2021年03月31日

「ランチタイム・スタディ2021統計数値」の70日目は、「「令和元年度雇用均等基本調査」の概況(企業調査)」から「女性の雇用管理の実態」の調査記載内容です。


女性の雇用管理の実態

【「令和元年度雇用均等基本調査」の概況(企業調査)】

(1)正社員・正職員の男女比率及び構成比

正社員・正職員に占める女性の割合は、25.7%となった。

これを職種別にみると、総合職20.1%限定総合職32.5%一般職32.3%、その他24.1%となっている。

[職種別正社員・正職員の男女比率]
職種別正社員・正職員の男女比率

<ポイント>
・正社員・正職員は、男性3人に対し、女性1人の割合です。(約25%)

・総合職は、男性4人に対し、女性1人の割合です。(約20%)

・一般職、限定総合職は、男性2人に対し、女性1人の割合です。(約33%)



女性の正社員・正職員に占める各職種の割合は、一般職42.3%と最も高く、次いで総合職38.8%限定総合職12.7%の順となっている。

[男女別職種別正社員・正職員割合]
男女別職種別正社員・正職員割合



<ポイント>
・正社員の女性で割合が多い順は、①一般職、②総合職、③限定総合職の順になります。

・女性の正社員が10人いたとしたら、総合職、一般職がそれぞれ4人ずつ、限定総合職が1人、その他が1人の割合になります。

・正社員の男性で割合が多い順は、①総合職、②一般職、③限定総合職の順になります。

・男性の正社員が10人いたとしたら、総合職が5人、一般職が3人、限定総合職が1人、その他が1人の割合になります。



明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字