2021年04月04日

インプット講義を受講していただいている方からの「質問カード」で、これはという質問を取り上げて、ご質問があった事項とその回答をお知らせする「学習意欲が高まる!素朴な質問・疑問」の第1回です。

1回目は、「労働基準法」の「フレックスタイム制のコアタイム」に関する質問です。


【質問】
労働基準法(テキスト86ページ)のフレックスタイム制について、「労働者に係る始業及び終業の時刻をその労働者の決定に委ねる」とありますが、始業の時刻、終業の時刻を含めた時間をコアタイムとして設定することは可能なのでしょうか。

例えば9時~18時が就業の会社において9時から10時をコアタイムとして設定することは可能なのでしょうか。

可能であるとすれば労働者の決定に委ねたことにならないのではないかと思い質問させていただきました。



【回答】
フレックスタイム制とは、労働者が日々の始業・終業時刻を労働者自身で決定して働く事ができる制度です。勤務時間をずらすことで、通勤ラッシュを避けることができたり、子供の送り迎えや身内の介護に要する時間を取れるようになるなど、労働者にメリットが大きい制度です。

フレックスタイム制には、コアタイム、フレキシブルタイムを定めることも可能であり、コアタイムとは、労働者が1日のうちで必ず働かなければならない時間帯になります。

フレックスタイム制の事例


コアタイム設けるか否かは任意ですが、これを設ける場合には、その時間帯の開始・終了の時刻を協定で定める必要があります。

コアタイムの時間帯は協定で自由に定めることができ、次のようなことも可能です。
① コアタイムを設ける日と設けない日がある。
② 日によって時間帯が異なる。
③ 「特定の職種の労働者」のみ定める。
④ 個人ごと、課ごと、グループごと等で異なる設定とする。

さて、ご質問の件ですが、フレックスタイム制とは、『就業規則その他これに準ずるもので「始業及び終業の時刻」を労働者の決定に委ねる旨定めること』を指しますので、始業及び終業時刻の両方を労働者の決定に委ねることが必要です。

ゆえに、例えば、始業時刻は決められていて、終業時刻のみ労働者の決定に委ねるものはフレックスタイム制には該当しません。このことから、「例えば9時~18時が就業の会社において9時から10時をコアタイムとして設定する」ということは、実質的に「始業時刻が決められていて、終業時刻のみ労働者の決定に委ねるもの」に該当することになってしまいますので、フレックスタイム制とはいえなくなります。したがって、ご質問の回答の結論としては、「例えば9時~18時が就業の会社において9時から10時をコアタイムとして設定することはできない」ことになります。

では、フレックスタイム制を導入したい会社が、なるべく始業の時刻だけは同じ時刻に設定したい場合に、「例えば9時~18時が就業の会社において9時10分からコアタイムが始まるように、フレキシブルタイムを朝10分しか設けない」ようなことが可能かといえば、これもフレックスタイム制とは認められないことになります。

このように、コアタイムの時間が1日の労働時間とほぼ同程度になるような場合や、フレキシブルタイムの時間帯が極端に短い場合など、労働者が始業及び終業の時刻を自由に決定するという趣旨に反する場合にはフレックスタイム制とはいえなくなるため、コアタイムの設定には注意が必要です。




コメントする

名前
 
  絵文字