過去問の活用法・ご案内

2018年03月01日

過去問をご購入いただいた方には、「学習のしおり」を特典として、ご覧いただけるようにしています。

「学習のしおり」案内


現在、「天の巻」「地の巻」をアップしています。
(「学習のしおり」は、「天の巻」「地の巻」「人の巻」の3部作です。)


「天の巻」

将来の夢の実現のために、将来のなりたい姿を明らかにすることで、現状の自分を奮い立たせることに重きをおいて話を進めていきます。

「天の巻」は、将来のなりたい姿を思い描くことですから、“夢を描く”という人としてあるべきエネルギーであり、「正のパワー」と言えます。

将来の自分の姿を描き、その将来の自分がちょっと挫けそうな現在の自分に「頑張れ!」と応援する意味合いから、この場合、引っ張り上げる感覚です。


「地の巻」

つまらない(?)会社での毎日に危機感が募る現状を捉え、「このままではいけない」ことを再認識(現状打破)することで、合格への思いを強めていただければと思います。

「地の巻」では、「天の巻」とは正反対で、現状の自分への不満、会社員生活を取り巻く状況への憤りが原点となるエネルギーなので、「負のパワー」と言えます。

「負けるものか」「このままではいけない」「鼻をあかしてやる」というような、権力に立ち向かう、反抗するというような突き出して押し上げる感覚です。

ただし、これがあまりにも強すぎると協調性がないとか、自分勝手などと言われます。ですがここでいう力は、自身の問題意識から生じたものですから、実は一番素直な気持ちだと言えます。

目標への執着は、自分さえ諦めればすぐにでも終わりになりますが、現状への不満は環境が変わらなければなくなることはあまりありませんから、強い意思が根底にたまります。(火山活動の際のマグマのように。)

この結構強大なエネルギーを学習の意識付けに使わない手はありません。


「人の巻」

試験に合格するためには競争に勝たねばなりません。「人の巻」では、競争という側面に焦点をあてていきます。

競争に打ち勝つためには心理的にタフでなければなりません。

ただし、気持ちの持ちようとしては、強すぎても弱すぎても良い結果にはならず調和が大切です。

例えば、大事なことであればあるほど物事を慎重に進めようとするので緊張します。
ただ、緊張しすぎたら力を発揮できません。
しかし、全く緊張しないのもベストの結果にはならず、ほどよい緊張感が力を引き出します。
スポーツの試合や本試験のときも同じではないでしょうか。

プラス過ぎずマイナスにも偏らない調和された「0のパワー」を引き出すことが、合格を引き寄せることに繋がります。
それには、自分ひとりが苦しんでいるわけではないということを認識すると共に、時間の使い方や考え方に人それぞれの工夫があり、その工夫が活きてくることがわかると気持ちに余裕が生まれてきます。


天地人の図


学習をしていくうえでの意識づけに活用してください。



2017年12月03日

こんにちは。
佐藤としみです。

みなさん、過去問は、上手に活用できていますか?

今日は、過去問の特長を記載しておきますね。


過去問①労働法編表紙


左右ページの見開きに問題・解説が配置されており、学習しやすいよう様々な工夫がされています。
 
(Ⅰ)左ページの問題と右ページの解説が同じ行から始まりますので、問題を解いた後に、すぐに解説を読むことが可能です。

行がそろっていないと、左ページの問題文を読んだ後、問題番号を再度、確認してから右ページの解説の番号を追うことになり、その分、時間を使い非効率な上に疲れてしまいます。

 
(Ⅱ)時間的に10年分全部をすぐにはできない場合には、段階を追って学習することが可能です。

(ⅰ)直近5年か否かを表記していますので、直近5年分だけを最初に解き、6年~10年前までの問題を後回しにすることが可能です。

(ⅱ)難易度設定を記載しています。
(基本問題=□□、応用問題=■□、発展問題=■■)
このことから、最初は基本問題だけに目を通し、力が付いてから応用、発展段階を追って学習できます。

(ⅲ)正解肢マークがあります。
※正しいもの探しであれば正しい肢が正解肢となり、誤っているもの探しであれば誤っている肢が正解肢となります。
時間の無い本試験直前期には、「正解肢の拾い読み」をすることができます。正解肢は、他の4つの肢よりも重要な意味を持つ場合が多いためです。

