2022年05月26日

「ランチタイム・スタディ2022統計数値」の112日目は、「令和2年労使間の交渉等に関する実態調査の概況」から「労使間の交渉等に関する実態」の調査記載事項です。


労使間の交渉等に関する実態

令和2年労使間の交渉等に関する実態調査の概況


1 労使関係についての認識【本部組合及び単位労働組合】 

使用者側との労使関係の維持についての認識をみると、「安定的に維持されている」51.1%、「おおむね安定的に維持されている」38.8%であり、「安定的」と認識している労働組合89.9%、「どちらともいえない」6.3%、「やや不安定である」2.4%、「不安定である」1.2%となっている。


2 正社員以外の労働者に関する状況【本部組合及び単位労働組合】 

(1)正社員以外の労働者の組合加入資格、組合員の有無 


事業所に正社員以外の労働者がいる労働組合について、労働者の種類別に「組合加入資格がある」をみると、「パートタイム労働者38.2%、「有期契約労働者41.4%、「嘱託労働者37.4%、「派遣労働者6.1%となっている。

労働者の種類別の「組合員がいる」についてみると、「パートタイム労働者29.5%、「有期契約労働者31.5%、「嘱託労働者30.4%、「派遣労働者1.2%となっている。



<ポイント>

・本調査は労働組合に対して行っている調査ですから、労働組合の労使関係の認識をみていますが、約9割の労働組合が安定的と答えています。

・「組合加入資格がある」と「組合員がいる」をみると、パート、有期、嘱託は「ある」が約4割、「いる」が約3割ですが、派遣に対しては「ある」も「いる」も極端に少なく、労働組合に守られていない実態が浮かび上がります。



次回もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字