学習に関するアドバイス

2017年08月22日

最終確認で白書・統計数値に時間を割く人は多いと思います。
白書対策は、直前期に集中して行う方が効率がいいこともありますし、何より不安である分野でしょうから、少しでも見ておきたいという気持ちになるはずです。

白書・統計数値対策として、全部を片っ端から暗記していくことはまず不可能ですから、どこを拾い上げていけばいいかというと、次の手順で考えてください。


step1 数字を押さえる

例1)女性の賃金は過去最高となっており、男女間賃金格差(男性=100)は過去最小の「73.0」となっている。
→この場合、「7割強」または「4分の3程度」と押さえておきましょう。

特に大台に乗った数字は狙われやすい傾向にあります。

例2)労働力人口比率は、2016年平均で「60.0%」となった。
→前年は59.6%でしたから、大台に乗ったといえます。

数字を暗記するのではなく、数字の意味を押さえておきましょう。

例3)平成27(2015)年10月1日現在の我が国の高齢化率(総人口に占める65歳以上の高齢者人口の割合)は「26.7%」と、過去最高となった。
→この場合、26.7%という数字を暗記するのではなく、「4人に1人以上が高齢者(65歳以上)」とだけ覚えておけば正誤の判断が付きます。仮に、この数字を違う数値にして誤りとするような場合には、「25%未満」で誤りとするか、「30%以上」で誤りとするかになりますので、たとえば、「27.7%」で誤りのようなことはまずありません。

例4)企業調査において、終業時刻から次の始業時刻までの間隔(インターバル)の時間を一定以上確保する「勤務間インターバル制度」の導入状況を尋ねたところ、「導入している」は「2.2%」、「導入していない」は94.9%であった。
→たとえば、勤務間インターバルを「12時間」と設定していた会社で、ある社員がどうしても仕上げないといけない急ぎの仕事があって、残業を22時までしたとします。そうすると、次の日は、12時間後の朝10時の出社でいいはずですが、たいていの場合、次の日も当然、朝早く出社して仕事をすべきと考えますから、経営者側からすれば、通常、勤務間インターバルという制度を歓迎することはあまりありません。したがって、2.2%という低い数字になっていると押さえておきましょう。

ただし、次のようなものは暗記しておいてください。

例5)完全失業率(労働力人口に占める完全失業者の割合)は、2016年平均で「3.1%」となった。
平成28年平均の有効求人倍率は「1.36倍」となった。   等


step2 増加しているのか、減少しているのか?

例6)就業者に占める雇用者の割合は「89.0%」となり、0.5ポイントの「上昇」となった。
→この場合、「89.0%」と「上昇」の両方を押さえておく必要があります。なお、「0.5ポイント」は必要ありません。

それでは、増減を押さえておかないとならないのは、どういうケースなのでしょうか。
それは、2つあります。
①5年(目安)以上、ずっと増加または減少している場合
②5年(目安)以上、ずっと増加していたものが減少になった場合(当然、逆もあります。)

したがって、年によって、増えたり減ったりしているケースは、増減を押さえる必要はありません。


step3 順番を押さえておく

「〇〇が最も多く、次いで□□、△△の順になっている。」に類する文章の場合、順番を入れ変えてくるケースが多いです。

例7)変形労働時間制を採用している企業割合60.5%となっている。変形労働時間制の採用企業を種類別(複数回答)にみると、「1年単位の変形労働時間制」が34.7%、「1か月単位の変形労働時間制」が23.9%、「フレックスタイム制」が4.6%となっている。
→ここでは、企業割合の60.5%と、種類別の順番の両方が重要です。

例8)正社員以外の労働者がいる事業所について、正社員以外の労働者の活用理由(複数回答)を就業形態別にみると、契約社員では「専門的業務に対応するため」が、派遣労働者では「即戦力・能力のある人材を確保するため」が、パートタイム労働者では「賃金の節約のため」が最も高い割合となっている。
→これは、順番ではありませんが、活用理由を変えて聞いてくることが考えられます。


step4 企業規模や職業、性別・年齢による違いはみられるかどうか

例9)変形労働時間制を採用している1,000人以上規模企業に関してみると、「1か月単位の変形労働時間制」を採用している企業が最も多く、次いで「1年単位の変形労働時間制」、「フレックスタイム制」の順になっている。
→例7と比べてください。

