2020年10月04日

9月30日、試験センターより、択一式労災問6について、全員正解との見解がなされました。
これを受けて、合格ラインが若干、修正になります。
(下線部分が修正箇所)

選択式】

〇各科目3点以上、合計24点以上
・ただし、「労働一般常識」は2点救済の可能性が高く、「社会保険一般常識」は2点救済の可能性がある。

択一式】
〇各科目4点以上、合計43点又は44点以上
・救済科目はない。


<択一式>
・択一式については、労災問6が全員正解となったことから、合格ラインは44点が濃厚です。
・ただし、その効果は約0.5点のアップにとどまっていることから、43点の芽も残ると思われます。


<選択式> ※速報時点と同じ内容です。
・選択式については、例年の傾向からみて、「労働一般常識」の2点救済される可能性はかなり高いものと思われます。
・続いて救済が考えられる科目が「社会保険一般常識」になりますが、2点だった受験生の占める占率が一番高いものの、1点、0点だった受験生が比較的少なく、可能性は五分五分といったところでしょうか。
・3番目に救済が考えられる科目が「労働基準法及び労働安全衛生法」となりますが、3点だった受験生の占める占率が一番高く、2点がそれに次いで高いものの、1点、0点だった受験生が社会保険一般常識よりも少なく、残念ながら救済されないと考えられます。
・4番目に救済が考えられる科目は「健康保険法」になりますが、2点から4点の得点である受験生が多く、1点、0点だった受験生が労働基準法及び労働安全衛生法よりも多いものの、救済までは届かないものと思われます。


※「合格ライン予想」は、佐藤塾での成績分析診断の集計結果に基づく佐藤塾独自の見解ですので、合格ラインを保証するものではありません。



コメントする

名前
 
  絵文字