2020年12月08日

「ランチタイム・スタディ 2020本試験」の第69問です。

69目は、択一式の健康保険法です。

正答率41%の問題で、難問です。

※難問とは、合格者でも正答率が50%を割ってしまっている問題を指します。


<問題( 択一式 健保 問9 )>

〔問〕 健康保険法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A 被扶養者の認定において、被保険者が海外赴任することになり、被保険者の両親が同行する場合、「家族帯同ビザ」の確認により当該両親が被扶養者に該当するか判断することを基本とし、渡航先国で「家族帯同ビザ」の発行がない場合には、発行されたビザが就労目的でないか、渡航が海外赴任に付随するものであるかを踏まえ、個別に判断する。

B 給与の支払方法が月給制であり、毎月20日締め、同月末日払いの事業所において、被保険者の給与の締め日が4月より20日から25日に変更された場合、締め日が変更された4月のみ給与計算期間が3月21日から4月25日までとなるため、標準報酬月額の定時決定の際には、3月21日から3月25日までの給与を除外し、締め日変更後の給与制度で計算すべき期間(3月26日から4月25日まで)で算出された報酬を4月の報酬とする。

C 育児休業取得中の被保険者について、給与の支払いが一切ない育児休業取得中の期間において昇給があり、固定的賃金に変動があった場合、実際に報酬の支払いがないため、育児休業取得中や育児休業を終了した際に当該固定的賃金の変動を契機とした標準報酬月額の随時改定が行われることはない。

D 全国健康保険協会管掌健康保険の被保険者資格を取得した際の標準報酬月額の決定について、固定的賃金の算定誤りがあった場合には訂正することはできるが、残業代のような非固定的賃金について、その見込みが当初の算定額より増減した場合には訂正することができないとされている。

E 適用事業所に期間の定めなく採用された者は、採用当初の2か月が試用期間として定められていた場合であっても、当該試用期間を経過した日から被保険者となるのではなく、採用日に被保険者となる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



C
   


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A 〇 (法41条1項、令元11.13保保発1113第1号) 本肢のとおりである。「外国に赴任する被保険者に同行する者」に係る被扶養者の認定は、「家族帯同ビザ」の確認により判断することを基本とする。

B 〇 (法41条1項、平29.6.2事務連絡) 本肢のとおりである。給与の締め日が変更になった場合における定時決定については、支払基礎日数が暦日を超えて増加したときは、通常受ける報酬以外の報酬を受けることとなるため、超過分の報酬を除外した上で、その他の月の報酬との平均を算出し、標準報酬月額を保険者算定する。なお、給与締め日の変更によって給与支給日数が減少した場合であっても、支払基礎日数が17日以上であれば、通常の定時決定の方法によって標準報酬月額を算定する。

C × (法43条1項、平29.6.2事務連絡) 育児休業取得中の被保険者について、無給期間中に固定的賃金に変動があった場合には、職場復帰後において、実際に変動後の報酬を受けた月を起算月として、随時改定が行われる。

D 〇 (法42条1項、平29.6.2事務連絡) 本肢のとおりである。被保険者資格を取得した際の標準報酬月額の決定について、例えば残業代が当初の見込みよりも増減した場合、標準報酬月額の訂正を行うことはできない。

E 〇 (法35条、昭13.10.22社庶229号) 本肢のとおりである。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の健康保険法の問9は、実務的な内容の問題が多く、かなり難易度が高い問題であったといえます。



明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
 
  絵文字