2021年10月22日

こんな記事がありました。

大卒離職率が減少、31.2%に コロナ感染拡大で転職控えか

以前は新卒の3年以内の離職が高いことから、「七五三現象」(しちごさんげんしょう)と言われてきました。
七五三現象とは、就職して3年以内に中卒の7割、高卒の5割、大卒の3割が離職する現象のことで、以前、本試験にも出題されたことがあります。

現在では、中卒、高卒の離職率が大幅に改善されていますが、大卒だけは以前と変わらず3割を占めています。

それでもコロナ禍では、転職を控える傾向にあるようで、離職率が減少しているようです。



コメントする

名前
 
  絵文字