2020年12月29日

「ランチタイム・スタディ 2020本試験」の第90問です。

90問目は、択一式の労働基準法です。

正答率15%の問題で、難問です。

※難問とは、合格者でも正答率が50%を割ってしまっている問題を指します。
※令和2年度社労士本試験の中で、3番目に正答率が低かった問題です。


<問題( 択一式 労災 問3 )>

〔問〕 労災保険法第33条第5号の「厚生労働省令で定める種類の作業に従事する者」は労災保険に特別加入することができるが、「厚生労働省令で定める種類の作業」に当たる次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A 国又は地方公共団体が実施する訓練として行われる作業のうち求職者を作業環境に適応させるための訓練として行われる作業

B 家内労働法第2条第2項の家内労働者又は同条第4項の補助者が行う作業のうち木工機械を使用して行う作業であって、仏壇又は木製若しくは竹製の食器の製造又は加工に係るもの

C 農業(畜産及び養蚕の事業を含む。)における作業のうち、厚生労働大臣が定める規模の事業場における土地の耕作若しくは開墾、植物の栽培若しくは採取又は家畜(家きん及びみつばちを含む。)若しくは蚕の飼育の作業であって、高さが1メートル以上の箇所における作業に該当するもの

D 日常生活を円滑に営むことができるようにするための必要な援助として行われる作業であって、炊事、洗濯、掃除、買物、児童の日常生活上の世話及び必要な保護その他家庭において日常生活を営むのに必要な行為

E 労働組合法第2条及び第5条第2項の規定に適合する労働組合その他これに準ずるものであって厚生労働大臣が定めるもの(常時労働者を使用するものを除く。以下「労働組合等」という。)の常勤の役員が行う集会の運営、団体交渉その他の当該労働組合等の活動に係る作業であって、当該労働組合等の事務所、事業場、集会場又は道路、公園その他の公共の用に供する施設におけるもの(当該作業に必要な移動を含む。)



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



C
   


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

  (則46条の18) Cは、高さ「1メートル」以上ではなく「2メートル」以上が正しい記述である。農業(畜産及び養蚕の事業を含む。)における次に掲げる作業は、厚生労働省令で定める種類の作業に該当する。

①厚生労働大臣が定める規模の事業場における土地の耕作若しくは開墾、植物の栽培若しくは採取又は家畜(家きん及びみつばちを含む。)若しくは蚕の飼育の作業であって、次のいずれかに該当するもの
(ア)動力により駆動される機械を使用する作業
(イ)高さが2メートル以上の箇所における作業
(ウ)労働安全衛生法施行令別表第6第7号に掲げる酸素欠乏危険場所における作業
(エ)農薬の散布の作業
(オ)牛、馬又は豚に接触し、又は接触するおそれのある作業

②土地の耕作若しくは開墾又は植物の栽培若しくは採取の作業であって、厚生労働大臣が定める種類の機械を使用するもの

なお、C以外については、「厚生労働省令で定める種類の作業」に当たる。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の労災保険法の問3は、一人親方等の特別加入のうち、特定作業従事者に係る具体的な作業の内容に関する問題でした。特に正解肢であるCの内容は、細かいところであり正解するのは困難であると思われます。


明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
 
  絵文字