2020年07月29日

「ランチタイム・スタディ2020統計数値」の122日目は、「労働者派遣事業の平成30年度事業報告の集計結果(速報)」及び「労働者派遣事業の令和元年6月1日現在の状況」から「派遣労働者の実態」の推定予想問題です。


<問題(派遣労働者の実態)>

① 派遣労働者数・・・ A (対前年度比:17.3%増)

  うち、無期雇用派遣労働者 550,625人(対前年度比:41.3%増)

② 派遣先件数・・・ B (対前年度比:2.5%減)

③ 年間売上高・・・ C 3,816億円(対前年度比:1.8%減)

④ 派遣料金(8時間換算平均)・・・ D (対前年度比:8.9%増)

⑤ 派遣労働者の賃金(8時間換算平均)・・・ E (対前年度比:7.6%増)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step1 次の選択肢の中から答を選んでください。



Aの選択肢
① 約117万人   ② 約157万人   ③ 約197万人   ④ 約217万人

Bの選択肢
①  約69万件  ② 約89万件  ③  約109万件  ④  約129万件

Cの選択肢
① 2兆    ② 4兆   ③ 6兆   ④ 8兆

Dの選択肢
①  17,044円  ② 19,044円  ③  21,044円  ④  23,044円

Eの選択肢
① 10,888円    ② 12,888円    ③ 14,888円    ④ 16,888円



-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step2 正解は・・・

A ② 約157万人 (労働者派遣事業の令和元年6月1日現在の状況)

B ① 約69万件 (労働者派遣事業の平成30年度事業報告の集計結果(速報))

C ③ 6兆 (労働者派遣事業の平成30年度事業報告の集計結果(速報))

D ④  23,044円 (労働者派遣事業の平成30年度事業報告の集計結果(速報))

E ③ 14,888円 (労働者派遣事業の平成30年度事業報告の集計結果(速報))


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
step3 コメント

・「派遣労働者の実態」から、派遣労働者数、派遣先件数、売上、派遣料金、賃金の数値を問う問題です。Aの派遣労働者数は、約150万人であり、本問の中で最も重要です。また、Aの内訳としては、有期雇用派遣労働者の方が多いことも押さえておきましょう。



明日もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字