例10)退職給付(一時金・年金)制度がある企業数割合は、75.5%で、企業規模別にみると、規模が大きいほど退職給付(一時金・年金)制度がある企業数割合が高くなっている。

例11)平成27年1年間に企業が付与した年次有給休暇日数(繰越日数は除く。)は、労働者1人平均18.4日、そのうち労働者が取得した日数は8.8日で、取得率48.7%であり、50%には達していないが、これを性別でみた場合、女性は54.1%と50%を上回っている


step5 喫緊の課題である長時間労働の是正に関する事項は特に重要

例12)将来的に過労死等をゼロにすることを目指し、平成32年までに週労働時間60時間以上の雇用者の割合5%以下年次有給休暇取得率70%以上、平成29年までにメンタルヘルス対策に取り組んでいる事業場の割合80%以上とする目標を早期に達成することを目指すこととしている。

→長時間労働の是正に対する政府目標が掲げられているということは、この目標の数字自体と実際の数字の両方を押さえておく必要があります。
(現行)
・週労働時間60時間以上の雇用者の割合 : 7.8%(6年連続の低下)
・年次有給休暇取得率 : 48.7%
メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業場の割合 : 59.7%

なお、例4に挙げた勤務間インターバルも、長時間労働の是正に関するためのものであり、重要用語ととらえておきましょう。


時間がなくて全部は確認できないという方は、step1だけで構いませんので押さえておきましょう。
step1だけで全体の半分位は網羅できますので、完璧にわからなくても、少なくとも5択から3択・2択に絞り込むことが可能となります。

やっかいなところですが、暗記だけが得意な人よりも、情勢がわかって厚生労働行政の各種問題に対処できる社労士を求めていることからすれば、白書・統計数値の問題は重要な位置づけです。

目をそらさず、最低限のところは押さえておくようにしてください。



2017年08月18日

社労士本試験を直前に控え、誰もが最終追い込みをしているところでしょうが、そのやり方は人によってそれぞれだと思います。

ただ、択一式の得点アップが課題である方にとっては、テキストを読むより、とにかく問題を解く方が効果があります。
テキストを読む場合は、その箇所の要点以外も読むことになりますが、問題はテキストにある中の要点を拾い出して投げかけているようなものですから、そこを抽出して羅列しているような面があるからです。

もちろん、根底の理屈が理解できていないため、問題が解けないケースもありますから、その場合は、テキストで内容の理解ができると得点アップにつながります。しかし、本試験で出されるのは5肢択一の問題形式であり、基本的には、〇か☓かがわかればいいのですから、なるだけ多くの問題に目を通しておけば、同じような出題の際には正誤判断が付くようになります。

ところで、問題を解くことで最終確認をする場合には、1科目ずつやるのではなく、できれば本試験を想定して、70問という塊を解いていきましょう。

みなさんの手元には、今まで受けた模試やONEコイン模試を受けた方であれば2年分の過去問題集や答練などがあるはずです。
それらを寄せ集めて、労基法から国年法まで全70問を一気に解くように心がけます。
今まで解いたことがある問題ですから、2時間~2時間半程度で解き終えると思います。

ちょっときついかもしれませんが、こなしていくと「3時間半という時間」&「70問という量」が体得できますので、自然と体力が持つようになっていきます。
精神的にもタフになってきます。
また、科目ごとの頭の切り替えがすんなりできるようになりますので、本試験択一式の訓練にもなります。

終了後に採点したら、間違えた問題に軽く触れておきましょう。
ここで、「軽く」と書いたのは、間違えた問題を完璧に理解しようとしなくていいからです。
70問中、5~10問程度は、意味がわからなかったり忘れていても追及せず、「見逃す」感覚で臨んでください。

