2020年10月21日

「ランチタイム・スタディ 2020本試験」の第21問です。

21問目は、択一式の労働安全衛生法です。

正答率78%の問題です。



<問題( 択一式 安衛 問8 )>

〔問〕 労働安全衛生法第66条の8から第66条の8の4までに定める面接指導等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

A 事業者は、休憩時間を除き1週間当たり40時間を超えて労働させた場合におけるその超えた時間が1月当たり60時間を超え、かつ、疲労の蓄積が認められる労働者から申出があった場合は、面接指導を行わなければならない。

B 事業者は、研究開発に係る業務に従事する労働者については、休憩時間を除き1週間当たり40時間を超えて労働させた場合におけるその超えた時間が1月当たり80時間を超えた場合は、労働者からの申出の有無にかかわらず面接指導を行わなければならない。

C 事業者は、労働基準法第41条の2第1項の規定により労働する労働者(いわゆる高度プロフェッショナル制度により労働する労働者)については、その健康管理時間(同項第3号に規定する健康管理時間をいう。)が1週間当たり40時間を超えた場合におけるその超えた時間が1月当たり100時間を超えるものに対し、労働者からの申出の有無にかかわらず医師による面接指導を行わなければならない。

D 事業者は、労働安全衛生法に定める面接指導を実施するため、厚生労働省令で定めるところにより、労働者の労働時間の状況を把握しなければならないが、労働基準法第41条によって労働時間等に関する規定の適用が除外される労働者及び同法第41条の2第1項の規定により労働する労働者(いわゆる高度プロフェッショナル制度により労働する労働者)はその対象から除いてもよい。

E 事業者は、労働安全衛生法に定める面接指導の結果については、当該面接指導の結果の記録を作成して、これを保存しなければならないが、その保存すべき年限は3年と定められている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



C
   


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A × (法66条の8第1項、則52条の2) 面接指導の対象とされる労働者は、休憩時間を除き1週間当たり40時間を超えて労働させた場合におけるその超えた時間が1月当たり「80時間」を超え、かつ、疲労の蓄積が認められる者とされる。

B × (法66条の8の2第1項、則52条の7の2第1項) 研究開発業務に従事する労働者については、休憩時間を除き1週間当たり40時間を超えて労働させた場合におけるその超えた時間が1月当たり「100時間」を超えた場合は、労働者からの申出の有無にかかわらず、面接指導を行わなければならない。

C 〇 (法66条の8の4第1項、則52条の7の4第1項) 本肢のとおりである。なお、健康管理時間とは、対象労働者が事業場内にいた時間と事業場外において労働した時間との合計の時間をいう(労基則34の2第7項)。

D × (法66条の8の3) 労働時間の状況を把握する対象者には、労働基準法41条によって労働時間等に関する規定の適用が除外される労働者(管理監督者等)も含まれる。なお、高度プロフェッショナル制度対象労働者については、対象から除かれている。

E × (法66条の8第3項、則52条の6第1項) 面接指導の結果の記録については、「5年間」保存しなければならないとされている。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の労働安全衛生法の問8は、面接指導等に関する問題でした。面接指導は、近年、試験で問われやすい箇所でもあり、丹念に学習していたことと思います。今回、A、B、C、Eは数字が論点で、Dは基本事項でしたので、まとめて押さえていれば、正解することは比較的、容易だったと思われます。



明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
 
  絵文字