2021年12月20日

「ランチタイム・スタディ 2021本試験」の第81問です。

81問目は、択一式の厚生年金保険法です。


正答率34%の問題です。


<問題( 択一式 厚年 問10 )>

〔問〕 厚生年金保険法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A 20歳から30歳まで国民年金の第1号被保険者、30歳から60歳まで第2号厚生年金被保険者であった者が、60歳で第1号厚生年金被保険者となり、第1号厚生年金被保険者期間中に64歳で死亡した。当該被保険者の遺族が当該被保険者の死亡当時生計を維持されていた60歳の妻のみである場合、当該妻に支給される遺族厚生年金は、妻が別段の申出をしたときを除き、厚生年金保険法第58条第1項第4号に規定するいわゆる長期要件のみに該当する遺族厚生年金として年金額が算出される。

B 第1号厚生年金被保険者期間中の60歳の時に業務上災害で負傷し、初診日から1年6か月が経過した際に傷病の症状が安定し、治療の効果が期待できない状態(治癒)になった。その障害状態において障害手当金の受給権を取得することができ、また、労災保険法に規定されている障害補償給付の受給権も取得することができた。この場合、両方の保険給付が支給される。

C 遺族基礎年金と遺族厚生年金の受給権を有する妻が、障害基礎年金と障害厚生年金の受給権を取得した。妻は、障害基礎年金と障害厚生年金を選択したため、遺族基礎年金と遺族厚生年金は全額支給停止となった。妻には生計を同じくする子がいるが、子の遺族基礎年金については、引き続き支給停止となるが、妻の遺族厚生年金が全額支給停止であることから、子の遺族厚生年金は支給停止が解除される。

D 平成13年4月から平成23年3月までの10年間婚姻関係であった夫婦が平成23年3月に離婚が成立し、その後事実上の婚姻関係を平成23年4月から令和3年3月までの10年間続けていたが、令和3年4月2日に事実上の婚姻関係を解消することになった。事実上の婚姻関係を解消することになった時点において、平成13年4月から平成23年3月までの期間についての厚生年金保険法第78条の2に規定するいわゆる合意分割の請求を行うことはできない。なお、平成13年4月から平成23年3月までの期間においては、夫婦共に第1号厚生年金被保険者であったものとし、平成23年4月から令和3年3月までの期間においては、夫は第1号厚生年金被保険者、妻は国民年金の第3号被保険者であったものとする。

E 第1号厚生年金被保険者が死亡したことにより、当該被保険者の母が遺族厚生年金の受給権者となった。その後、当該母に事実上の婚姻関係にある配偶者が生じた場合でも、当該母は、自身の老齢基礎年金と当該遺族厚生年金の両方を受給することができる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



D
   


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

× (法58条2項)本肢の場合には、短期要件と長期要件のいずれにも該当するため、別段の申出をした場合を除き、短期要件のみに該当し、長期要件には該当しないものとみなされる。

× (法56条)同一の傷病について労働者災害補償保険法の規定による障害補償給付を受ける権利を有する者には、障害手当金は支給されない。

× (法66条1項)配偶者と子が遺族厚生年金の受給権者となった場合には、配偶者に遺族厚生年金を支給し、子に対する遺族厚生年金は支給停止される。本肢のように、選択受給に伴い配偶者の遺族厚生年金が全額支給停止された場合であっても、子の遺族厚生年金の支給停止は解除されない。

(法78条の2第1項、則78条の3第1項)本肢のとおりである。標準報酬改定請求は、離婚が成立した日の翌日から起算して2年を経過したときはすることができないため、事実上の婚姻関係を解消することになった令和3年4月2日において、平成13年4月から平成23年3月までの期間についての合意分割の請求を行うことはできない。

× (法63条1項)遺族厚生年金の受給権者が婚姻(届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある場合を含む)をしたときは、当該遺族厚生年金の受給権は消滅するため、老齢基礎年金と遺族厚生年金の両方を受給することはできない。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の厚生年金保険法の問10は、事例問題であることもあり、問題文は長文で内容を理解するだけでも時間がかかってしまうため、解く際に焦ってしまう人が多かったと思われます。正解肢のDが正しいと確実に判断できない場合には、他の肢が誤りであるという消去法で正解にたどり着くことも容易ではないため、正答率は低くなっています。



明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
 
  絵文字