2020年05月29日

「ランチタイム・スタディ 2020統計数値」の65日目は、「令和元年民間主要企業春季賃上げ要求・妥結状況について」から「春季賃上げ要求・妥結状況」の調査記載事項です。


春季賃上げ要求・妥結状況

【令和元年民間主要企業春季賃上げ要求・妥結状況について】

令和元年の民間主要企業の春季賃上げ要求・妥結状況の集計結果(妥結額(定期昇給込みの賃上げ額)などを継続的に把握できた、資本金10億円以上かつ従業員1,000人以上の労働組合のある企業341社が対象)は、次のとおりである。

平均妥結額6,790円で、前年(7,033円)に比べ243円の

また、現行ベース(交渉前の平均賃金)に対する賃上げ率2.18%で、前年(2.26%)に比べ0.08ポイントの

賃上げ率は2%台が6年続いている


<ポイント>

・ここは、かなりの大企業ですから、賃上げ率が約2%であっても、元となる賃金が高いので、平均妥結額は高くなります。5月25日ブログでの「賃金引上げ等の実態に関する調査」では、『「1人平均賃金の改定額」は5,592円、「1人平均賃金の改定率」は2.0%』とありますが、こちらは、「常用労働者100人以上(製造業・卸売業・小売業については常用労働者30人以上)」を雇用する企業を調査対象としている調査の内容ですので、数字に違いがみられます。注意してください。
【参考】 賃金の改定状況=「1人平均賃金の改定額」は5,592円、「1人平均賃金の改定率」は2.0%(原則100人以上規模企業)



来週もがんばりましょう。



コメントする

名前
 
  絵文字