2016年12月16日

「ランチタイム・スタディ」の第52問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月29日の佐藤塾ブログの
「ランチタイム・スタディ」開始のお知らせをご覧ください。

「ランチタイム・スタディ」の活用法については、10月22日の佐藤塾ブログの「ランチタイム・スタディの活用法」をご覧ください。


さて、52問目は、択一式の労災保険法です。

正答率54%の問題です。



<問題(択一式 労災 問4)>


〔問〕 労災保険給付に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A 被災労働者が、災害現場で医師の治療を受けず医療機関への搬送中に死亡した場合、死亡に至るまでに要した搬送費用は、療養のためのものと認められるので移送費として支給される。

B 労働者が遠隔地において死亡した場合の火葬料及び遺骨の移送に必要な費用は、療養補償費の範囲には属さない。

C 業務災害の発生直後、救急患者を災害現場から労災病院に移送する場合、社会通念上妥当と認められる場合であれば移送に要した費用全額が支給される。

D 死体のアルコールによる払拭のような本来葬儀屋が行うべき処置であっても、医師が代行した場合は療養補償費の範囲に属する。

E 医師が直接の指導を行わない温泉療養については、療養補償費は支給されない。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



D


   

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A 〇 (法13条2項、昭30.7.13基収841号)本肢のとおりである。死体移送費は、療養の範囲である移送費としては認められないが、本肢のように、診療を目的とした搬送の途中死亡した場合の搬送費は、死亡に至るまでに要した費用が移送費として支給される。

B 〇 (法13条2項、昭24.7.22基収2303号)本肢のとおりである。本肢の費用は、療養補償給付の範囲には属さない。

C 〇 (法13条2項、昭31.9.22基収1058号)本肢のとおりである。本肢の場合、請求額が社会通念上妥当と認められる場合には、移送費は全額が支払われる。

D ☓ (法17条、昭23.7.10基災発97号)本来葬儀屋において行うべき処置を医師が代行したと認められる場合には、「葬祭料」の範囲に属する。

E 〇 (法13条2項、昭25.10.6基発916号)本肢のとおりである。温泉療養は、病院等の附属施設で医師の直接指導のもとに行うものについては療養補償給付が支給されるが、医師が直接の指導を行わない温泉療養については支給されない。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の労災保険法問4は療養補償における通達からの出題でした。細かい内容でしたから、確信を持って解答することは難しかったと思われます。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step4 プラスα(一読しておこう)

療養補償給付(法13条)

① 療養補償給付は、療養の給付とする。

② 前項の療養の給付の範囲は、次の各号(政府が必要と認めるものに限る)による。 
1.診察
2.薬剤又は治療材料の支給
3.処置、手術その他の治療
4.居宅における療養上の管理及びその療養に伴う世話その他の
5.病院又は診療所への入院及びその療養に伴う世話その他の看護
6.移送

③ 政府は、第1項の療養の給付をすることが困難な場合その他厚生労働省令で定める場合には、療養の給付に代えて療養の費用を支給することができる。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step5 練習問題(チャレンジしてみよう!)

療養補償給付(法13条)

① 療養補償給付は、療養の給付とする。

② 前項の療養の給付の範囲は、次の各号( A が必要と認めるものに限る)による。 
1.診察
2.薬剤又は治療材料の支給
3.処置、手術その他の治療
4.居宅における療養上の管理及びその療養に伴う世話その他の B 
5.病院又は診療所への入院及びその療養に伴う世話その他の B 
6. C 

③ 政府は、第1項の療養の給付をすることが D な場合その他厚生労働省令で定める場合には、療養の給付に代えて E を支給することができる。




step6 選択肢はありません。答を紙に書いてみてください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step7 練習問題の解答



A → 政府
B → 看護
C → 移送
D → 困難
E → 療養の費用




来週もがんばりましょう。
☞ 次の【ランチタイム・スタディ 53 】をご覧になりたい方はこちら




コメントする

名前
 
  絵文字