 
(Ⅲ)過去10年分の本試験問題が1肢ごとにほぼテキストと同じ並びで掲載されています。

(ⅰ)テキストとほぼ同じ並びですから、講義で受講した直後に、その範囲の箇所を過去問を開いて解くことが可能です。

(ⅱ)テキストに掲載されている箇所が、過去にどのくらい出題されているかがわかります。したがって、狙われやすい箇所とそうでもない箇所がわかります

(ⅲ)本試験問題は、5年分や7年分では不十分です。
8年~10年前に出題された問題の焼き直しが出題されているケースが往々にして見受けられるからです。



⇒これらの工夫により、インプットにおいて過去問同時並行学習途中で投げ出さずに続けていくことが可能となります。


過去問題集をうまく活用して、学習効率をあげていってくださいね!!



みなさん、こんにちは。
佐藤としみです。

過去10年分問題集②労働保険編、③社会保険編が同時発売されています。


過去問②③




辰已法律研究所各本校でも販売しています。
現在、ブックフェアを行っていますので、定価よりお安くお買い求めいただけます。


過去問を活用して、実りある学習をしていきましょう。



2017年10月08日

みなさん、こんにちは。
佐藤としみです。

いよいよ4分冊の過去問題集の中の1冊目となる「過去問①労働法編」の発売を開始しました!
過去問①の科目は、労働法編=労働基準法・労働安全衛生法・労働一般常識の3科目です。

過去問①労働法編表紙ちなみに、過去問の表紙には、今回も前年度のものに引き続き、私の顔と名前が大きく取り上げられていますが、これは、「私の顔写真を表紙に入れてほしい!」とか、「写真を大きく!」とか、「名前が小さすぎる!」とか、私の希望(わがまま)でこうなったと、もしかして思っていませんか?

そんなことありません!!

辰已さんが、この過去問は、「有名な先生が執筆している過去問だということをアピールしたい」ため、どうしても必要だということで、こういう表紙になっています。

決して、「出たがり」だからではありません!!・・ので。(つまらないことですが、念のため)



辰巳法律研究所の各本校では、10月7日から購入することができます。
(東京・大阪本校のLIVE講義受講の際には、講義受講前にお買い求めいただけます。)
(東京・大阪本校以外の本校は、場合によっては、ご購入いただける日がずれる場合がありますので、ご確認の上、お買い上げください。)
書籍(過去問①)が書店に並ぶのは、10月中旬になります。

なお、インプット講義では過去問も取り上げますので、講義の前にご購入いただき、講義の際にはお手元で開けるようにしておいてください。
☞[参考] 過去問解説同時並行型講義の展開

ぜひ、過去問をうまく活用して、来年の合格を果たしてくださいね。



2017年01月15日

「過去10年分問題集」の活用に関するご案内です。

過去問4冊には、読者プレゼントが付いていることを、以前、ご紹介いたしました。

読者プレゼント



読者プレゼントで取り上げている科目は、次のとおりです。
・「過去問①労働法編」   → 労基
・「過去問②労働保険編」 → 労災、雇用
・「過去問③社会保険編」 → 健保
・「過去問④年金編」    → 国年、厚年

それぞれ取り上げている箇所は、どの科目も1章から始めていて、次の赤で囲んでいる部分の解説をおおよそ60分程度、行っています。

    <労基 第1章~第3章>      <労災 第1章~第2章>

過去問目次 労基・労災


    <雇用 第1章~第2章>      <健保 第1章~第2章>

過去問目次 雇用・健保


    <国年 第1章~第2章>      <厚年 第1章~第3章>

過去問目次 国年・厚年


読者プレゼントの解説講義は、その範囲を全問、取り上げているわけではなく、解説が必要である問題や、重要と思われる問題をピックアップして解説しています。

最初の部分が調子よくできれば、続く部分も波に乗ってできることにもつながるでしょう。
積極的に活用してみてください。

なお、読者プレゼントの解説講義では、労基には添付資料が付きますが、労基以外には添付資料はありません。

また、読者プレゼントで解説をした箇所以降の部分に関しては、LIVE講義はゴールデンウィークに実施される「過去問詳細解説」で取り上げます。