船で沖合に魚を捕りに網を投げるときのことを考えてください。
網の網目が広ければ広いほど、小さい魚は逃げます。

逃すまいとするのであれば、網目を細かくしなければなりませんが、細かくすればするほど、網が破れる危険性も高くなります。
大きな魚が取れればいいのです。
小さい魚(=難易度の高い問題)は、見逃していいのです。
肝心要の問題さえできればいいと割り切ってやっていくのがコツです。

また、問題を解くと言いましたが、問題を「解く」のではなく、「なぞる」でも結構です。
「解く」とは、文字通り、普通に問題を解くことですが、問題演習での「なぞる」とは、問解を広げて確認していくことを指します。
すなわち、問題を見ながら同時に解答も見て、力ずくで覚えていくやり方です。

その方が、問題を解くよりも、多くの問題に目を通せるという利点もあります。
また、テキストを読んでいるのと同じ効果が期待できます。
基本的に問題を読んでいるため、的外れなことに時間を割くことにはなりません。

最後のひと踏ん張りです。
誰もが苦しく、不安な日々です。
自分だけではないと思って、がんばってください。

ただし、水分を補給し、栄養と睡眠を十分とって、あまり無理しないようにしてください。
今の時期は、体調管理が最優先です。
睡眠時間を削ってまでやる必要はありませんので、その点は留意しながら学習を進めていってください。



2017年08月17日

択一式で得点アップを図るには、①見直しをする「時間」が取れることと、②間違いを修正するだけの「見直し力」が残っているかが肝心です。

仮に見直す時間があったとしても、疲れ切っていて、問題を読んでも頭が働かないとなると、せっかくの時間が得点アップにつながりません。

模試や昨年の本試験終了後に答え合わせをした際に、「あと5点は取れたのに・・」とか、「じっくり考えていれば5問はできたはず」などと、思ったことはありませんか。
うっかりミスをしてしまい、「なんでこんなところを間違えたんだろう」と後悔することが多かった人ほど、択一式試験でこの「時間」と「見直し力」の2つを得れば、本試験中に5点のアップが可能ということになります。

では、この2つを得るために、本試験前に準備できることは何でしょうか。

それは、ラクに取れる問題を多くする ことです。
ラクに取れる問題が多くなれば、その分、考える時間が短くなるため、本試験時間後半に「時間」の確保と「クリエイティブな頭の回転」が期待できます。

それでは、ラクに取れる問題を多くするためには、本試験までに何をしておけばいいのでしょうか。
次の4つが挙げられます。

①「横断
・各科目の横断をやっておくと、科目による違いが浮き彫りになりますから、すぐに正誤判断が付きます。特に、各科目のテキストの後ろの方にくるもの(たとえば、「不服申し立て」や「書類の保存」など)は、横断で整理しておくといいでしょう。気づきが早くなる分、なぜか、文章を読むスピードも知らぬ間に速くなり、的確に読みこなせている自分に気が付きます。

②「改正
・改正は、出題される可能性が高いため、出題を予め予測できることから、そこに網を張っておくと、確実に正解できます。そのうえ、予測したことがドンピシャだと試験の最中にモチベーションが一気に高まり、他の問題にも良い影響を及ぼします。

③「過去問・基本問題
・過去問をやっておくと、出題パターンを知ることが可能です。過去と同じ箇所が出題された場合、過去と同じ論点が問われるケースが多いため、「出題者の意図」と「問題の論点」を読み取ることで、問題への対応能力が高まります。「今更、過去問をやるの?」と思われる方もいるでしょうが、比較的リピート率が高い徴収だけはやっておくとか、自分が苦手な科目・項目だけは目を通しておくなど、部分部分で利用する手もあります。

④「数字」のチェック
・数字の問題は正誤判断がすぐに付きますので、本試験の直前の最終段階では、数字だけを拾い上げて、テキストの読み込みをしていくことをおすすめします。社労士試験は、元をただせば数字の試験ともいえますので、テキスト読みを1ページ30秒ほどでチェックしていきます。「数字」と「自分が線を引いている箇所」だけをなぞっていくと重要数値が頭に残ります。本試験では残像が頭の片隅に残っていると、引き出しがすぐに開きます。


