2021年08月19日

「ランチタイム・スタディ2021統計数値」の175日目は、「令和元年労使コミュニケーション調査」から「労使間の意思疎通」の調査記載内容です。


労使間の意思疎通

【令和元年労使コミュニケーション調査】

(8)企業内労働組合への加入状況【労働者調査】

企業内に労働組合がある」事業所40.7%の労働者について、企業内の労働組合への加入状況をみると、「加入している66.2%、「加入資格があるが加入していない」13.9%、「加入資格がない」19.9%となっている。

就業形態別にみると、労働組合に「加入している」は「正社員」では72.5%、「パートタイム労働者」では35.8%などとなっている。

労働者が企業内の労働組合に加入資格があるが加入しない理由をみると、「労働組合や組合活動に興味がないから」37.8%、「加入するメリットが見出せないから」37.0%、「周囲に加入者がいないから」26.9%などとなっている。

就業形態別にみると、「正社員」では「労働組合や組合活動に興味がないから」が42.4%、「パートタイム労働者」では「周囲に加入者がいないから」が44.6%と多くなっている。

労働者が企業内の労働組合について、どの程度必要であると考えているかをみると、「必要である53.2%、「どちらともいえない」23.3%、「必要ではない」17.5%となっている。



次回もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字