2016年12月25日

「過去10年分問題集」の活用法の第2弾です。

あまり知られていないようですが、過去問4冊には、読者プレゼントが付いています。

読者プレゼント



各4冊の過去問のどの部分を解説しているかというと、主要6科目(労基・労災・雇用・健保・国年・厚年)の冒頭の第1章~第2章程度を収録しています。

過去問に目を通すことが大事であることがわかっていても、実際に過去問を開く習慣がないとなかなか前へ進めない人も多いと思います。
その場合、まず、解説講義を視聴することから始めてみてはいかがでしょうか。
その後に第3章以降を自分で取り組んでみてください。

各科目の最初にくる第1章~第2章の過去問が調子よく進むことができれば、その後もその勢いで学習していくことが可能となるはずです。

それぞれ解説時間は、約1時間程度(前後します。)となります。
担当講師は、社労士本試験第1回目の過去問から熟知している早苗俊博講師です。

現在、労働科目の労基、労災、雇用に関しては、既にアップされていますので、「応募方法」の手順に従って視聴してください。
(健保、国年、厚年は、年明けにアップ予定です。)


まずは視聴してみてください。



この記事へのコメント

1. Posted by fudemon   2016年12月25日 23:27
2 労働法編は問題なく視聴できました。
12月上旬から公開予定の労働保険編が
未だに開けません。皆さんの状況はどうですか?
2. Posted by 管理人   2016年12月26日 11:28
fudemonさん、コメントありがとうございます。
すみません! 正しくアップされていなかったようです。
復旧して、年内に閲覧できるように手配します。
今しばらく、お待ちください。
お知らせいただき、感謝します。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字