2016年08月26日

いかがお過ごしでしょうか。
不安や緊張で押しつぶされそうなプレッシャーを感じている方もいらっしゃることでしょう。

本日は、本試験当日に関して、最後に最もお伝えしたいことを記載します。
それは、【環境に負けない】ことです。

1.近くに次のような人がいても気にしない、気に留めない。
・貧乏ゆすりをする人
・鉛筆の音がうるさい
・独りごとにように小声でつぶやく人(たとえば、「難しいなぁ」など)
※ただし、あまりにも酷い場合は、試験官に伝えて注意するようにしてもらいましょう。

2.教室は暑い場合も、エアコンで寒い場合も考えられます。
・暑い場合には、上着を脱いで臨みましょう。
・寒い場合も考えられますから、上に羽織るものやひざにかけるものを持っていきましょう。

3.次の場合には、試験開始前に試験官に席替えを申し出ましょう。
・エアコンの風が直接、当たる席
・机や体に日が差す席
・机に穴が開いている席
※朝、自分の席を確認したら、これらのことをチェックしてみてください。

ここまできました。
もう、自分の力を出し切るしか、ありません。
つまらないこと(試験の環境)で、力を出せずに終わってしまうことだけは避けたいものです。

全力を尽くして、がんばってください。
応援しています。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字