2020年08月11日

「ランチタイム・スタディ2020統計数値」の135日目は、「平成28年パートタイム労働者総合実態調査」から「パートタイム労働者の実態」の調査記載内容です。


パートタイム労働者の実態

【平成28年パートタイム労働者総合実態調査】

(1)就業形態別就労状況

① 就業形態別労働者を雇用している事業所の割合

平成28年10月1日現在で、「パートを雇用している事業所」の割合は68.8%、「正社員とパートの両方を雇用している事業所」の割合は64.0%、「正社員のみ雇用している事業所」の割合は20.5%となっている。

これを産業別にみると、「パートを雇用している事業所」は「宿泊業・飲食サービス業」が95.5%と最も高い割合となっており、次いで「医療・福祉」90.6%、「教育・学習支援業」85.9%の順となっている。

事業所規模別にみると、事業所規模が大きくなるほど「パートを雇用している事業所」の割合がおおむね高くなっている


② 就業形態別労働者の割合

平成28年10月1日現在の正社員以外の労働者割合37.2%、うちパートの労働者割合27.4%となっている。

これを男女別にみると、では「正社員以外の労働者」は22.6%、うち「パート」は13.0%では「正社員以外の労働者」は55.0%、うち「パート」は44.9%となっている。

各就業形態の性別の割合をみると、「パート」は25.9%74.1%となっている。

産業別にみると、「宿泊業・飲食サービス業」が60.2%と最も高く、次いで「生活関連サービス業・娯楽業」44.6%、「卸売業・小売業」41.1%となっている。

事業所規模別にみると、事業所規模が小さいほど「パート」の割合は高くなっている



明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字