2021年09月13日

次のようなご質問が届いています。
学習していくうえで、参考になるかと思いますので、回答を掲載いたします。


[質問内容]

標準的な学習時間はどの位を設定されていますか?
合格に必要な時間ではなくて、講座を一通り完了させるのにどの位必要か?という質問です。


[回答]

基本的に、インプット講義の場合には受講後1週間以内にその倍の時間の復習を、アウトプット講義の場合は講義及び演習に要する時間の倍の時間の予習をお願いしています。

たとえば、労働基準法①②の講義を受講した場合、講義に要した時間は「2.5時間×2コマ=5時間」ですから、次の講義視聴までに、その倍の10時間の復習をしていただくという形となります。

このように考えますと、全ての講義の時間の合計は「200時間超」となりますから、その講義に伴う予習・復習の合計時間が、「200時間超」×2≒450時間(50時間ごとの繰り上げ)となりますので、合計650時間となります。

あとは、直前期には特に、「プラスα」の学習時間をどれだけ上積みできるかということになります。



この記事へのコメント

1. Posted by 問題演習   2021年09月13日 20:42
演習とは、何か教材が配布されるのですか?
2. Posted by 管理人   2021年09月16日 11:26
問題演習さんのご質問にお答えします。

「演習」とあるのは、基本的に答練を指しますので、「問題」冊子と「解説」冊子を配布して、一定の時間内で解いていただいています。
解いた後に、「解説講義」を視聴していただく形です。

よろしくお願いします。

コメントする

名前
 
  絵文字