2020年10月17日

「ランチタイム・スタディ 2020本試験」の第17問です。

17問目は、択一式の厚生年金保険法です。

正答率81%の問題です。



<問題( 択一式 厚年 問5 )>

〔問〕 厚生年金保険法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A 被保険者の報酬月額の算定に当たり、報酬の一部が通貨以外のもので支払われている場合には、その価額は、その地方の時価によって、厚生労働大臣が定める。

B 被保険者の死亡当時10歳であった遺族厚生年金の受給権者である被保険者の子が、18歳に達した日以後の最初の3月31日が終了したことによりその受給権を失った場合において、その被保険者の死亡当時その被保険者によって生計を維持していたその被保険者の父がいる場合でも、当該父が遺族厚生年金の受給権者となることはない。

C 第1号厚生年金被保険者期間と第2号厚生年金被保険者期間を有する者について、第1号厚生年金被保険者期間に基づく老齢厚生年金と、第2号厚生年金被保険者期間に基づく老齢厚生年金は併給される。

D 障害厚生年金の保険給付を受ける権利は、国税滞納処分による差し押さえはできない。

E 老齢厚生年金の保険給付として支給を受けた金銭を標準として、租税その他の公課を課することはできない。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・



E
   


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A 〇 (法25条) 本肢のとおりである。

B 〇 (法59条2項) 本肢のとおりである。遺族厚生年金を受けることができる遺族の順位は、①配偶者又は子、②父母、③孫、④祖父母の順であり、労働者災害補償保険法の遺族補償年金(遺族年金)とは異なり、転給の制度はない。

C 〇 (法38条、法78条の22) 本肢のとおりである。

D 〇 (法41条1項) 本肢のとおりである。

E × (法41条2項) 老齢厚生年金については、支給を受けた金銭を標準として、租税その他の公課を課することができる。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・択一式の厚生年金保険法の問5は、どの肢も講義で説明する基本事項であり、正解することは容易だったと思われます。



明日もがんばりましょう。




コメントする

名前
 
  絵文字