2021年07月15日

「ランチタイム・スタディ2021統計数値」の157日目は、「令和元年度個別労働紛争解決制度施行状況」から「個別労働紛争解決制度の状況」の推定予想問題(選択式)です。


<推定予想問題(個別労働紛争解決制度の状況)>

「個別労働紛争解決制度」は、個々の労働者と事業主との間の労働条件や職場環境などをめぐるトラブルの未然防止や早期解決を支援するもので、「 A 」、労働局長による「助言・指導」、 B による「 C 」の3つの方法がある。

令和元年度は、 A 、助言・指導申出
は前年度と比べ増加した、 C 申請の件数は前年度並みである。 A 件数は12年連続で D 件を超え、高止まりしている。


民事上の個別労働紛争の相談件数、助言・指導の申出件数、 C の申請件数の全てで、「 E 」がトップとなった。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。


[Aの選択肢]  
① 労使交渉相談  ② 総合労使相談  
③ 個別労働相談  ④ 総合労働相談

[Bの選択肢]  
① 労働基準監督官分限審議会  ② 労働政策審議会
③ 都道府県労働委員会  ④ 紛争調整委員会

[Cの選択肢] 
① 仲介  ② 調停  ③ あっせん  ④ 媒介

[Dの選択肢] 
① 50万  ② 100万  ③ 200万  ④ 300万

[Eの選択肢] 
① 自己都合退職  ② 解雇  
③ いじめ・嫌がらせ  ④ 雇止め




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・



A ④ 総合労働相談 (令和元年度個別労働紛争解決制度施行状況) 

B ④ 紛争調整委員会 (
令和元年度個別労働紛争解決制度施行状況) 

C ③ あっせん (
令和元年度個別労働紛争解決制度施行状況) 

D ② 100万 (
令和元年度個別労働紛争解決制度施行状況) 

E ③ いじめ・嫌がらせ (
令和元年度個別労働紛争解決制度施行状況) 




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

令和元年度個別労働紛争解決制度施行状況についてより、個別労働紛争解決制度の状況の問題です。ここは、「いじめ・嫌がらせ」がトップであることと、用語の定義等、正確な用語を押さえるようにしておいてください。



次回もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字