2020年11月19日

「ランチタイム・スタディ 2020本試験」の第50問です。

50問目は、択一式の労災保険法です。

正答率59%の問題です。
※いよいよ正答率が60%を割りました。


<問題( 択一式 労災 問5 )>

〔問〕 障害等級認定基準についての行政通知によれば、既に右示指の用を廃していた(障害等級第12級の9、障害補償給付の額は給付基礎日額の156日分)者が、新たに同一示指を亡失した場合には、現存する身体障害に係る障害等級は第11級の6(障害補償給付の額は給付基礎日額の223日分)となるが、この場合の障害補償給付の額に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A 給付基礎日額の 67 日分
B 給付基礎日額の 156 日分
C 給付基礎日額の 189 日分
D 給付基礎日額の 223 日分
E 給付基礎日額の 379 日分



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



A
   


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

(則14条5項) 本肢の場合は、加重による取扱いとなる。したがって、現存する身体障害に係る障害等級の第11級(給付基礎日額の223日分)から、既存していた身体障害に係る障害等級の第12級(給付基礎日額の156日分)を差し引いた額である「給付基礎日額の67日分」が、障害補償給付の額となる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の労災保険法の問5は、加重の問題でした。加重とわかれば、差し引いた日分の額が支給されるため、難なく解答できますが、Dを選んでしまった方も多く見受けられました。

※「加重」とは、既存の身体障害と同一の部位について、業務上の負傷又は疾病によって障害の程度がさらに重くなることをいい、自然的経過によって障害の程度が重くなった場合は、加重には当たらない。



明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
 
  絵文字