2020年12月27日

「ランチタイム・スタディ 2020本試験」の第88問です。

88問目は、択一式の健康保険法です。

正答率20%の問題で、難問です。

※難問とは、合格者でも正答率が50%を割ってしまっている問題を指します。


<問題( 択一式 健保 問2 )>

〔問〕 健康保険法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A 保険医又は保険薬剤師の登録の取消しが行われた場合には、原則として取消し後5年間は再登録を行わないものとされているが、過疎地域自立促進特別措置法に規定する過疎地域を含む市町村(人口5万人以上のものを除く。)に所在する医療機関又は薬局に従事する医師、歯科医師又は薬剤師については、その登録の取消しにより当該地域が無医地区等となる場合は、取消し後2年が経過した日に再登録が行われたものとみなされる。

B 高額介護合算療養費に係る自己負担額は、その計算期間(前年の8月1日からその年の7月31日)の途中で、医療保険や介護保険の保険者が変更になった場合でも、変更前の保険者に係る自己負担額と変更後の保険者に係る自己負担額は合算される。

C 特定健康保険組合とは、特例退職被保険者及びその被扶養者に係る健康保険事業の実施が将来にわたり当該健康保険組合の事業の運営に支障を及ぼさないこと等の一定の要件を満たしており、その旨を厚生労働大臣に届け出た健康保険組合をいい、特定健康保険組合となるためには、厚生労働大臣の認可を受ける必要はない。

D 指定訪問看護事業者が、訪問看護事業所の看護師等の従業者について、厚生労働省令で定める基準や員数を満たすことができなくなったとしても、厚生労働大臣は指定訪問看護事業者の指定を取り消すことはできない。

E 被保険者資格を取得する前に初診日がある傷病のため労務に服することができず休職したとき、療養の給付は受けられるが、傷病手当金は支給されない。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



B
   


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A × (法71条、平10.7.27老発485号・保発101号) 過疎地域活性化特別措置法に規定する過疎地域を含む市町村に所在する医療機関等に従事する医師等(その登録取消により、当該地域が無医地区等となるものに限る。)その他地域医療の確保を図るために再登録をしないと支障が生じると認められる医師等については、「取消し後2年が経過した日に再登録が行われたものとみなされる」のではなく、「取消後2年未満で再登録を認めることができる」。

B 〇 (法115条の2、令43条の2第1項、介保令22条の3第2項) 本肢のとおりである。高額介護合算療養費に係る自己負担額は、計算期間の途中で保険者が変更になった場合でも合算される。

C × (法附則3条1項、則163条) 特定健康保険組合とは、厚生労働省令で定める要件に該当するものとして厚生労働大臣の認可を受けた健康保険組合をいう。なお、厚生労働省令で定める要件とは、本肢に規定するもののほか、①特例退職被保険者に係る保険給付及び保険料等の徴収を適切かつ確実に行うことができること、②特例退職被保険者等に対し特例退職被保険者等以外の被保険者及びその被扶養者に対すると同程度又はこれを超える水準の保健事業及び福祉事業を行うことができること、がある。

D × (法95条) 本肢の場合には、厚生労働大臣は、指定訪問看護事業者に係る指定を取り消すことができる。

E × (法63条1項、法99条、昭26.5.1保文発1346号) 被保険者の資格取得が適正である限り、被保険者資格取得前の疾病、負傷に対しても、療養の給付及び傷病手当金が支給される。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の健康保険法の問2は、正解肢であるBの内容を知っていればすぐに正解できるものの、難易度が高かったため、AやEに解答してしまった方が多かったようです。


明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
 
  絵文字