2016年11月25日

「ランチタイム・スタディ」の第37問です。

「ランチタイム・スタディ」の主旨については、9月29日の佐藤塾ブログの
「ランチタイム・スタディ」開始のお知らせをご覧ください。

「ランチタイム・スタディ」の活用法については、10月22日の佐藤塾ブログの「ランチタイム・スタディの活用法」をご覧ください。


さて、37問目は、選択式の国民年金法です。

正答率63%の問題です。



<問題(選択式国年C)>


国民年金法第90条の3第1項に規定する学生の保険料納付特例につき、保険料を納付することを要しないものとされる厚生労働大臣が指定する期間は申請のあった日の属する月の C (同法第91条に規定する保険料の納期限に係る月であって、当該納期限から2年を経過したものを除く。)前の月から当該申請のあった日の属する年の翌年3月(当該申請のあった日の属する月が1月から3月までである場合にあっては、当該申請のあった日の属する年の3月)までの期間のうち必要と認める期間とする。



step1 選択肢を見ない状態で、答を紙に書いてみてください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 次の選択肢の中から答を選んでください。




Cの選択肢
⑤ 1年2か月   ⑥ 1年6か月
⑦ 2年2か月   ⑧ 2年6か月






-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 正解は・・・



C → ⑦ 2年2か月(法90条の3第1項、平26厚労告第191号)



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step4 コメント

・選択式国民年金法のCは、「学生の保険料納付特例」に関する問題でした。平成26年4月から免除の遡及期間が見直された点を意識して学習していれば、十分得点できたと思われます。




今日は練習問題はありません。

来週もがんばりましょう。


☞ 次の【ランチタイム・スタディ 38 】をご覧になりたい方はこちら



コメントする

名前
 
  絵文字