この4つを駆使して、最終段階の学習に取り入れてみてください。
功を奏すると、本試験択一式でラクに取れる問題が増えるはずです。

ラクに取れる問題が増えるということは、その分、「時間」が生じ、「見直し力」が働くことになりますから、5点アップが可能になり、その結果、合格ラインを突破する可能性が高くなります。

ぜひ、実践してみてください。



2017年08月16日

本試験まであと約10日となりました。
最後の追い込みに励んでいると思います。

ここでやっておかないといけないことは、今までやってきたことを「なぞる」ことです。
決して、今までやっていない未学習の領域に足を踏み入れてはいけません。

仮にも1年という間にそれなりの範囲を学習してきているにもかかわらず、まだ学習していない範囲があったとしたら、その範囲は捨ててもいい範囲だと思われます。

学習していない範囲の問題を得点できるようになることよりも、今までやってきたところを本試験で取りこぼさずに得点に結びつけることの方が肝心です。

また、択一式は時間との勝負ですから、時間をかけずにできればすぐに気が付く問題を多くしたいものです。

それには、本試験前に基本事項も含めて再度、見直しておくと、すぐに気付く問題が多くなります。
したがって、できるだけ多くの今まで学習してきた事項に万遍なく目を通しておきたいものです。

本試験直前のセオリーとして、「本試験2週間前から本試験当日までに一瞬でも目を通したことは正解できる」ことが挙げられます。

もう少し詳しくお伝えすると、本試験直前に目を通したことは、おそらく即座に正解できるものの、目を通さなかった事項は、「正解できるものの解くのに時間がかかる」か、「正解できない」こととなります。

すなわち、択一式の試験の最重要要素である<時間>を失うことになってしまうのです。


また、「即座に正解できる」ということは、いわば「反応で解く」ということでもありますから、さほど疲れません。
しかし、「正解できるものの解くのに時間がかかる」場合は、いわば「頭で考える(頭から記憶をひねり出す)」ため、「脳」がそれなりに疲労します。

3時間半という長丁場の試験の場合、疲れは大敵です。
できるだけ疲れない状態で、後半の「見直し」に入りたいものです。

また、「記憶力が悪いのですぐ忘れてしまう」という方が多くいますが、それなら逆に直前に目を通しておけばいいということになります。
したがって、できるだけ、この1年間で学習してきたことを、テキストなり答練・模試・過去問なりで、なぞっていきましょう。

本試験直前になぞることができれば、本試験で出題された際には、時間をかけずに正解できる可能性が高くなります。
しかも、疲労も最小限にとどまります。

あと少しですが、がんばってください。



2017年08月06日

「本試験までの期間、何をすべきか」というご質問が多くあります。

問題の解き直しをすべきか、テキストの読み込みすべきか、どちらがいいかということですが、おおまかに分けると、択一式の得点は何とかなるという方はテキスト読みを、択一式の得点が心配な方は、問題を解く方を重視すべきでしょう。

問題を解く場合には、過去問を再度、やりこむか、それとも、模試や答練の見直しをすべきか、など、迷うことは多いと思います。
最後のラストスパートの時期にきていますから、自分のやりやすい方法で学習をしていきましょう。

本試験当日は、意識を高めて臨みたいため、自分にとってやりやすい方法で学習していき、気持ちを高めることの方が肝心です。


学習がはかどったかどうかは、「生産性(集中力)×時間」で通常、図ることができますが、この時期は、生産性を高めて、学習時間は少な目にする方向で臨んでください。

できるだけ、多くの項目を最終確認したいため、1箇所に時間をとられず、万遍なくコンスタントにテキストを読むなり、問題を解くなりしてください。

時間をかけてダラダラやるのではなく、時間を短くテキパキこなしていく要領です。

それがそのまま本試験の集中力を高める訓練にもなります。

夏の暑い最中の過酷な試験です。
合格するためには、この時期をどう乗り越えるかにかかっています。
夏バテしないためにも、食事や睡眠などの規則正しい生活も大事です。

最後まであきらめずにがんばってください。