2020年08月14日

「ランチタム・スタディ2020統計数値」の138日目は、「平成28年パートタイム労働者総合実態調査」から「パートタイム労働者の実態」の推定予想問題です。



<推定予想問題(パートタイム労働者の実態)>

〔問〕 パートタイム労働者の実態に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

A 平成28年10月1日現在で、「パートを雇用している事業所」の割合は約7割であり、事業所規模別にみると、事業所規模が大きくなるほど「パートを雇用している事業所」の割合がおおむね高くなっている。

B 平成28年10月1日現在の正社員以外の労働者割合は37.2%、うちパートの労働者割合は27.4%となっている。

C 正社員とパートの両方を雇用している事業所について、パートを雇用する理由(複数回答)をみると、「1日の忙しい時間帯に対処するため」が41.6%と最も高い割合となっており、次いで「人件費が割安なため(労務コストの効率化)」41.3%、「仕事内容が簡単なため」36.0%の順となっている。

D 正社員とパートの両方を雇用している事業所のうち、パートの労働契約の中での「雇用期間の定めがある」事業所は54.6%、「雇用期間の定めがない」事業所は45.4%となっている。事業所規模別にみると、事業所規模が大きいほど期間の定めが有る事業所の割合が高くなっている。

E 正社員とパートの両方を雇用している事業所のうち、「パートの正社員転換制度がある」事業所の割合は、「制度がない」事業所の割合よりも高くなっている。






-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 正解は・・・


E



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 解説

A 〇 (平成28年パートタイム労働者総合実態調査)本肢のとおりである。平成28年10月1日現在で、「パートを雇用している事業所」の割合は68.8%、「正社員とパートの両方を雇用している事業所」の割合は64.0%、「正社員のみ雇用している事業所」の割合は20.5%となっている。

B 〇 (平成28年パートタイム労働者総合実態調査)本肢のとおりである。

C 〇 (平成28年パートタイム労働者総合実態調査)本肢のとおりである。

D 〇 (平成28年パートタイム労働者総合実態調査)本肢のとおりである。

E ☓ (平成28年パートタイム労働者総合実態調査)正社員とパートの両方を雇用している事業所のうち、「パートの正社員転換制度がある」事業所の割合は44.2%、「制度がない」事業所の割合は52.1%となっている。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・数字も順番も問われる可能性があり、気が抜けないところではありますが、一通りは目を通しておきたいところです。

明日もがんばりましょう。







コメントする

名前
 
  絵文字