 次の【第3次ランチタイム・スタディ 20】をご覧になりたい方はこちら




2017年07月24日

「第3次ランチタイム・スタディ」の第9問です。

「第3次ランチタイム・スタディ」の主旨については、7月10日の佐藤塾ブログの『第3次「ランチタイム・スタディ」開始のお知らせ(ブログの記事のご案内)』をご覧ください。


さて、9問目は、労働者災害補償保険法です。

正答率87%の問題です。


<問題( 選択式労災 E )>

労災保険の加入手続について行政機関から指導等を受けたにもかかわらず、手続を行わない期間中に業務災害が発生し、例えば遺族補償一時金が支払われた場合、事業主が「故意」に手続を行わないものと認定され、支給された当該遺族補償一時金の額の100%が費用徴収される。
上記災害の発生が、労災保険の加入手続について行政機関から指導等を受けてはいないものの、労災保険の適用事業となったときから1年を経過して、なお手続を行わない期間中である場合は、事業主が「重大な過失」により手続を行わないものと認定され、支給された当該遺族補償一時金の額の E が費用徴収される。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。




① 20%     ② 40%     ③ 60%     ④ 80%




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・


E → ② 40%(平17.9.22基発0922001号)


  

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・平成26年の労働者災害補償保険法の選択式Eは、費用徴収に関する通達からの出題でした。特に意外性のある問題ではありませんでしたから、この選択肢の中から選ぶのであれば、明確に覚えていなかった方でも正解できたという方が多かったのではないでしょうか。



明日もがんばりましょう。
☞ 次の【第3次ランチタイム・スタディ 10 】をご覧になりたい方はこちら