2020年07月16日

「白書・統計数値解きまくり」の問題数や講義時間、効果についてのご質問が数名の方からありました。
今年の講座に関しては、現在、作成中ですので、詳細をお伝え出来ませんので、問題数やタイムテーブルについては、昨年に実施した内容をお伝えいたします。
(今年に関しては、多少、問題数が動くかもしれませんが、大きくは変動しません。)

1.問題数
・白書(厚生労働白書・労働経済白書等) 選択式11問  択一式14問
・労働統計数値 選択式10問 択一式17問

2.LIVE講義でのタイムテーブル
・10:30~10:35 オリエンテーション(5分)
・10:35~11:50 演習(労働統計)(75分)
・12:00~13:00 解説講義(60分)
・14:00~15:20 演習(厚生労働白書・労働経済白書)(80分)
・15:30~16:30 解説講義(60分)
※講義時間は多少延長する場合があります。

3.効果
①問題を実際に解いていただくことで、理解されていない箇所が浮き彫りになる。
②解説講義を視聴していただくことで、覚え方や考え方を知ることができる。
③本講義で、白書・統計数値のテキストを1冊、熟読する効果が望める。

よろしくお願いします。



コメントする

名前
 
  絵文字