2022年08月09日

「ランチタイム・スタディ2022統計数値」の166日目は、「令和3年版厚生労働白書」から「非正規雇用労働者の待遇改善・長時間労働の是正」の白書記載事項です。


非正規雇用労働者の待遇改善・長時間労働の是正

令和3年版厚生労働白書


(2) 正社員転換・待遇改善の推進

正社員を希望する方の正社員転換や非正規雇用を選択する方の待遇改善を推進するため、「正社員転換・待遇改善実現プラン」(平成28年1月正社員転換・待遇改善実現本部決定、平成31年1月改定)等に基づき、非正規雇用労働者の正社員転換・待遇改善を強力に推進している。

これらの施策のうちの1つであるキャリアアップ助成金は、非正規雇用労働者の正社員化、処遇改善の取組みを図る事業主に対して助成を行っており、2020(令和2)年4月からは、労使合意に基づく被用者保険の適用拡大に向けて、保険加入と働き方の見直しを進めるための取組みを行う事業主に対する助成措置の新設等を行っている。

改正後の「短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律」及び「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律」では、雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保に向け、①不合理な待遇差を解消するための規定の整備、②労働者に対する待遇に関する説明義務の強化、③行政による履行確保措置及び裁判外紛争解決手続(行政ADR)が整備され、2020年4月1日に施行された。

派遣労働者に関しては、このうち①不合理な待遇差を解消するための規定の整備については、「派遣先の労働者との均等・均衡待遇の確保(派遣先均等・均衡方式)」か、「一定の要件(同種業務の一般の労働者の平均的な賃金と同等以上の賃金であること等)を満たす労使協定による待遇の確保(労使協定方式)」のいずれかの方式による待遇確保が派遣元事業主に義務付けられた

フリーターの正社員就職支援のため、「わかものハローワーク」(2021(令和3)年4月1日現在25か所)等を拠点に、担当者制による個別支援、正社員就職に向けたセミナーやグループワーク等各種支援、就職後の定着支援を実施しており、2020(令和2)年度は約9.8万人が就職した。

また、職業経験、技能、知識の不足等から安定的な就職が困難な求職者について、正規雇用化等の早期実現を図るため、これらの者を公共職業安定所等の紹介を通じて一定期間試行雇用する事業主に対して助成措置トライアル雇用助成金)を講じている。




次回もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字