2016年09月03日

次のようなご質問をいただきました。

「次の講座が始まるまでに1か月間ありますが、それまでに何をするのがよいでしょうか?」
(ご質問内容の一文抜粋)


この方へのご回答を次のように書かせていただきました。
何か参考になることがあるかもしれませんので、掲載いたします。


[回答]
本試験、本当にお疲れ様でした。
ご質問の文面には、厳しい結果とありますが、もし、来年の受験に向けて早めに走りだそうとされるのであれば、年金を固めておくことをお薦めします。
というのも、国年・厚年は、択一式全70問中20問を占め、約3割のウェートですから、ここを避けて通ることはできません。
もし、年金が苦手だとか、今年の本試験の択一式の得点が国年・厚年合わせて13点以上でない場合には、年金アドバイザー3級の試験を受けてみてはいかがでしょうか。
試験日は、2016年 10月 23日(日)であり、同じ択一式試験であるものの、社労士の択一式国年・厚年よりも、問題文が短く、設問の主旨がわかりやすいので、理解が早くなると思います。
独学では難しいようでしたら、年金にめっぽう強い早苗講師の年金アドバイザー3級講座で学習することも可能です。
また、仮に、年金アドバイザー試験は受けずとも、問題集を購入し、少しずつでも問題を解いてみたら力がつくはずです。
がんばってください。



コメントする

名前
 
  絵文字