2021年02月20日

「ランチタイム・スタディ2021統計数値」の第37回は、「労働力調査(基本集計)」から「失業の動向」の調査記載内容です。



失業の動向

【労働力調査(基本集計)令和2年平均(速報)結果の概要】


(1)完全失業者 ―― 完全失業者は29万人の増加

完全失業者数は、2020年平均で191万人と、前年に比べ29万人の増加(11年ぶりの増加)となった。

男女別にみると、男性115万人と19万人の増加女性76万人と10万人の増加となった。

<ポイント>
・完全失業者は増加しており、200万人に迫っています。
・完全失業者は、女性より男性の方が多い状況です。


(2)完全失業率 ―― 完全失業率は2.8%と、前年に比べ0.4ポイントの上昇

完全失業率(労働力人口に占める完全失業者の割合)は、2020年平均で2.8%と、前年に比べ0.4ポイントの上昇(11年ぶりの上昇)となった。

男女別にみると、男性3.0%と0.5ポイントの上昇、女性2.5%と0.3ポイントの上昇となった。
完全失業率の男女差0.5ポイントとなった。
男女、年齢階級別にみると、前年に比べ男性、女性共に全ての年齢階級で上昇となった。

<ポイント>
・完全失業率は上昇しているものの2.8%であり、3%には達していません。
・完全失業率の男女差は、平成10年以降23年連続で男性が女性を上回って推移しています。



来週もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字