2020年05月30日

こんな記事がありました。

雇用情勢は急激に悪化:実質的な失業率は4月に4%近くまで上昇か

コロナ解雇が止まらない…拡大なら失業率6.7%の衝撃試算


今年の試験対策の数字としては、次の数字を覚えてください。

完全失業者数162万人完全失業率2.4%で、男性の方が女性よりも、完全失業者数・率ともに高い。
解説】【過去問】【推定予想問題(択一式)】【推定予想問題(選択式)

有効求人倍率は、1.60倍で前年よりも減少した。
解説】【推定予想問題

就業者数は、6,724万人60万人の増加)。
就業率60.6%(0.6ポイントの上昇)。
解説】【推定予想問題


記事の中に、次のような文章があります。

「前月から107万人減少した4月の就業者数(季節調整値)を、実質的な失業者とみなした場合には、失業者は279万人に達し、失業率は4.1%となる計算だ。
また、新規求職者数も107万人に増加するとすれば、有効求人倍率は4月の1.32倍(季節調整値)から0.82倍へと一気に1倍割れになる計算だ。」

前年から60万人ふえた就業者ですが、わずか1か月で107万人減少と記事にありますから、一気に前年増加分が吹き飛んだことになり、大幅な減少になります。
有効求人倍率も、一気に1倍を切るとなると、かなりの急下降ということになります。


本試験で問われるこれらの数字を押さえた後に、その数字を前提として記事を読むと、出てくる数字に実感がわきますね。
関連のブログとして、ちょっと前にアップしたものがありますから、こちらも参考にしておいてください。

【関連】
最悪301万人が失業恐れと試算 コロナ打撃、リーマン超え


コメントする

名前
 
  絵文字