2021年04月01日

「ランチタイム・スタディ2021統計数値」の71日目は、「「令和元年度雇用均等基本調査」の概況(企業調査)」から「女性の雇用管理の実態」の調査記載内容です。


女性の雇用管理の実態

【「令和元年度雇用均等基本調査」の概況(企業調査)】

(2)正社員・正職員の男女別採用状況

平成31年春卒業の新規学卒者を採用した企業割合21.2%と、前回調査に比べ1.0 ポイント低下した。

このうち、男女とも採用した企業が42.1%と最も多くなっている。

採用した企業について採用区分ごとにみると、総合職については「男女とも採用」した企業が52.0%と最も高く、「男性のみ採用」した企業は32.2%、「女性のみ採用」した企業は15.8%となっている。

限定総合職については「男性のみ採用」した企業が52.9%と最も高く、次いで「男女とも採用」した企業は24.9%、「女性のみ採用」した企業は22.2%となっている。

一般職については「男性のみ採用」した企業が40.4%と最も高く、次いで「男女とも採用」した企業は29.8%、「女性のみ採用」した企業が29.8%となっている。


<ポイント>
・新規学卒者を採用した企業割合は約2割で、そのうち約4割が男女とも採用しています。

・総合職は「男女とも採用」し、限定総合職、一般職は「男性のみ採用」する傾向にあります。ここは、1年前までは、一般職は「女性のみ採用」した企業割合が最も高かったので気を付けてください。



明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字