2021年01月03日

年末にいくつかご質問がありましたので、合格ターゲットコースの特長についてお伝えしておきます。

まず、大前提として、合格ターゲットコースは、次の3つの特長があります。

合格ターゲットコースの3つの特長



一般的に、他社でよく見受けられるWeb視聴講座の特徴としては、次の3つが挙げられます。
① 基本事項に特化したテキストを使用
② 講義時間は短時間で解説
③ 料金は格安

このようなケースでは、おそらく、基本事項だけを的確に押さえて、最低限の学習時間と予算で合格を果たすというところがコンセプトとなっているはずです。

合格ターゲットコースは、上記②については同じですが、①、③が違います。

①については、合格ターゲットコースでは、情報量の多い「プレミアムテキスト」(全10冊)を使用します。
③については、格安な料金は同じであっても、改正・白書・模試までもが付いていますので、不足するとすればあとは問題集くらいということになります。

すなわち、合格ターゲットコースは、情報量の多いテキストを使用しながら、講義は短時間で終わらせ、料金を押さえているところが持ち味です。


合格ターゲットコースの特長を5つほど、挙げておきます。

1 合格ターゲットコースのインプット講義の特長


カリキュラム(短時間インプット+改正+白書+模試)

出るとこ主義

出るとこ主義


2 プレミアムテキストの特長

情報量が豊富
選択式を意識して作られたテキスト
読みやすい工夫と配慮
講義で使用するプレミアムテキストの特長


3 木田麻弥講師の講義の特長

①「選択式」に強い
② 基礎マスターノート(木田講師オリジナルレジュメ)でトレーニングが可能


4 合格ターゲット講座を使って合格するための学習の進め方

合格ターゲットコースでの学習方法


①まず、講義を視聴してください。
②講義視聴後には、講義範囲のテキストを読み込んでください。
③過去問に目を通して(又は解いて)ください。
④最後に、講義を2倍速で視聴してください。
インプットの時期には、これを繰り返すわけですが、2.5時間の講義範囲について、講義時間を合わせて12時間で理解していくペースでやってみてください。

学習開始時期と、終わりの時期(5~6月)から逆算して、この12時間の学習を、4日でこなすのか、5日でこなすのか、あるいは、7日(1週間)でこなすのかを決めて実践していってください。


5 合格ターゲットコースは、どういう人向けなのか

前提としては、「テキストを自分で読みこなせる方」向けです。
テキストは自分で読み進めて内容はほぼ理解できるので、「覚える箇所だけを的確に指摘してほしい」という方が対象となります。


プラスαの要素としては、次のものが挙げられます。

詳しいテキストで学習をしたい

インプット講義は短い方がいい
=忙しくて学習時間が確保できない
=ポイントのしぼった講義が聴きたい
=段階をおった学習がしたい
=無理なくスケジュールを消化したい

選択式の学習に力を入れたい

少ない予算で最大の効果を得たい


内容量の薄いテキストを使用して学習をしていくと、本試験において基本問題は正解できるものの、学習範囲が狭いため、学習していない範囲からの問題に対応できないことになります。

特に、選択式はテキストの読み込みが必須事項となりますから、択一式の総得点は何とかなるという方にとっては、格好のコースといえます。

また、合格ターゲットコースにお申込みいただいた方には、個別相談が付いています。
個別相談が強い味方になります。
2021年向けパックコース受講生向け「個別相談」の初回の注意事項



コメントする

名前
 
  絵文字