2021年03月26日

「ランチタイム・スタディ2021統計数値」の66日目は、「令和元年版働く女性の実情」から「働く女性の実情」の調査記載内容です。


働く女性の実情

【令和元年年版働く女性の実情】

(3)配偶関係別労働力率~有配偶者は「20~24 歳」を除き各年齢階級で労働力率が上昇~

配偶関係別に令和元年の女性の労働力率をみると、未婚者66.7%有配偶者56.0%死別・離別者31.9%となっている。

年齢階級別にみると、未婚者では「25~29歳」(92.9%)が最も高い。

一方、有配偶者は、「45~49歳」(79.3%)が最も高く、前年に比べ「20~24歳」を除く全ての年齢階級においても労働力率は上昇している。


10年前と比べると全ての年齢階級で労働力率は上昇しており、上昇幅が最も大きいのは「25~29歳」(18.5 ポイント上昇)であった。

女性の年齢階級別労働力率の底である「35~39歳」も 14.6 ポイント上昇している。

<ポイント>
・女性の労働力率は、未婚者約7割、有配偶者約6割、死別・離別者は約3割です。なお、未婚者とは結婚を1度もしたことがない女性、有配偶者は結婚して現在、夫が健在である女性、死別者は夫が亡くなってしまった女性、離別者は離婚した女性となります。ここで、死別・離別者の労働力率が約3割と低く、死別者は別として離別者は働かなければならない状況であるのに、どうしてこんなに労働力率が低いのかという疑問を持つ方がいらっしゃることと思います。実は、15歳以上の死別・離別者の女性の人数は1,162万人中、65歳以上の女性が865万人を占めており、65歳以上の女性の中には80歳や90歳の女性も含まれていますので、夫に先立たれてしまった高齢の女性はすべてこのカテゴリーに属することになります。死別・離別者というカテゴリーは、65歳未満であれば、離別者の方が圧倒的に多いのですが、65歳以上になれば、死別者の方が圧倒的に多くなるため、全体でみると、死別・離別者の女性の労働力率は低くなります。なお、15歳以上65歳未満女性の死別・離別者の労働力率だけをみると、86.2%(256万人÷297万人)となっています。

・女性の労働力率で最も高い年齢層は、未婚者は「25~29歳」、有配偶者は「45~49歳」となります。有配偶者は「45~49歳」が最も高いのは、子育てを終えて働き始める女性が増えるためと考えられます。

・有配偶者は10年前と比べると全ての年齢階級で労働力率は上昇していますが、上昇幅が最も大きいのは「25~29歳」とあるのは、通常、結婚を迎える年齢となり、以前は結婚と同時に仕事を辞めていた人が多かったところが、辞めなくなっていると考えてください。ここでは、前回取り上げた『10年前の平成21年と比較すると、上昇幅が最も大きいのは「60~64歳」』と混同しないようにしてください。10年前と比べて有配偶者の上昇幅が最も大きいのは「25~29歳」であり、女性全体となると、10年前と比べて有配偶者の上昇幅が最も大きいのは「60~64歳」となります。



明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字