2020年08月20日

「ランチタイム・スタディ2020統計数値」の144日目は、「平成29年就業構造基本調査結果の概要(全国結果)」から「就業の状態」の過去問(選択式)です。


<問題(就業の状態)>

我が国の就業・不就業の実態を調べた「就業構造基本調査(総務省)」をみると、平成29年の女性の年齢別有業率は、平成24年に比べて【 A 】した。また、平成29年調査で把握された起業者総数に占める女性の割合は約【 B 】割になっている。



step1 選択肢を見ない状態で、答を紙に書いてみてください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 次の選択肢の中から答を選んでください。


Aの選択肢
① 20歳代以下の層のみ低下
② 30歳代と40歳代で低下
③ 65歳以上の層のみ上昇
④ すべての年齢階級で上昇

Bの選択肢
⑤ 1   ⑥ 2
⑦ 3   ⑧ 4


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 正解は・・・


A → ④ すべての年齢階級で上昇 (平成29年就業構造基本調査結果の概要(全国結果))(R1)

B → ⑥ 2(平成29年就業構造基本調査結果の概要(全国結果))(R1)


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step4 コメント

・「平成29年就業構造基本調査結果の概要(全国結果)」からの出題で、令和元年(昨年)に選択式で出題されています。「就業構造基本調査」は、5年に1度の調査になりますから、今年の本試験も昨年と同様の「平成29年」が試験範囲となります。2年続けて同じ統計で選択式が出題されることは稀だと思われますが、択一式の1肢として出題されることは考えられます。(もちろん、令和元年出題とは違った箇所で。)念のため、調査記載事項は、一読しておいてください。



明日(最終回)もがんばりましょう。




コメントする

名前
 
  絵文字